トップページへ戻る

忍坂山口坐神社
奈良県桜井市赤尾
祭神--大山祇命
                                                                    2014.07.24参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城上郡 忍坂山口坐神社 大 月次新嘗』とある式内社。社名は“オシサカノヤマグチニマス”と読むが、忍坂を“オサカ”と読む史料もある。

 近鉄大阪線・大和朝倉駅の南約800m、駅の西約600mの国道165号線外山交差点を左折、東南方へ進む国道166号線の忍坂交差点を右折、栗原川を渡ってすぐを左折、赤尾集落内の小道を進むと、左手角のブロック塀に「赤尾・忍坂坐神社 すぐそこ」との手製の案内があり、その角を左折した森の中に鎮座する。

※由緒
 境内に案内なく詳細は不明だが、奈良県史(1989)には
  「鳥見山の東山麓、西北流する栗原川の谷間出口に鎮座する。延喜式神名帳に記載の大和国14山口神の一つで、忍坂山の霊を祭ったものと考えられる」
とある。

 創建年代は不詳だが、大和志料(1914・大正3)には
  「天平2年(730)大和国大税帳に忍坂神戸穀捌斗壱升耗一升五合 定漆斗玖升伍合、新抄格勅符抄(806)に忍坂山口神一戸大和、延喜式神名帳(927)に忍坂山口神社大月次新嘗と見ゆ。
 城島村大字赤尾にあり、今村社たり。
 祭神は当国六処山口社の其一にして忍坂山の霊を祭る」
とあり、8世記にあったことは確か。

 ここでいう当国六処山口社とは、延喜式・祈念祭祝詞(トシゴヒノマツリノノリト)にみえる6社で、
  「山口に鎮まります皇神等の前に申すことは、飛鳥・石寸(磐余)忍坂・長谷・畝火・耳成と御名は申してお祭り申し上げます所以は、遠近の山々に生育している大小の木材を、本と末とを切って中程を持ち来しまして、それを材として皇御孫命の瑞々しい宮殿を造営し参らせて、云々」
とあるように、皇居舎殿造営のための用材を伐り出す山に坐す神を祀る神社をいう。

 当社は、郷村社取調帳(1874)に「以山為神」とあるように本殿はなく、神が降臨する神奈備山を御神体として拝礼する拝殿のみが存在し、桜井市史(1979)には
  「南面の拝殿のみで本殿の設けはなく、背後(北側)に広さ30~40㎡の一画をとり、その中央東寄りに鋭三角状の巻入岩(花崗岩、H=63㎝、基部の幅53㎝)を立てて磐座とし、かつての神杉の代わりにあてている」
とあり、また奈良県史には
  「拝殿のみで本殿なく、郷村社取調帳に『以山為神』とある。古文書『しきしま』(1924・大正13)によると、『御神体は現存せる老杉一本を崇る』とあるが、今枯死し、代わりに拝殿東北側の一画に高さ63㎝の磐座(イワクラ)を立て神の依代(ヨリシロ)とされている」
とあり、今、現地には拝殿のみで本殿はなく、拝殿背後に小さな磐座がある。
 ただ、これが旧御神体の老杉が枯死した後に設けられたものか、それ以前からあったものかは不詳(奈良県史は枯死後の新設ととれる)

 当社は今、鳥見山(H=245m)から東北方へ続く山塊の東北端の、山塊から切りはなたれた小さい森の中にあり、東には外鎌山(H=292m、忍坂山ともいう)山塊の西端(式内・忍坂生根神社がある)が迫り、両山塊にはさまれた谷間を流れる栗原川が平坦部へ出た処に鎮座している。

 大和志料は「当社は忍坂山の霊を祀ったものではないか」というが、その立地からみると、鳥見山山塊の東北部に位置する当社は鳥見山に坐す山の神を拝する山口社かと思われる。

 ただ、今の拝殿は鳥見山方向ではなく山のない北方(遠くに三輪山がある)を拝するように建ち(外鎌山の方向にも向いていない)、現在地が当初からのものか疑問がある(山の神は水の神でもあることから、栗原川の守護神として当地に勧請されたか)
 また忍坂山口社と忍坂を冠するものの、今は栗原川西岸の赤尾の地に立地する。古代忍坂の範囲は不詳だが、桜井市中心から外鎌山(忍坂山)山麓を通って宇陀へ通じる国道166号線沿い一帯(栗原川東岸)が忍坂ともいわれ、栗原川西岸の赤尾の地が忍坂に含まれるかどうかは不明。

 
神社の森(東北方より)
 
神社横から栗原川上流を望む

※祭神
 今の祭神は大山祇命(オオヤマツミ)となっているが、これは昭和5年(1930)11月15日に定められたもので、それまでは、大和志(1734・江戸中期)
  「忍坂山口坐神社 赤尾村に在り 今天一神と称す」
とあるように、中世以来、天一神(テンイチジン)を祭神としてきたという。

 天一神とは、陰陽道にいう歴神(方角神)の一つで、十二天神の主神として中神(ナカガミ)とも呼ばれる。
 中神とは天と地とを定期的に往復する神で、己酉(ツチノトトリ)の日に天から下って東北方に留まること6日間、乙卯(キノトウ)の日になると東方に転じて5日間留まるというように南東・南・南西・西・北西・北方を6日及び5日留まりながら順次に巡り、44日間経った癸巳(ミズツトミ)の日に北方から天に帰り(これを天一神遊行という)、16日経って干支が一巡した己酉の日に再び天上から下るという(広辞苑)

 この天一神が居る方角を方塞(カタフサガリ)と呼び、その方角が凶方であるとして、その方向に向かって事を起したり、その方角にまっすぐ進んだりすると命にかかわる災難をうけるとしてこれを避けたという。所謂、方忌(カタイミ・方塞を避けること)・方違(カタタガエ・方忌のために進む方角を替えること)といった俗信の神を指す。

 この陰陽道の神・天一神が当社の祭神とされた由縁は、古文書・『しきしま』に
  「昔之を俗に天一社と称へしが、天一とは如何なる意味より伝へ来りしか不明なり」
というように不詳だが、愚考すれば、やむを得ず方塞の方向に向かって事を為さざるを得ないときに、この神に祈願して本来受けるであろう災難から逃れたのかもしれない(例え凶神・悪神であっても、丁重に祀られることで善神へ変わるとされる)

 今の祭神・大山祇命とは山の神で、古事記・イザナギ・イザナミの神生み段に
  「次に山の神、名は大山津見神を生み・・・」
とあり、書紀・5段一書7には、イザナギが妻・イザナミ崩御の原因となった火の神・カグツチを三段に斬ったとき
  「その一つは大山祇神となった」
とあり山の神とは記していないが、同段一書6に
  「イザナギ・イザナミが生んだ山の神たちを山祇という」
とあり、大山祇神も山の神たちの中の一柱ととれる。

  当社が皇室ご用材を伐り出す山に坐す神を祀る神社である限り、当社本来の祭神は山の神・大山祇とみるのが順当で、そこに中世から近世にかけての陰陽道的慣習の浸透により持ち込まれたのが、方忌・方違の神としての天一神信仰であろう。

※社殿等
 道路から入った左側(北側)が境内で、周囲を樹木に覆われた南北に長いほぼ長方形の境内の北の奥に小さな鳥居が立ち、その奥に拝殿(切妻造・瓦葺)が南面して建つ。
 拝殿の裏には磐座があるのみで本殿はなく、周囲は疎林に囲まれ見通しは悪い。

 今の拝殿配置からみると、山口社と称するものの山のない北方を拝する配置で、その点、山口社というには違和感がある

 
忍坂山口坐神社・境内
 
同・鳥居
 
同・拝殿

◎磐座
 注連縄を張った黒っぽい立石(高さ63cm・基部幅53cm)で、拝殿裏にある。
 古文書『しきしま』(大正13年)によれば、「当社の御神体は現存する老杉一本だった」といわれ、これが枯れたため、代わりに拝殿裏に広さ30~40㎡の区画を設け、その中央東端に石を立てて磐座とし、これを神の依り代としたという(奈良県史)

 磐座の背後に距離を置いて数個の自然石が見え(四角に区画したようにみえる)、これは拝殿裏に設けられた聖所を区画する結界石の痕跡かもしれない。

 『しきしま』によれば、当磐座は大正末期から昭和初期にかけて設けられたと解されるが、それ以前のご神木・老杉が何処にあったのか、拝殿背後にその痕跡は見当たらない。

 上記したように、今の拝殿は北方を拝するように立てられているが、これは立地上の制約からのもので、本来は、ご神木である杉の木を通して鳥見山あるいは外鎌山に向かって神マツリをおこなったのかもしれない。

 また、拝殿の右前に小さな立石があり、前に花立てが設けられている。これが何なのかは不明だが、蝋燭が立っていることから何かが祀られているらしい。

◎楠の巨木
 境内に入ってすぐの左(境内の西南部)に楠の巨木が亭々と聳えている。
 目通り周囲7.3m・高さ25m、根元から高さ2mのところで二股に分かれ、約15m四方に枝葉を広げているといわれ(式内社調査報告)、見上げるような巨木だが、注連縄など見えないことからご神木ではないらしい。

 傍らの案内(桜井市観光協会)には、
  「室町幕府の第3代将軍足利義満は、京都の北山に金閣寺を造営するにあたり、天井板を一枚貼りにしたい為に、この神社の楠の巨樹を切り出したといわれています。
 現在、境内にある楠の巨樹は、このとの切られた木の2代目といわれていますが、定かでありません」
とあり、嘗てあったという杉の老木との関係は不明。

 
拝殿裏の磐座
 
拝殿前の立石
 
楠の巨木

トップページへ戻る