トップページへ戻る

御前原石立命神社
奈良市古市町
祭神--御前原石立命
                                                                2014.02.12参詣

 延喜式神名帳に、『大和国山添郡 御前社(原)石立命神社』とある式内社に比定されるていが、社頭の石標には御前原石立命神社とある。
 社名は“ミサキノイワタツノミコト”(九条家本・金剛寺本)と読むが、御前原石立命神社(ミサキハラノイワタツノミコト)・御前社石立命神社(ミマエサカエノイワタツノミコト・祐房注進状)・御前杜原石立命神社(ミサキノモリハラノイワタツノミコト・国史大系本)とする資料もある。

 奈良市東部を南北に走る国道169号線の東を平行する県道188号線(高畑山線)・東市小学校前交差点を西へ入った道路の左(南)に連なる森の中に鎮座する。参道入口は、森が途切れる西端にある。

※由緒
 境内に掲げる案内は祭神のみの記載で、創建由緒・年代等不明。

 古資料・大和志(1734・江戸中期)には
  「御前社原石立命神社 古市村に在り」
とあるが、その比定根拠は記されていない。

 これに対して、大和志料(1914・大正初頭)は、
  「式神名帳に見ゆ。長承注進状(1133)応仁春日末社記に拠るに、既に紀伊社に合祭せられしとなり。大和志に在古市村と云ひ、今東市村大字古市宮脇にあるものを以て式内社とするも拠なし」
と記し、当社は春日大社の摂社・紀伊神社に合祀されているのだから、古市村の当社を式内社とする根拠はないとして、疑問を呈している。

 また式内社調査報告(1982)は、
  「境内の灯籠銘に『山神之御前』とあることや神社名『石立』から、古くは山の神の磐座が想定され、その磐座を中心として、古市の人々の崇敬を集めてきたことが考えられる。
 平安末頃から南都春日社との関係が生まれ、赤穂・島田・天乃石吸とともに春日末社に勧請されて紀伊神社となった」(大意)
という。

 調査報告は、山神之御前あるいは石立との表記から磐座信仰が想定されるというが、当社一帯は平地であって、一見して境内に磐座とおぼしきものはない。あるいは背後に連なる森の中にあるのかもしれないが、確認できない。

 大和志料・式内社調査報告がいう“紀伊神社”とは、今、春日大社本殿の南に続く奥の院道(通称・福神12社廻り)の最南端にある摂社で、その創建由緒等は不明だが、大和志料には
 「和州志(1700)に引ける旧記及び先規録等に依るに、日前神(ヒノクマ)・五十猛(イタケル)・大屋姫・抓津姫(ツマツ)の四神を祭る。故に紀伊を以て社名とすと云ふ。
 然るに、長承注進状(1133)に、外院宝殿の巽方(東南方)五町を去り座す紀伊神社と申す春日祭神所謂赤穂神・島田神・御前社石立命神・石立命神石吸神。又尋尊僧正応永12年-1405-10月13日記に春日末社を記し、紀伊社四所、御前石立明神・赤穂明神・島田明神・天岩吸明神とありて、先規録等の説と相相違せり。
  案ずるに、(神名帳にいう赤穂神社以下の)四社荒廃の後、春日の神地に合祭し、方位に依り紀伊神社と称せしか。後考を俟つ」
とある。
 これによれば、平安末期頃から中世にかけての紀伊社祭神は赤穂神以下四神で、江戸時代には日前神(和歌山市日前神宮の祭神)以下紀伊国の四座に変わったと推測される(多分に、紀伊という社名によるものであろう)

  しかし、摂社・紀伊神社社頭に掲げる案内には、
   「祭神--五十猛命(イソタケル)・大屋津姫命(オオヤツヒメ)・抓津姫命(ツマツヒメ)
    御神徳--新たな生気をいただく神様」
とはあるものの(ただ、日前神が欠けている)創建由緒等の記載なく、また大社関連資料にも、紀伊社については祭神及び御神徳のみの記載のみで、嘗ての紀伊社が赤穂社以下4座を祀っていたとする資料は上記2書以外にはない。


 春日大社摂社・紀伊神社

 古市町に鎮座する当社祭神に対する神階授与などの公的記録はなく、創建後の沿革など不明。

※祭神
 境内に掲げる祭神名には
   祭神--御前原石立命(ミサキハライワタツ又はミサキハラノイワタツ) 古市町の鎮守の神
とあるが、
 ・原石立尊--明治7年(1874)式社調書
 ・里人云 三神御前 素盞鳴命の御子八王子の三女神--東市村志(明治15年・1882)
ともいう(式内社調査報告)

 御前原石立命(=原石立尊)の出自・神格は不明。

 式内社調査報告によれば、
 ・境内の石灯籠銘にいう“山神之御前”あるいは社名・“石立”から山の神(磐座)が想定され、
 ・当社の東約500mにある平尾池北岸に鎮座する小祠・弁才天社(境外末社・厳島神社-祭神:市杵島姫命-不参詣)にある碑文冒頭に、「平尾之山 距古市不遠之山間・・・」とあることから、当社祭神はこの平尾山に坐す山の神ではなかろうか
というが、それを証するものはない。
 また、地元に伝わる伝説に、
  「古市ではそら豆は作らない。作っても実らない。それは、古市の神さんが炒っていたそら豆が裂れて、片目をつぶしたからだ」
とあることから、古市の神は山神の性格を秘めているというが、同種の伝承は各地にあり、これを以て山神関連の伝承と特定はできない。

 東市村志(里人)がいう三神御前即ちスサノオの御子・三女神とは、アマテラスとスサノオの誓約(ウケヒ)によって生まれた三女神(宗像三女神)を指すのだろうが、宗像三女神が当社に祀られる由緒はない
 しかし、三神御前の三神をサンシンと読めば山神(サンシン)となり、三神御前は宗像三女神ではなく山の神ともいえる。賢しらな人が、三神(山神)を三柱の神と誤解して宗像三女神に充てたのかもしれない。

 諸説ともに確証はなく、当社の原姿は、豊壌に連なる順調な天候と豊かな水を求める素朴な自然神(山の神・水の神など)信仰であって、祭神を特定する要はないのかもしれない。

※社殿等
 西面する入口(鳥居なし、右に御前原石立命神社との石標あり)を入って参道を進み、石段を登った上が割拝殿、続く低い石段の上に小ぶりな鳥居が立ち境内に入る。

 境内正面、低い石壇上の朱塗りの鳥居・瑞籬に囲まれた中が社殿域で、その中央に本殿(祭神:御前原石立命)が、その左やや後ろに下がって末社・春日神社(祭神:天児屋根命)・右に同・御霊神社(祭神:崇道天皇)が、いずれも西面して鎮座する。3社とも朱塗りの春日造。

 春日神社は、当社祭神が春日大社摂社・紀伊神社に勧請されていることにみられるように、春日大社と関係があったことからだろうが、御霊神社・崇道天皇を祀る由縁は不詳。
 当社の南約1kmほどに崇道天皇八嶋陵があり、当地一帯には崇道天皇信仰(御霊信仰)があったのかもしれない。

 
御前原石立命神社・参道入口
 
同・拝殿

同・境内入口の鳥居
 
同・社殿域
 
同・春日神社
 
同・本殿
 
同・御霊神社

◎境内社(末社)
 境内に掲げる案内によれば、境内社として次の小祠5宇がある。
 ・五社明神社--祭神:天忍穂耳命・天穂日命・天津彦根命・活津彦根命・熊野久須毘命
            (アマテラスとスサノオの誓約(ウケヒ)によって生まれた男神)
 ・龍王神社--祭神:高龗神(タカオカミ、水神)
 ・巽神社--祭神:辰巳明神(東南方の守護神、境内右手、本殿の巽方=東南方に鎮座する)
 ・西之宮神社--祭神:八重事代主命・大国主命・猿田彦命(出雲系2座に猿田彦を合祀する理由不明)
 ・三宝荒神社--祭神:奥津彦神・奥津姫神・火産霊命(いずれも火の神)
 いずれも、勧請由緒・時期等不明。

 
巽神社

五社明神社 

龍王神社 
 
西之宮神社

トップページへ戻る