トップページへ戻る

葛城の式内社/金 村 神 社
奈良県葛城市大屋
祭神--大伴金村公
                                                               2014.08.30参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 金村神社 大 月次新嘗』とある式内社。社名は“カナムラ”と読む。

 近鉄御所線・近鉄新庄駅の西南西約1km、駅西側の道路を南下、飯豊天皇陵に突き当たって右(西)へ、突き当たった県道30号線を左(南)へに折れたすぐの南藤井交差点(北西角に新庄文化会館あり)を西(右)へ入った、屋敷山公園を過ぎた道路の北側に鎮座する。

※由緒
 境内に案内なく、創建由緒・年代等不明。

 当社に関する資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)--大屋村に在り
 ・神名帳考証(1813・江戸後期)--大伴金村連談連之子 其先高魂命より出ず。大屋村
 ・大和志料(1914・大正3)--新庄村大字大屋にあり。延喜式に金村神社大月次新嘗とあり、今村社たり。祭神詳ならず、大伴金村連を祭るも拠なし
 ・特選神名牒(1876・明治9)--今按、明細帳には従神高皇産霊神大屋彦とし、注進状には大伴金村とす、何れも推考の説にしてとりがたし
とあるが、
 ・奈良県史(1979)には
   「新庄町立中央公民館(現葛城市立中央公民館)、屋敷山公園の裏手(西側)に鎮座の社を、式内大社の金村神社にあてられている
   社伝では、大伴金村公の霊を、安閑天皇2年(532か)に勧請したという。金村公は、6世記前半に活躍した人で、武烈天皇から欽明天皇に至る間、大連として朝廷に仕えたが、朝鮮経営に失敗、物部氏の糾弾で失脚した。・・・中略・・・
   大正4年(1915)の神社明細帳に、往古は数十村の氏神として崇敬され、境界も八丁(約800m)四方に及んで、一の鳥居は南葛城郡忍海村脇田にあり、今なお其の沓石が残存していると記している」
とある。

 当社に対する神階綬叙記録として、三代実録(901)・貞観元年(859)正月27日条に
  「大和国従五位下・・・金村神・・・並に従五位上を授け奉る」
とあり、9世記前半以前からあったことは確かだが、それが何時まで遡及できるかは不明。

 当社は、往古は八丁四方(約64ha)の境内を有する式内大社だったというが、その後衰微し、明治12年の神社明細帳には境内85坪とあり、今は狭い境内に小祠一宇が寂しく鎮座している(社名の表示もない)

 なお、奈良県史が引用する神社明細帳(大正4)にいう当社一の鳥居跡の沓石とは、当社の南・葛城市脇田にある脇田神社西方の田畑の中にあったらしいが(径3m弱あったという、笛吹神社神主・持田氏談)、現鎮座地から約1.3kmと離れすぎており、付近から古瓦が出土していることから、その辺りにあった地光寺の塔の中心礎石ではないかという(奈良県史蹟名勝地調査会報告・1960年代か)


※祭神
  大伴金村(オオトモカナムラ)

 大友金村の出身氏族・大伴氏は、その裔・家持が、
  「(わが家は)大伴の遠い祖先の その名を大久米の主と呼ばれて奉仕した職柄。“海行かば水漬く屍 山行かば草むす屍 大君の辺にこそ死なめ 顧みはせじ” と誓って ますらおの汚れなき名を 昔から今の世まで伝えてきた 家の子孫だ」
と詠ったように(万葉集・4094番)、神武東征に従って各地を転戦した軍事氏族(大王の親衛隊的色彩が強いという)といわれる。

 大伴氏は、5世記から6世紀にかけて大和政権の外交・外征に重要な役割を果たし、雄略天皇(5世記後半)の大伴室屋(ムロヤ)の頃から勢力を伸ばし、武烈天皇の御代(6世記初)に、その孫・大伴金村が大連(オオムラジ)に任じられて以降、武烈・継体・安閑・宣化の4代(欽明朝を入れて5代ともいう)にわたって全盛を極めたが(継体天皇即位は大連金村の主導という-継体紀)、欽明朝初頭(539)、物部大連尾輿(オコシ)から朝鮮半島・任那4県を百済に割譲したことの責任を問われて失脚したという(書紀・欽明元年9月5日条)

 社伝では、安閑天皇2年、大伴金村の霊を勧請したというが、安閑天皇紀には
  「この月、大伴大連金村を大連とした、・・・」
とあり、未だ生きていたことから、金村の霊を祀るというのはおかしい。

 当社に大伴金村を祀るということは、当地に大伴氏関連氏族が居住していたことを窺わせるが、その確証はなく、式内社調査報告(1982)には、
  「或いは、大伴金村連の子・咋子(クイコ)の第3子に、壬申の乱で功のあった大伴吹負(フケイ)がいることから、その関係かとも思われるが詳かではない」
とあるが、これも傍証となる資料はない。

 これらからみて、当社が大伴氏関連の神社かどうかは不詳で、本来の祭神は不明というべきであろう。

※社殿等
 道路の北側、一段高くなった境内の端に小さな鳥居が立ち、正面石段の上に社殿(春日造)が南面して鎮座する。社名等の表示もなく、これが式内大社だと知る人は少なかろう。
 境内西側に小祠2宇が並ぶが、社名・祭神名等不明。
 嘗ては式内大社だったというが、今、その面影はない。一見して、社殿はそう古くないから、それなりの祭祀はおこなわれているらしい。


金村神社・社頭 
 
同・境内(右が本殿)
 
同・本殿
 
同・末社

トップページへ戻る