[トップページへ戻る

軽樹村坐神社
奈良県橿原市西池尻町軽古青木
祭神--誉田別命(応神天皇)
                                                           2013.06.08参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 軽樹村坐神社二座 並大 月次新嘗』とある式内社。社名は“カルコムラニマス”と読む。

 近鉄南大阪線・橿原神宮西口駅の西約300m余り、駅南口から西へ向かう道路を西進、高取川を渡った先・左手の叢林の中に鎮座する。神社へは、川を渡って二つ目の辻を南へ、叢林を目印に街区を南・西と巡った南に鳥居が立つ。

※由緒
 当社に関する古資料は少ないが、室町初期の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(通称・五郡神社記、1446)によれば、
  「社家軽我孫公説いて曰く、注進状に軽樹村坐神社二座と載る、彦坐命(ヒコニイマス)・白髪王(シラカノキミ)
 古伝に云う、川俣公の祖・彦坐命四世の孫白髪王、数代川俣社に奉仕して功有り、成務天皇の御世に到り、白髪王軽地三千代を賜り、軽我孫公を負う、先祖彦坐命の遺命也。
 然る後、軽我孫公何某が社を軽樹村に建て之を奉祭、其の時代は知らず」
とあり、軽我孫公(カルアビコノキミ)に発する軽我孫氏(軽氏)一族が、その祖神を奉斎する神社という。

 軽我孫氏とは新撰姓氏録(815)
  「左京皇別 軽我孫  治田連と同祖 (開化天皇の皇子)彦坐命の後也
    四世孫白髪王。初め彦坐阿比古の姓を賜う。成務天皇の御世、軽地三千代を賜う、是れ軽我孫の姓を負う由也」(漢文意訳)
とある氏族だが、ネットで調べた彦坐命の系譜には四世孫・白髪王の名はみえない(主流は、神功皇后に連なる息長氏で、白髪王に連なる系譜は傍系らしい)

 五郡神社記は「(創建の)時代は知らず」というが、万葉集に
  「天(アマ)飛ぶや 軽の社の斎(イハ)ひ槻(ツキ) 幾代まであらむ 籠(コモリ)り妻そも」(2656番)
   (軽の社で、人に触れさせないように番をしているご神木の槻のように いつまでこうして籠もり妻でいることか--隠し妻の不安定な状況を嘆く女性の歌という)
とあることから、その編纂時期・8世紀には実在していたと思われ、三代実録(901)・清和天皇貞観元年(869)正月27日条には
  「大和国従五位下・・・軽樹村神・・・に従五位上を授く」
とあり、9世紀での実在が確認される。

 当社鎮座地は、古くは軽樹村あるいは軽古村(いずれもカルコ)と称する独立した村だったが、次第に衰微して江戸初期には郷帳からその名が消え、池尻村に属するようになったといわれ(式内社調査報告・1982)、江戸中期の地誌・大和志(1734)に、
  「軽樹村坐神社 池尻に属する軽古邑に在り。・・・此の社今廃す」
とあるように、江戸中期には神社そのものもなくなっていたという。

 その後、江戸後期になると時代の風潮を承け、流行神のひとつ誉田別命(応神天皇)を祀る八幡宮として復興し、明治に入って旧社名の軽樹村坐神社へと復帰されたという。
 なお、八幡宮とした理由として、式内社調査報告は
  「軽氏の一族は橿原市見瀬町の東部にある大軽町(近鉄・岡寺駅の北東方)と関係があるとみられ、この地に応神天皇の大軽豊明宮(古事記には軽島明宮-カルシマノアキラノミヤと、書紀には明宮-アキラノミヤとある)の存したことと関係するものか」
という。これも理由のひとつかもしれないが、時代の風潮を承けたとするのが妥当か。

※祭神
 今の祭神は
  誉田別命(応神天皇)
となっている。
 これは江戸後期の八幡宮時代の祭神がそのまま残ったもので、延喜式に二座とあることや、五郡神社記がいう由緒などからみて、本来の祭神は、
  軽氏の祖神--彦坐命・白髪王の二座
とするのが妥当であろう。

※社殿
 街区の南から入った処に鳥居が立ち境内に入る。
 境内正面に拝殿(切妻造平入・向拝付き・銅板葺)が、その奥、白壁に囲まれた中、低い壇上に本殿(春日造・銅板葺)が南面して鎮座する。

 
軽樹村坐神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿

トップページへ戻る