トップページへ戻る

葛城の式内社石園坐多久虫玉神社
奈良県大和高田市片塩町
祭神--建玉依比古命・建玉依比売命
                                                               2014.08.30参詣

 延喜式神名帳に、『大和国葛下郡 石園坐多久虫玉神社二座 並大 月次新嘗』とある式内社。社名は“イハソノ(又はイソノ)ニマス タクムシタマ”と読む。
 ただ、社名について“多久玉”・“多久玉”(タクヅタマ)の2説があり、諸資料にも虫・豆が混在しているが、管見した限りでは“豆”とする資料が多い。

 近鉄南大阪線・高田市駅の北約100m、駅前西側の南北道路を右(北)へ曲がったすぐの右側に鳥居が立っている。市販の地図には“多久虫玉神社”とある。

※由緒
 境内に掲げる案内には、
  「当神社の由緒は久遠にして、創立は神代と云ひ、安寧天皇浮穴(孔)宮跡の浄地に祭祀せられ給ふ。
 第十代崇神天皇の御勅祭に預り給ひしは国史に明らかなり。延喜の制には大社に列し、並大・月次新嘗案上の官弊に預り給ふ。神護元年には神戸を領し、貞観元年正月神階従五位に叙せられ、従一位は園の大暦に見へ、享保年間(1716--36)正一位に達し給ふ」
とある。

  前段にいう“安寧天皇・浮穴宮”とは、書紀・安寧天皇段に
  「2年 都を片塩に移した。これを浮孔宮(ウキアナノミヤ)という」
とある浮孔宮を当地に求め、当社はその宮跡に祀られたとするもので、鳥居左手には「安念天皇片塩浮孔宮跡」との石標が立っているが(右写真)、今、第3代安寧天皇の実在は疑問視されており(欠史8代)、その宮跡を云々するのはナンセンス。

 ただ、境内鳥居脇に掲げる「龍王宮」との掲示には
  「本社が安念天皇片塩浮孔宮跡と伝承されるのは、近くの三倉堂池から発掘された土器・木棺・埴輪・七鈴鏡などにより、弥生式時代に続く古代農耕の開拓神として、宮跡と神社の結びつきが考えられる」
とある。
 当地近くから弥生時代の遺物が発掘されたことは、当地付近に弥生時代からの集落があり、何らかの祭祀がおこなわれたことを示唆するものではあるが、これを宮跡・神社と結びつけるには疑問がある。

片塩浮孔宮跡
の石碑

 また、崇神天皇云々とは、書紀・同天皇7年条にいう、
  「(三輪の大物主大神と倭の大國魂神を祀るのにあわせて)別に八十万の神を祀った。よって天社・国つ社・神地をきめた」
という天社・国つ社のなかに当社が含まれると解したのだろうが、この記事は、神祇祭祀の始まりを御肇国天皇(ハツクニシラススメラミコト)とされる崇神天皇に仮託したもので、4世記とされる崇神朝に神社が創立されたというのは疑問(必要の都度行われる神マツリはあったであろうが、常設の社があった確証はない)

 いずれにしろ、前段の記述は、当社の創建を太古の昔に求めんがためのもので、これを以て当社の創建時期を云々することはできない。

 このように、当社の創建時期は不明だが、
 ・新抄格勅符抄引用の大同元年牒(8.06・奈良時代以降の社寺に対する封戸記録)
   「射園神(イソノノカミ)一戸美乃
 ・三代実録(901)・貞観元年(859)正月27日条
   「大和国従五位下・・・石園多久豆玉神・・・従五位上を授け奉る」
とあり、9世記初頭以前から実在したのは確かといえる。
 なお、案内がいう従一位は、南北朝時代の公卿・洞院公賢の日記・園大歴(1311--60年間)に記すもので、その信憑度に疑問もあり、正一位への昇叙は、中世以降の神道界を支配した京都・吉田家(吉田神道)からの授叙であろう。

 近世以降の資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)
   「石園坐多久蟲玉神社 三倉堂村に在り、今龍王と称す
    上梁文に曰く、承久元年七月重修、又云応永十二年磯野中村横大路今里氏人等再造」
 ・神祇志料(187・明治4年1)
   「石園坐多久豆玉神社二座 今三倉堂村にあり按隣村に磯野村あるは蓋し石園の転音ならむ 神魂命の子・多久豆玉命を祀る。即ち爪工連の祖神なり」
 ・大和志料(1914・大正3)
   「石園坐多久豆玉神社 浮穴村大字三倉堂にあり、今村社たり
    因に云ふ。石園旧訓「イハソノ」とするは非なり、宜しく「イソノ」と訓むべし。石園一に射園(イソノ)に作り、即ち今の磯野にして三倉堂の西隣にあり。古へ此処を石園と惣称せしを偶々其名を彼処に造せしものらなん」
とあり、また
 ・奈良県史(1989)には、
  「石園坐多久虫玉神社二座
  大和高田市片塩鎮座の社を式内大社にあてている。
  三代実録・貞観元年正月27日の近畿七道諸神進階の中に石園坐多久豆玉神を従五位上に昇叙とあるが、その注記に「豆、原作虫、按姓氏録左京神別に多久都玉命有り、今推改」とあって、その後の諸書に豆あるいは虫とある。
  大和志では、虫ではなく豆だとし、更に新抄格勅符抄の神封の部に『磯野神一戸美濃』とある。
  創祀年代は明らかでないが、社記では貞観元年の神階昇叙後も度々進階して、享保3年(1718)10月、正一位に進んだとある。
  古来、竜王社と呼び、祈雨神・農耕神としても崇敬されたが、今も御田植祭が盛大に行われる」
とあり(一部省略)
 大和紀伊寺院神社大事典(1997)には
  「口碑によれば、三輪山の大神神社は竜神の頭で、当社は胴体、當麻の長尾神社は尻尾との俗信がある」
として、当社が水神信仰に係わりがあることを示唆している。

※祭神
  本殿--建玉依比古命(北殿-タケタマヨリヒコ)
         建玉依比売命(南殿-タケタマヨリヒメ)
  相殿--豊玉比古命(北殿-トヨタマヒコ)・豊玉比売命(南殿-トヨタマヒメ)

 当社祭神について、社務所で頂いた「参詣のしおり」(以下、栞という)には
  「当社の御祭神(建玉依比古命)は、神魂神の御子にして又の名を多久虫玉命(新撰姓氏録・神祇志料)・天御食持神・手置帆追命(古史伝)とも申し、この三つの御名によって御神徳を拝し奉ることができます」
として、各神の御神徳を縷々記している。

 しかし、諸資料のなかに建玉依比古命の別名を多久虫玉命以下とするものはなく、新撰姓氏録によれば神魂神の御子は多久豆玉命であって(下紀)建玉依比古命ではない。
 どうも、栞にいう建玉依比古命の別名は、諸資料にいう当社の祭神(下紀)を別名として列記したものと思われるが、これらを別名とする根拠はない。(当社に係わる諸資料に天御食持神の名はみえない)

 建玉依比古命について、ネット資料・Wikipediaには
  「建玉依比古命とは、賀茂別雷神社摂社・土師尾社(ハジオ)や日吉大社摂社・樹下若宮(樹下宮)に祀られる鴨玉依比古命のこととされる」とあり、他にもこれを引用する資料は多い。

 通常、タマヨリとは「神霊(玉=魂)の依り代」を意味し、玉依姫は“神霊の依代となる巫女”を指すことからみると、当社の建玉依比売命もまたその類であって、延喜式に祭神二座とあることから、神霊が依りつく巫覡(男性)としての建玉依比古を配したものと思われる。

 ただ、相殿に祀られる豊玉比売命が、記紀にいう皇孫・ホノニニギの子・ウガヤフキアヘズの妃・豊玉姫を指すのであれば、建玉依比売命はトヨタマヒメの姉でホノニニギの妃である玉依姫(ウガヤフキアヘズの母)を指すかとも思われ、この両女神が海神の娘(水神)であることから、当社が龍王宮と呼ばれたとも思われる。
 ただ、当社に人々の生活や農耕に必要な水神を祀ったのはあり得ることだが、その水神として海神の娘・玉依姫豊玉姫を祀る由縁は見当たらない。

 今、当社は祭神を建玉依比古命他というが、社名を素直に読めば、当社は「石園(磯野)に鎮座する多久虫(豆)玉の神の社」であり、社名からみて、本来の祭神は多久虫(豆)玉命かと思われる。

 多久虫(豆)玉命の出自は不詳だが、新撰姓氏録(815)
 ・左京神別(天神)  爪工連(ハタクミノムラジ)  神魂命の子・多久都玉比古命三世の孫・天仁木命の後也
 ・和泉国神別(天神)  爪工連  神魂命の男・多久豆玉命の後也 
                 雄略天皇の御代、紫蓋爪を造りて御座を飾り奉る。仍て爪工連の姓を賜ふ
とある爪工連の祖神・“多久都(豆)玉比古命”(タクツタマヒコ)で、当社は爪工連がその祖神を祀った社とするのが妥当かと思われる。。

 爪工連がどのような氏族かは不詳だが、
 ・奈良県史--爪工連は、玉体をおおう御笠や冠への挿頭(ウズ・飾り物)の制作を業とした氏族
 ・式内社調査報告--多久都玉比古命は、御笠・矛・盾等の器具製造に連なる神名
とあり、

 多久豆玉比古命について、
 ・古史伝(1825・平田篤胤ーー多久豆玉命は手置帆負命なり

 その手置帆負命(タオキホオイ)について
 ・書紀10段一書2--紀国の忌部の遠祖である手置帆負命を笠造りの役目とし・・・
 ・古語拾遺(807・忌部氏系史書)天石窟条--
      手置帆負・彦狭知(ヒコサシリ)の二柱の神をして瑞殿(正殿)を造り、また御笠及び矛・盾を作らしむ
とあることから、古く朝廷にあって家の造作や細々とした飾り物などの器具の制作に関わった氏族かとおもわれ、
 当社参詣の栞に
  「手置帆追命は宮殿を初め家造りや諸種の器具を造り給いて、住居のことを守り給い」
とあるのは、当社が爪工連に関わる神社であることを暗に示唆しているのかとも思われる。

 なお、当社祭神二座の一座を多久豆比古命とした場合、残る一座は、年中行事秘抄(鎌倉前期頃)にいう「多久須玉依媛命」ではないかというが、確証はない。

 これらからみて、当社本来の祭神は、多久豆玉比古命・多久須玉依比売命の二座で、今の祭神・建玉依比古命・建玉依比売命とは、近世、当社が竜王社と称していた頃の祭神で、社名を本来の式内・石園坐多久豆玉神社に改称した後も、それを継承したのではないかと思われる。

※社殿等
  道路脇の鳥居を入った広い境内の正面奥に朱塗りの拝殿(唐破風向拝付き入母屋造・銅板葺)が、その奥、玉垣と透塀に囲まれた本殿域に、祝詞殿をはさんで本殿(向拝付き春日造・銅板葺)が西面して鎮座する。
 玉垣・透塀に阻まれて本殿域の様子は実見できず、本殿も上部側面の一部が見える程度。


石園坐多久虫玉神社・鳥居 
 
同・拝殿
 
同・本殿

◎末社

 :境内左手(北側)、玉垣で区切られた中に朱塗りの小祠5宇が南面して並び(右写真)、玉垣前の小鳥居には「多久虫玉神社」とある。

 栞によれば、右(東)から
   末社・稲荷社 末社・戎社 末社・白龍社(祠内に小さな金色の蛇の置物あり) 
   末社・祖霊社 末社・金刀比羅社
とある。
 

 稲荷社・戎社・白龍社の社名表示はないが、白狐の置物・戎の面・金蛇の置物でそれとわかり、祖霊社には祖霊社の表示と並んで笠神明神との表示がある。
 この笠神明神とは、境内に入った左手(北側)にある手水舎の左奥にひっそりと立つ「静御前ゆかりの地 石園座多久蟲玉神社(龍王宮)」との案内に
  「静御前は、鎌倉から許されて母の故郷・大和高田市礒野(当社の西約600m)に帰ってくるが、心疲れて病気になり、御前自ら病気平癒を祈った笠神の社の明神さんは、現在この境内に移され祀られています。
 短い生涯を終えた静御前の墓は、塚跡として磯野に残っています(当社の西約400m)(大意)
とある「笠神の社の明神」を指すのであろう。

[トップページへ戻る]