[トップページへ戻る]

久須須美神社
村屋坐弥富都比売神社境内摂社
奈良県磯城郡田原本町蔵堂
祭神--天之久之比命・事代主命
                                                            2014.03.27参詣.

 延喜式神名帳に、『大和国城下郡 久須々美神社』とある式内社だが、今は式内・村屋坐久須々美比売神社の境内摂社として、拝殿の左(西側)に鎮座している。社名は“クススミ”と読む。通称:恵比須神社という。

※由緒
 社頭に掲げる案内には
  「経津主、大国主神の子、事代主神であることから、若宮とも呼ぶ。
 元は、今の蔵堂橋の南のたもとに鎮座、伊豫氏(伊予戸氏)の氏神であった。
 この神社の南を南市場垣内北を北市場垣内という。更に南へ行くと、幸市・市町等の小字が残る。
 古道・中道と筋違道の初瀬街道と交わる位置にあることから、本社祭礼に近郷から参詣者が多く、残りを交換し合って市場が出来たと云われている。
 天正(1573--91)の頃、織田信長と十市氏の戦いで兵火に合い、市場衰退し、田原本藩ができることによって、商人が移住、ますます寂れることになった。明治の初めに、現在の位置に移される。(以下略)村屋坐弥富都比売神社 守屋広尚 宮司
とある。

 当社の創建由緒は不詳だが。式内社調査報告(1982)が引用する神社明細帳(1881)がいう
  「古文に、大物主神大国魂神と事代主神が八百万諸神を率いて天高市に昇りその誠意を陳べた時、高皇産霊神が大物主神に勅して『汝が国つ神を妻とするのであれば吾は汝の心を疑う』と云われた云々。大物主櫛甕魂神は御子・事代主神と百八十神を率いて永く皇孫命の御前に立ちて云々。
 故に、事代主神天之久之比命共に三穂津姫命の御許に住ましめ賜へりと云へり」(漢文意訳あり)
との記述が、当社創建に関わる伝承とも解される。

 明細帳上段は、書紀神代下9段・一書2に、「国譲りが終わったとき、大物主神と事代主神が諸神を率いて高天原に昇り恭順の意を表したとき、高皇産霊神が娘・三穂津比売(ミホツヒメ)を大物主神の妃として与え、永く皇孫を守れと命じた」(大意)とあるのを承けたもので、

 下段は、大物主神と共に地上に降った三穂津比売が当地・村屋に住んだという伝承を承けて、その守護のために事代主命・天之久之比命を鎮座させたのが当社、というのであろうが、三穂津比売と事代主命・天之久之比命との関連はよくわからない。

 ただ、これは伝承であって本来の創建由緒ではなく、磯城郡誌(1915)
  「久須々美神社 今恵比須神社と号す。
 今昔は此社宮の山にありて、伝え云う、毎年2月3日、11月23日の祭典に、付近数百戸の者各自耕作物を奉り、其余は社廷に陳列して互ひに交易するを例とす。後遂に森屋庄と称し常設の市場となれりと。宮山の社址に尚ほ南市場垣内・北市場垣内の字を存す。その後、田原本の繁栄に随い漸次衰へ、今は全く廃絶す」
というように、古く、当社境内で市場が開かれていたとすれば、その市場での交易の繁栄・安全を守護する神社というのが当社の始まりではないかとも思われる。
 ただ、これには相殿神・事代主命とは繋がるが、主祭神・天之久之比命とは繋がらない。

 当社その後の経緯として、社記に、
  「天正12年(1584)9月、初瀬川洪水により宮の山から森屋垣内に移し、更に本社(村屋坐弥富都比売神社本殿)の未申(南西)に奉遷されたのが現在である」
とあり(式内社調査報告)
 奈良県史は
  「古は字宮ノ山という古木の繁みの恵比須井付近に鎮座したが、天正12年(1584)秋、本社の森屋垣内に遷座したのは、長谷川(初瀬川の誤記か)の洪水のためだと伝える。
 その後さらに本社の未申に奉遷したのが現在社で、若宮恵比須神社とも称する」
という。

 当社旧社地・宮の山が何処にあったのかは不詳だが、案内に「蔵堂橋の南のたもとに鎮座」とあることから、蔵堂橋(クランドハシ)の西岸、村屋坐弥富都比売神社の鎮座地から北に続く森の北端部付近ではないかと思われる。 

 今、その辺りに山といえるほどの高まりはないが、竹藪に覆われた高まりとなっており、村屋神社の旧社が久須々美神社の南・村藪に鎮座とあることと平仄はあう。

 ただ、この辺りに久須々美神社あるいは村屋神社があったことを窺わせる痕跡はない。
 
蔵堂橋とその西岸


 なお、当社が延喜式に列していることから10世記初頭にあったのは確かだが、当社に対する神階・封戸等の記録なく、その創建が何時頃まで遡れるかは不明。

※祭神
 今の祭神は、天之久之比命(アメノクシヒ)・事代主命(コトシロヌシ)で、
 ・延喜式にいう祭神一座とはアメノクシヒ命を指し、コトシロヌシは相殿神と思われるが、
 ・神社明細帳にはコトシロヌシ命を主祭神とし、アメノクシヒ命は相殿神とある。

 天之久之比命(アメノクシヒ・天久志比命とも記す)とは記紀等には見えない神で、その出自・神格ともに不明だが、
 平田篤胤(1776--1843)の著・古史伝(1825)は、
  「天津日子根命の児・天麻比土都根命(アメノマヒトツネ)亦云天目一箇命(アメノマヒトツ)
         亦名天久斯麻比土都命(アメノクツマヒトツ)亦云天之久之比命(アメノクシヒ)
 また奈良県史は、
  「天之久之比命は天津彦根命の御子で、天目一箇命の別名で目一箇でその名があり、太玉命に隷属して天孫降臨の際金工として従った倭鍛冶等の祖である」
として、いずれも、アメノクシヒ命は倭鍛冶等の祖・アメノマヒトツ命の別名とする。

 アメノマヒトツ命とは、
 ・書紀神代下一書2--(出雲の神々を奉齊するために)天目一箇神を鍛冶の役にされた
 ・古語拾遺・岩戸隠れ段--天目一箇神をして雑(クサグサ)の刀・斧及び鉄の鐸(サナギ)を作らしむ
とある神で、
 ・古事記・天岩屋段--鍛人(カヌト)天津麻羅(アマツマラ)を求(マ)ぎて鏡を作らしめ
とあることから、鍛冶師集団の祖・アマツマラの別名と記し、そこにアメノクシヒ命の名は見えない。アメノマヒトツ=アメノクシヒとするのは後世の付会であろう(その根拠は不明)
 (目一箇とは、鍛冶師が永年高炉の火を見続けたために片目を痛める職業廟にかかることが多いことに関わる、という)

 また、新撰姓氏録(815)
  「右京神別(天孫)  桑名首  天津彦根命男天久々斯比乃命之後也」
とある東海地方の古代豪族・桑名首氏の祖・アメノククシヒ命ではないかともいうが、出自が異なることから、神名の読みの類似からの付会ともとれる。

 しかし、倭鍛冶等の祖・アメノマヒトツあるいは桑名氏の祖・アメノククシヒのいずれかがアメノクシヒ命の別名であったとしても、両神ともに当社に祀られる由縁は見えない。

 また、当社にコトシロヌシ命を祀る由縁も不詳だが、俗信で、コトシロヌシが商売・市場の神・エビスと習合していることから、市場の神としてコトシロヌシを祀ったとも思われ、当社が今以て恵比須神社と称していることからみると、神社明細帳がいうように、コトシロヌシ命を主祭神とみてもおかしくはない。

※社殿

 村屋坐弥富都比売神社境内の左手(本殿の西南方)に東面して鎮座する。

 簡単な門構えをもつ社殿域中央の基壇の上に、切妻造・妻入・庇付カラー鉄板葺の小祠が鎮座する。

 門の右に「延喜式内社 蔵堂 久須々美神社 祭神 天之久之比命 事代主命」との石標柱が立つが、門柱には「若宮 恵比須社」とある。





久須々美神社・正面 

同・社殿

[トップページへ戻る]