トップページへ戻る

龍田比古龍田比女神社
現社名--龍田神社
奈良県生駒郡斑鳩町龍田1丁目
主祭神--天御柱神・国御柱神
配祀神--龍田比古大神・龍田比女大神

                                                         2015.03.04参詣

 延喜式神名帳に、『大和国平群郡 龍田比古龍田比女神社二座』とある式内社。現社名:龍田神社。

 JR関西本線・王寺駅(隣接して近鉄生駒線・王寺駅あり)の北東約2km強、駅東の国道25号線を北上、昭和橋を渡って約1.1kmを右折、竜田大橋を渡って東へ、3っめの交差点・龍田神社南を左(北)へ、住宅に挟まれた細い道の突きあたりに鎮座する。

※由緒
 社務所で戴いた栞によれば、
  「産土神 風宮龍田神社の御祭神は天御柱之大神・国御柱之大神の二荒霊と龍田比古之大神・龍田比女之大神、陰陽二柱の皇神である。風雨を鎮め水難・疫病を防ぐ神と楓・桜等の四季を司る神を祀る。五穀豊穣・息災長寿・天地万有厄除の神である。延喜式神名帳所載の龍田地主大神である。他に末社として十二社を祀る。
 大和川の北岸、風光明媚な楓の龍田川北東の神奈備・御廟山(ゴボウヤマ)の南麓に鎮座し、敬神の中枢である。

 十代崇神天皇の御代に年穀の凶作が続いたとき、帝自ら卜占いをもって占い、天神地祇を『朝日日照処、夕日ひ蔭処』龍田小野である竜田山の聖地に大宮柱太敷立鎮座された時、たまたま聖徳太子(16才)が法隆寺建立を企てられ、橘の京から来られて平群川(竜田川)の辺りに伽藍建設地を探し求められた。
 その時、聖徳太子は椎坂山で白髪の老人に顕化した竜田大明神に会い、まだらばと(斑鳩)で指示して貰った地を法隆寺建設地とされた。即ち『ここから東にほど近い処に斑鳩の里がある。そここそ仏法興隆の地である。吾また守護神となろう』。
 依って太子は法隆寺建立(607)と同時に御廟山南麓の地に鬼門除神として竜田大明神を移し祀られた。

 その后、法隆寺より別当坊三十口を給ふ。龍田三十講、平群四十八郷の産土神として壮麗なる祭儀が執り行われた(聖徳太子私伝)
という(社頭の案内も略同意)
 (御廟山・ゴボウヤマ--当社の北方にあった山。聖徳太子一族の陵墓地で当社の元社地があったともいう。今は開発されて錦ケ丘住宅となっている)

 案内は、当社の創建を聖徳太子に求め、、これが当社の創建由緒としてほぼ定説化しているようで、大和志料(1914・大正3)は
 「龍田新宮社
  竜田町大字龍田にあり。立野の龍田社を本宮と称するに対し、当社を新宮又は新龍田と称す。
 聖徳太子法隆寺を創め給ふに及び、三宝の擁護伽藍の鎮守として立野よりここに勧請せしと云ふ。故に、古より法隆寺之が社務を管理し来れるを以て、創立の由緒及び祭祀・神田の事同寺の記録に詳なり」
として、
 ・聖徳太子が16歳の時、堂塔建立の勝地をもとめて平群郡まで来たとき、龍田山下に住む老翁に遇い、老翁から斑鳩郷に勝地があり其処に伽藍を建てるべしと告げられた--太子伝
 ・当寺(法隆寺)の坤方(南西方)に在る神社・龍田大明神(当社)は当寺の鎮守也、惣平群郡の郡神で此の宮は新宮なり。本宮(龍田大社)は立野大和河辺に在り
 ・新龍田社は推古天皇14年(606)に聖徳太子が法隆寺を建てようと勝地を尋ねて当地に来られたとき、龍田明神が翁に化して伽藍の勝地を教えられ、吾守護神とならんと告げられた。法隆寺の地は是である。
 ・この時、龍田の祭礼には僧30人が奉仕することが約束され、それが長く続いたが、立野までは程遠いとして此処に移して法隆寺の鎮守新龍田明神と称した--旧跡幽考
など、法隆寺と当社との関連資料をあげ(原本漢文、概要意訳)
 続けて
 「以上の記録により其の要領を挙ぐれば、太子法隆寺を創始すべく地を相し給ひふに当り、龍田神と遇ひ、其の指示により今の地を点じ伽藍を造立し、遂に其の神を以て守護とせられしも、其の距離、遠かりしを以て立野よりここに勧請し、近く伽藍の守護神たらしめしものにして、所謂三十講はその神約に起因すと云ふに過ぎず。
 其の事跡の真偽は暫く措き、当社は此等の伝説に基づき創始せられしものなり」
と、当社はこの聖徳太子伝承に基づいて創祀された神社であろうという。

 これによれば、三郷町立野に鎮座する龍田大社との関係が強く意識され、概略
 ・聖徳太子が、龍田の神から寺院建立の適地を教えられた地に法隆寺を建立し、その鎮守として龍田の神を祀ったが
 ・その地が法隆寺から遠いため、
 ・当地に龍田大社の神を勧請し、これを以て法隆寺の鎮守社とした
のが当社で、太子伝私記には
  「当寺の坤(西南)方に神社在り、名は龍田大明神。当寺の鎮守也。此の宮は新宮なり、本宮は立野の大和川辺に在り。其の本宮八講縁起に云ふ、太子此の大明神に告げて宣く、我が寺の近くに住みて守護せよと」(意訳)
とあり、当社は法隆寺の守護神として龍田大社から勧請したもので、立野の本宮(龍田大社)からみて新宮にあたるという。
 (当社は、法隆寺と龍田大社を結ぶ線上にあり、当社は法隆寺の南西約1km、龍田大社は同じく約5kmに位置する)

 しかし、神を仏法の護法神・寺院の鎮守神とする思想は、奈良時代以降に萌芽した神仏習合思想によるもので、山本博氏はその著・龍田越(1971)のなかで
 ・寺院に鎮守を配する思想は、おそらく仏典の四方鎮守に由来するもので、法隆寺の場合は、四方ではないが、龍田新宮をこれに充てている
 ・しかし、仏教伝来当時の飛鳥時代には未だ鎮守社を配した例はなく、鎮守社とは奈良時代以降の本地垂迹思想によるものである(大意)
として、聖徳太子の時代に鎮守思想は未だ生まれておらず、当社の創建を聖徳太子の法隆寺建立に求めるのには無理があり、多分に後年の付会であろうとし、

 続けて
 ・新宮の祭神は龍田本宮の風神とされているが、元要記(時期不明・平安時代か)にみえる龍田比古と龍田比女両神、即ち伊弉諾・伊弉冉二尊の変化神と考えられる
 ・この二神は、おそらく法隆寺を造る以前から新宮の地(当地)に鎮座していた地主神であろう
として(以上大意)
 当社は法隆寺建立以前から当地に鎮座していた地主神二座を祀ったもので、神名に龍田を冠することから、後世になって立野の龍田大社の新宮とみなされたのであろうという。

 一方、伴信友の神名帳考証(1813・江戸後期)には
  「以上四座同宮也 今法隆寺坤別に龍田と称するは離宮なり」(漢文意訳)
とあり、大和志(1734・江戸中期)も、
  「倶に立野村に在り。父老、村の西に剣尾山有り、山上に二つの封土有りと云ふ。崇神天皇7年11月天社国社を此処に定む。
 日本紀に曰く、天武天皇4年夏4月小紫美濃王小錦下佐伯連広足をして風神を龍田立野に祠らしむ(龍田大社を指す)。その御幸の地が龍田村に在り、旧名御憩所、今小祠を建てて新宮と曰く」(漢文意訳)
とあり、いずれも当社は龍田大社と同体の神社で、当社は旧御旅所(御幸の地又は離宮)に建つ小祠を新宮と称して独立したものだという(他にも、神社覈録に同意らしき記述があるが文意不明確)

 また、これらに対する異説として、大和志料は
  「元要記(平安末らしいが年代不明)に、『天武天皇3年(675)、大来皇女泊瀬斎宮より伊勢神宮に向かう為に先ず龍田神に詣で祭る。立野より龍田に帰参のとき、ここに美麗(カオヨキ)龍田比古龍田比女坐して、使を遣わして大来皇女に答え賜わく、吾は此の地に住む勲功有る神、国家を守り天下を平らぐ。
 4年、皇子以下百寮諸人龍田に参り二柱を建立し神体を安置し、龍田比古龍田比女を勧請奉る也。此の両神は伊弉諾・伊弉冉両神の変化に坐す也』(漢文意訳)
 天武天皇の3年10月、大来皇女泊瀬斎宮より伊勢に参向することは国史に見ゆ、其の立野に詣り、帰途龍田にて二神に遭遇し、翌年社殿を創始せし事跡は、他の記録に所見なきも亦一概に捨つべきにあらず」
として、当社の創建を天武4年とする説を紹介している。

 この天武4年創建説は、書紀・天武4年4月条に
  「10日、小紫美濃王・小錦下佐伯連広足を遣わして、風神を龍田の立野に祭らせた」
とある記事を以て龍田大社の創建とする説を承けたものだろうが、これは龍田大社の創建にかかわるもので、これを以て当社創建を云々するのは無理。
 また大来皇女については、
  ・天武3年冬10月9日 大来皇女は泊瀬の斎宮から伊勢神宮に移られた
  ・朱鳥元年(686)11月16日 伊勢神宮の斎宮であった皇女大来は、同母弟大津の罪により任を解かれ京師に帰った
とはあるものの、皇女と当社との係わりは記されておらず、元要記にいう大来皇女云々説の根拠は不明。

 上記のように、当社の創建由緒については諸説があり定説となるものはないが、愚考すれば
 ・古くから龍田の地(御廟山か)に坐した地主神(タツタヒコ・ヒメ)を土地の守護神として祀ったのが始まりで、
 ・その神格は人々の生活を守る水神・豊穣神であったと思われ、
 ・それに同じ龍田を冠する龍田大社が被さって風神(豊穣神でもある)とされ、又法隆寺に近いことから同寺と関係付けられ、ひいては聖徳太子との関わりが付加されたのが、今の由緒ではなかろうか。

 ただ、今、龍田大社の摂社に龍田比古神社・龍田比女神社があることからみると(この摂社が、当社の元社か、当社からの勧請かは不明)、当社と龍田大社と間に何らかの関係があったのは確かのようで、大社から風神2座を勧請したというのも是によるものと思われる。

※祭神
  主祭神--天御柱大神(アメノミハシラ)・国御柱大神(クニノミハシラ)
  配祀神--龍田比古大神(タツタヒコ)・龍田比女大神(タツタヒメ)

 主祭神の二座は、龍田大社の祭神と同体で風神ということから、この2座は龍田大社からの勧請であろう(別項・龍田大社参照)

 配祀神の二座は記紀等に見えない神だが、多分に、当地・龍田に坐す在地の神(地主神、御廟山に坐した山の神か)で、人々の生活を見守る豊穣神であり水神であろう。

 今は、天御柱・国御柱神が主祭神となっているが、本来は龍田比古・龍田比女二座だったと思われ、そこに龍田大社から御柱神二座が勧請されて主祭神の座に座り、本来に神が脇に追いやられたのであろう。

 なお、龍田越は、
  「龍田比古・比女両神はイザナギ・イザナミの変化神なり」
というが、これは龍田比古・比女両神を風神・級長津彦(シナツヒコ)・級長津姫とみて、この両神がイザナギ・イザナミの神生みによって生まれたとされることから、イザナギ・イザナミの変化神とみたのかもしれないが、龍田大社では、風神2座とタツタヒコ・ヒメとは別神とあり、これは採れない。

※社殿等
 龍田神社南交差点からの小路の突きあたりに鳥居が立ち境内に入る。
 境内中央に拝殿(唐破風付入母屋コンクリート造・銅板葺)が、その奥、柵で区画された中に社殿4宇(一間社流造・銅板葺)が南面して鎮座する。

 本殿域に鎮座する社殿4宇の祭神について、拝殿横の案内には、
  ・右社殿--龍田比古大神・龍田比売大神
  ・本  殿--天御柱大神・国御柱大神
  ・左社殿--天児屋根命・三大神(神名不明)
  ・左社殿--瀧祭大神
とあり、中央の本殿が最も大きく、その左右の社殿はやや小、最左のそれは小さい。
 ただ、周囲の壁が高く、左側の疎林中から屋根が見えるだけで社殿の全容は見えない。

 
龍田比古龍田比売神社・鳥居
 
同・拝殿 
 
同・本殿域正面
 
同・本殿

◎末社
 社殿域の左、朱塗り鳥居・瑞垣で区画された中に末社殿3宇(春日造銅板葺)が鎮座する(前方左右に2宇・奥に1宇)
 各小祠前の案内には、
 ・左小祠--事代主神(恵美須)
 ・右小祠--広瀬神社・粟島神社・祇園神社
 ・奥の小祠--白龍大神・市杵島姫命--単独の鳥居があり小祠周囲は池状に作られている。


末社前の鳥居 
 
右末社

左末社 

中央奥の末社

 境内右手に注連縄を巻いた楠の大樹があり、その根元、朱塗りの瑞垣内に小祠2宇がある。
 瑞垣正面に立つ朱塗り鳥居に掲げる神額には
  ・正一位 稲荷大明神
  ・楠大明神
とある。

◎金剛流発祥之地
 境内左手に「金剛流発祥之地」と刻した石碑があり、案内には
 「金剛流は、能楽シテ方の一流で、大和猿楽四座(結崎・円満井・外山・坂戸)のうちの坂戸座を源流とする。
 坂戸座は、その名称を法隆寺周辺部にあった古代の郷で、おおむね現斑鳩町の並松・五百井・服部・竜田・小吉田・稲葉車瀬・神南付近を範囲とする坂戸郷に由来し、古刹法隆寺に所属して発展をみた猿楽の座である
 中世になると、法隆寺付近の郷民たちの精神的紐帯として祀られた竜田神社を中心に竜田市(タツタノイチ・市場)が栄え、法隆寺々要日記によれば、覚元元年(1243)にはこの市の守護神として、摂津西宮から戎神が勧請され、その祭礼に郷民自身による猿楽が演じられたとある。
 その後、郷民たちは竜田市の経済力を背景に自治組織を生み育て、祭礼に彼ら自らが芸能を演じて楽しむとともに、彼らのなかで法隆寺に所属し、大和一円で活躍した専門の猿楽集団である坂戸座が育てられた。
 よって、ここに金剛流発祥之地の碑を立てる」
とある。

 
楠の大樹
 
楠の根元
 
金剛流発祥之地・石碑

トップページへ戻る]