[トップページへ戻る

葛城の式内社/葛木御県神社
奈良県葛城市葛木
      祭神--天津日高日子番能瓊瓊杵命・天剣根命
                                                                  2014.08.30参詣      

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 葛木御県神社 大 月次新嘗」とある式内社。社名は“カツラキノミアガタ”と読む。

 近鉄御所線・近鉄新庄駅の西北西約1km、駅南を東西に走る道を西へ進んだ葛木・新庄集落(民家密集)のなかに鎮座する。新庄中学校の2ブロック東にあたるが細道路が輻輳していてわかりづらい(ネット地図等で確認のこと)

※由緒
 御県神社とは、古く皇室の直轄領(御県)の守護神として祀られた神社で、延喜式・祈年祭祝詞に、
  「御県に坐す皇神(スメガミ)等の前に白(モウ)さく、高市・葛木・十市・志貴・山辺・曽布と御名は白して、此の六つの御県に生ひ出る甘菜辛菜を持ち来て、皇御孫命(スメミマノミコト)の長御膳(ナガミケ)の遠御膳(トオミケ)と聞(キコ)し食(メ)すが故に、皇御孫命の宇豆(ウツ)の幣帛(ミテグラ)を、称辞(タタヘゴト)(オ)へ奉らくと宣ふ」
とあるように、大和国にあって朝廷に蔬菜などを貢献した御県6ヶ所のそれぞれに御県神社があったという。

 当社の創建時期は不詳だが、
 ・新抄格勅符抄が引用する大同元年牒(806)--葛木御県神二戸備前
 ・三代実録(901)・貞観元年(859)正月27日条--大和国従五位下・・・葛木御県神・・・従五位上を授け奉る
とあることから、9世紀初頭以前からあったのは確かで、日本の神々4(1985)は、
  「御県神社は、大和国にのみ祀られていること、しかも朝廷にゆかりの深い6郡にのみ限られていることから、おそらく、奈良遷都以前の飛鳥・藤原宮の時代まで遡るであろう」
という。

 当社創建後の沿革も不明だが、大和志料(1914・大正3)・当社明細帳などを勘案すれば、近世以降、
 ・江戸初期までは葛下郡桑海村(大字葛木の旧名)に鎮座していたが
 ・延宝8年(1680)、領主桑山氏が当地に入部したとき、自家の産土神・諸鍬神(モロクワ・尾張国海東郡より)と当時流行していた八幡大神を勧請し、飯豊天皇埴口陵(イイトヨテンノウ ハニクチノミササギ)と伝える北花内村の三才山の上に祀り(北花内の西寄り、近鉄線の西側に飯豊天皇埴口丘陵あり、当社の東南約700m)、八幡大神を本社として崇敬し(宇佐社と称したともいう)
 ・その時、当社を含む近傍十ケ村の産土神を同所に遷座させ、これらを末社とした(桑山氏は1682改易になったが、神社はそのまま幕末まで残ったという)
 ・幕末の元治元年(1864)、御陵整理のため、御陵上を明け渡し、本社末社ともに他に遷座せよとの指令をうけ(文久の御陵整理の一環)
 ・明治2年(1869)、式内大社としての由緒が明確である当社のみは旧社地・桑海村(現葛城市葛木)に複社し、他は弁之庄村に遷った(今、諸鍬神社あり)
 ・複社に際して、旧社地は西光寺地蔵堂の一画(位置不明)を残して人家が密集していたため、旧社地の西100mの現在地に遷座した
という。

※祭神
 今の祭神は、
  ・天津日高日子番能瓊瓊杵命(アマツヒコヒコ ホノニニギノミコト、天孫・瓊瓊杵命)
  ・天剣根命(アメノツルギネノミコト)
というが、延喜式には祭神一座とあり、どちらが本来の祭神なのかは不詳。
 資料によれば、明治5年(1872)までは瓊瓊杵命一座であったというから(式内社調査報告)、天剣根命は明治になっての追試かもしれない。

 天津日高日子番能瓊瓊杵命とは天孫・瓊瓊杵命(ニニギノミコト)のことだが、これを当社に祀る由緒は不明。
 延喜式祝詞で「御県に坐す皇孫等」と呼びかけているので、皇統譜に連なる瓊瓊杵命としたのかもしれないが、その皇孫を何故瓊瓊杵命とするのかよくわからない。

 天剣根命とは、
  ・書紀・神武紀--(神武天皇が)剣根という者を葛城国造とした
  ・先代旧事本紀(国造本紀)--(神武天皇が)剣根命を葛城国造とした、即ち葛城国造の祖である
とある神で、新撰姓氏録に
  ・大和国神別(天神)  葛木忌寸  高御魂命五世孫剣根命之後也
  ・河内国神別(天神)  葛木直  高魂命五世孫剣根命之後也
とあるように、タカミムスヒ神5世の孫で葛木忌寸(直)の祖という(カモ氏に連なる氏族らしいが、はっきりしない)

 通常、御県は在地の有力者(当地の場合は葛木氏)が支配していたことから、そこにある当社の祭神は葛木氏の祖・剣根命とみるのが順当かとも思われる。

※社殿等

 新庄中学校の東に鎮座するが、北・東・南を民家に囲まれ、西側が道路に接しているものの境内の裏側にあたる。
 東側道路から民家の間を通って境内へ入る小路の角に、「式内 葛木御県神社」との社標が立つが目立たない(右写真、奥に神社あり

 民家に囲まれた境内東側に鳥居が立ち(外からは見えない)、狭い境内の正面に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その裏、ブロック塀に囲まれたなかに本殿(春日造・銅板葺)が東面して鎮座する。
 境内には石灯籠一対があるのみで末社等はみえない。
 嘗ては式内大社の格式を誇っていたらしいが、御県が消滅したのちは、旧八幡宮の末社化などによって衰微し、現在の姿になったと思われる。


葛木御県神社・鳥居 
 
同・拝殿

同・本殿 

トップページへ戻る