トップページへ戻る

他田坐天照御魂神社
A:春日社−−桜井市大田字堂久保
B:春日神社−−桜井市戒重字城の内
祭神−−A:天照大神荒魂
          B:天児屋根命他三柱
 
                                                       2010.11.27参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城上郡 他田坐天照御魂神社 大 月次相嘗新嘗』とある式内大社だが、論社として、桜井市大田に鎮座する旧春日社(以下、大田社という)と同戒重にある春日神社(以下、戒重社という)の2社がある。
 社名は、オサダニマス アマテルミタマと訓む。

 大田社は、JR桜井線・巻向駅の西約100m、纏向県営住宅11号棟の南、大田公民館の隣に民家に囲まれて鎮座する。
 鳥居・玉垣などはなく、大きな楠木が聳える境内に拝殿・本殿が建ち、境内の端に『天照御魂神社』と彫りこんだ大きな自然石があるのみで、神社名の表示・由緒案内など何もない(古くは春日社と呼ばれていたらしい)

 戒重社(春日神社)は、近鉄桜井線・桜井駅(JR桜井駅も隣接)の西約800m、近鉄線と国道169号線の交点(ガード)の北側すぐ、国道の東側に西面して鎮座する。大田社のほぼ真南に当たり、その間約3.5km。

【大田社】
 他田坐天照御魂神社(「式内・他田社と略記)の創建について、神社明細帳(明治24年・1891)には
 「敏達天皇11年(586?)創立、天照御魂と称し、・・・」
と記すが、資料上での初見は、大倭国正税帳(天平2年・730)の城上郡条の『他田神戸・・・』、新抄格勅符抄(大同2年・807)の『他田神・・・』との記事であり、また三代実録(901)・貞観元年(859)条には
 「大和国・・・従五位下・・・他田天照御魂神・・・並従五位上」
とある。敏達11年創立の確証はないとしても、奈良時代(あるいは、それ以前)からの古社といえる。

 それ以降の史書・資料の中に式内・他田社は見えないが、近世になっての大和志(1716・江戸中期)
 「(式内・他田社は)大田村に在り、今春日と称す」
とあり、これが現大田社(旧春日社)を式内・他田社とする根拠という。
 社名の“他田坐”とは、通常、“他田の地に鎮座する”ことを意味するが、当地は、平安初期以降の諸史料によれば大田庄であって、他田庄ではない、という。

 ただ、敏達天皇(572--85?)の宮・他田宮(古事記)・訳語田幸玉宮(オサダ サチタマノミヤ・書紀)が大田あるいは戒重の地にあったといわれこと、敏達朝に日神祭祀に関係する日祀部(ヒマツリベ)が設けられたこと、当社がある大田地区の北東部にある草川(クサカ)が太陽信仰に関係する日下(クサカ)の転訛と考えられるなどことから、日神・天照御魂を祀る式内・他田社を旧春日社に比定したのではないか、という(以上。式内社調査報告)

 大田社の鎮座地については、明治以降の資料だが
 ・奈良県・・・式(城)上郡太田村鎮座カヒトウリ−−郷村社取調帳(明治7年・1874)
 ・敏達天皇11年創立・・・爾後廃合移転なく、明治12年(1879)有志の寄付金を以て再建す−−神社明細帳(上記)
 ・所在、太田村字海通。今按往古本社辻村の境にありしを何に頃にか此所に移さる(今、現在地のすぐ北西一体を辻町という)
               今猶旧社地を他田と云とぞ−−特選神名牒(大正14年・1925)
すなわち、
 ・最初から現在地にあって移転していないとするもの
 ・他田→海通(カヒトウリ)→現在地と移転したとするもの
の2説があるが、たとえ移転があったとしても、それぞれの場所は約400mほどの近距離にあるという(日本の神々4所載・他田坐天照御魂神社・2000)

 大和志とは、江戸中期頃には既に不明となっていた式内社を含めて、並河誠所が畿内の式内社を調査したもので、史料・伝承などを参考に、実在している各地の神社を式内社に比定したものというが、その根拠を記していないことから問題視される式内社もあるという。
 当社についても、大田村にあった春日社を式内・他田社とする有力な証拠はみあたらないが、大田社があった大田村が城上郡に属したという点で、下記する戒重説(土市郡に属する)に比べて有力か、という。

※祭神
 境内には、祭神名を記した表示・案内がみあたらないが、資料によれば、祭神は、
  “天照大神”(あるいは“天照大神荒魂”)
という。しかし、下記のような諸説がある。
 ・天照大神荒魂−−神祇宝典(1646)
 ・天照国照彦火明命−−神名帳考証(1733)・奈良県礒城郡誌(1915)・特選神名牒(1925)
 ・志貴連祖天照饒速日命−−神名帳考証(1813)
 ・天日神命−−神社覈録(1870)
 ・天照御魂命−−神社明細書(1969)・大和国神名帳(1940)
 ・天火明命−−アマテラスの誕生(1973)・式内社調査報告(1982)

 社名・天照御魂からみて、祭神は天照御魂神ともいえるが、天照御魂神とはアマテル神とも呼ばれ、大王家および各地の豪族らによって崇敬された日の神(太陽神)をいう。その自然神・アマテル神を人格神としたとき、記紀にいう天火明(アマノホアカリ)となる。

 天火明命とは、皇統譜によればアマテラスの御子・忍穂耳命(オシホミミ)の御子で(古事記・書紀第6の一書)、葦原中国に天降った天孫・瓊瓊杵命(ニニギ)の兄に当たる。また書紀第8の一書によれば、同じ位置に天照国照彦火明命(アマテルクニテル ヒコ ホアカリ)とあり、両神は異名同神とされる。
 一方、先代旧事本紀(9世紀後半・物部氏系史書)によれば、天照国照彦火明命の本名は“天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊”(アマテルクニテル ヒコ アマノホアカリ クシタマ ニギハヤヒ)であり、その別名を饒速日命(ニギハヤヒ)というとあり、物部氏の遠祖・ニギハヤヒと同じという(この長々しい神名は、同じ氏族とされる尾張氏と物部氏の、それぞれの祖とされる天火明命と饒速日命を合体して作られた神名ともいう)

 各資料にいう祭神は、その神名は異なるものの同一神・天火明命に収斂し、当社の祭神は天火明命とするのが妥当といえる。なお、大王家のアマテル神が国家神・アマテラス大神の前身であることから、天照大神荒魂(若々しい御魂)という祭神が出てくる。

※社殿
 疎林のなかに楠の大樹が聳える境内北寄りに拝殿(切妻造瓦葺・桁行三間半・梁行二間)、その背後の白壁に囲まれた石積壇上に本殿が、いずれも南面して建つ。
 本殿は、春日造千木付トタン葺というが、塀が高く実見不能。
 境内の端に、天照御魂神社と刻した巨石があり、この石碑のみが、当社が式内・他田坐天照御魂神社であることを示唆している。
 鳥居なし、神社名表示・由緒案内等なし。境内を画する玉垣などもなく、南・西側から出入り自由。西隣に公民館あり。

他田坐天照御魂神社(大田社)/拝殿
他田坐天照御魂神社(大田社)
拝殿
他田坐天照御魂神社(大田社)/本殿域
同・本殿域
天照御魂神社/石碑
天照御魂神社の石碑


【戒重社】

 正面鳥居に掲げる神額には“春日神社”とはあるものの、境内に案内など見えず、当社と式内・他田社との関係は不明。
 ただ、鳥居左脇に「敏達天皇訳語田・幸玉宮推定地」との案内板があり、そこには
 「敏達天皇(572--85?)の訳語田幸玉宮(オサダ サチタマミヤ)について、扶桑略記・帝王編年記ともに磐余訳語田宮とし、磐余の範囲内にあったことが確認できる。
 訳語田幸玉宮の所在地については、従来、桜井市大田とする説と桜井市戒重とする2説があった。しかし、戒重村はかつて他田庄と呼ばれ、また戒重村の小字・和佐田(ワサダ)は明治以前・他田(オサダ)であった。
 そして、この春日神社は古くは他田宮(長田宮)と称したことなどから、この地域が考えられる」(桜井市教育委員会)
とあり、末尾に記す他田宮(長田宮)とは式内・他田坐天照御魂神社を指すと思われる。
 
 敏達天皇の宮については、書紀・敏達4年6月条に
 「宮を訳語田(オサダ)に造った。これを幸玉宮という」
とあるが、その所在地は記してなく、一方、扶桑略記(1097頃・平安時代の私撰歴史書)には
 「大和国十市郡磐余訳語田宮に都す。一云、百済大井宮、又云、城上郡幸玉宮」
と記し、十市郡の磐余にあったとする。
 また、平安末期の地積帳などによると、現春日神社附近に十市郡と城上郡の境界があり、神社の地は十市郡に属するという。

 これらのことからみて、敏達の訳語田宮は当地附近にあったとみることはできるが、延喜式にいう式内・他田社は城上郡に属することから、それを現春日神社に比定することには疑問がある、という(日本の神々4)

  境内に祭神に関する表示はみあたらないが、資料によれば、天児屋根命他3座(タケミカツチ・フツヌシ・ヒメ神か)という。これは春日神社としての祭神であり、式内・他田社の祭神ではない。

※社殿
 国道169号線と近鉄桜井線ガードの交点の北、国道沿い(東側)に西面して鳥居が立ち、境内正面に西面して拝殿(切妻造銅板葺・桁行三間半・梁二間)、背後の板塀内に本殿(一間社春日造・檜皮葺)が建つ。いずれも元禄9年(1696)建造というが、随時補修がおこなわれているようで、朱塗りの本殿は美麗。


他田坐天照御魂神社(春日神社)
鳥居

同・拝殿

同・本殿
 拝殿の左(北側)、鳥居と低い土塀に囲まれた中に末社3社(小祠と石碑)が並ぶが、その鎮座由緒は不明。末社は、右から、
 ・稲荷社−−祭神:保食神(ウケモチ)、春日造・トタン葺、
 ・琴平社−−祭神:大己貴命(オオナムチ)、春日造・トタン葺、
         右に“金毘羅大権現”と刻した石碑あり
 ・瑜加社−−祭神不詳、春日造・トタン葺
         右に“瑜伽大権現”と刻した石碑あり
         (瑜伽大権現とは、備前国瑜伽山の山岳信仰と修験道が習合した神仏習合の神らしい)
 また拝殿の右(南側)、大樹の下に“繁森社”(祭神不詳、春日造)がある。

末社


※日読み(日知り)
 古代の“マツリゴト”に“日読み”と呼ばれる祭祀儀礼があった。日読みとは、太陽の動きを読む(知る)ことによって季節の移り変わりを知ることで、“日知り”ともいう。“自然暦”ともいえる。
 魏志倭人伝の註釈に、倭人の習俗として
 「その俗は正歳四節を知らず、ただ春耕秋収を記して年紀となす」(2・3世紀頃の習俗という)
とあるように、古代にあっては、日読みによって春の農耕開始時期や秋の収穫時期を知ること、中国から暦が伝来したあとは、正歳四節すなわち冬至・夏至・春分・秋分・立春・立秋の時期を知ることは、大王なり首長なりがおこなうべき重要な農耕儀礼であり、マツリゴトの一つであったという。

 太田社から見た朝日は、
 ・立春・立冬−−三輪山山頂付近
 ・春分・秋分−−巻向山山頂付近
 ・立秋・立夏−−一本松付近
 ・夏至−−竜王山山頂付近
 ・冬至−−三輪山南斜面の隆起点(H=326m)附近
から昇るといわれ、当地は、節目となる日に目印となる山から昇る朝日を観測する地だという。
 ここでは“山頂附近”とあるが、古代の日神祭祀・農耕祭祀に当たっては、これで充分だったと思われる。

 なお立春の朝、正確に三輪山山頂からの朝日を拝できる位置は、当社の西約200mにある“石塚古墳”であって、古墳の中心線を延ばせば東は三輪山山頂、西は鏡作坐天照御魂神社に至る。
 この三輪山上に至る線上に天照御魂を名乗る他田・鏡作の神社があることは、当地辺りを統治した古代氏族にとって、両社が日読み祭祀にかかわる祭場だったことを示唆する、という。
 纏向石塚古墳−−桜井市大田字石塚、巻向駅の西約350mの南北道路の西側に、少し高くなった墳丘部が見える。
   全長96m・後円部幅約64m・くびれ部幅15〜16m・前方部長32m・同幅32m・周濠幅約20mの前方後円墳(墳丘墓説あり)
   出土品などから3世紀中頃の築造と推測される。戦時中に墳頂部を削平し砲台を造ったため墳丘高は不明。

 これに対して、戒重社も
 ・春分・秋分の朝日は外鎌山山頂付近から昇り、同夕日は竹内峠に落ちる
 ・立春・立冬の朝日は鳥見山山頂付近から昇り、同夕日は葛城山山頂付近に落ちる
 ・冬至の夕日は水越峠附近に落ちる
といわれ、この地もまた日読みの地であって、太陽信仰に熱心だった敏達天皇は、この日読みの地に宮を置いたのであろうという。(以上、日本の神々4)

トップページへ戻る