[トップページへ戻る

鳥 坂 神 社
奈良県橿原市鳥屋町東浦
祭神--豊受比咩命
                                                                2013.06.08参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 鳥坂神社二座 鍬靫』とある式内社。社名は“トリサカ”あるいは“トサカ”と読む。

 近鉄・橿原神宮前駅の西南西約1km、駅西口から西へ延びる県道133号線を西進、高取川を越え市立白橿北幼稚園(南:白橿北小学校)西側の道路から、西へはいる地道を上ると右・コンクリート塀の上に鳥居が見える。南の集落内からが正式参道らしい。

※由緒
 書紀・神武天皇2年条に、
  「春2月2日、天皇は論功行賞をおこなわれた。道臣命(ミチノオミ)は宅地(イヘドコロ)を賜り、築坂邑(ツキサカムラ)に居らしめられ特に目をかけられた」
とあり、
 室町初期の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(略称:五郡神社記、1446)に、
  「社家大伴連説いて曰く、築鳥坂神二座、左高皇産霊尊(タカミムスヒ)、右天押日命(アメノオシヒ)也。
 神武天皇道臣命を賞して宅地を賜い、築坂邑に居らしめて之を寵す。此の時、道臣命神府を築坂に造りて、先祖父子の神を奉祀し、築坂神社と号す。
 然る後、此の坂多く桃花生え、呼んで桃花坂(ツキサカ)と云う。旧号を負うて桃花を読んで津支(ツキ)と云う、是本緣也」(漢文意訳)
とある。

 これによれば、当社は、大伴氏の祖・日臣(ヒノオミ・神武から道臣の名を賜る)が、神武東征に際しての功績(記紀に詳しい)により当地(築坂邑)を賜り、そこに社を建てて先祖の霊を祀ったのが始まりという。

 大伴氏とは、奈良盆地東南部(橿原市・桜井市・明日香村一帯)を本拠とした古代豪族で(難波が本貫ともいう)、古くから大王家に従属し、久米部など多くの伴造(トモノミヤツコ)を率いて各地を転戦した親衛隊的軍事氏族といわれ、雄略朝において室屋が大連(オオムラジ)として朝政にあずかるなど最盛期を迎えている。
 蛇足ながら、万葉歌人として有名な大伴家持(718--85)は、当時の大伴氏を率いた氏の上(ウジノカミ・首長)で、自家の誇りを詠った“族(ウカラ)を諭す歌”(4465)でアメノオシヒの功績を歌いあげている。

 当社名・鳥坂とは、古代の築坂が衝坂あるいは桃花鳥坂へ変化し(読みは、いずれもツキサカ)、後世、桃花鳥坂が省略されて鳥坂へと変化し、読みも“ツキサカ”から“トリサカ”へ転じたという。
 近傍に身狭桃花鳥坂墓(ムサノツキサカノハカ・倭彦命陵墓)・身狭桃花鳥坂上陵(ムサノツキサカノエノミササギ・宣化天皇陵墓)があり、古くは桃花鳥坂(ツキサカ)と呼ばれていたことが証される。

 当社に対する神階授与の記録などみえず、創建年次は不詳だが、式内社に列していることから10世紀初頭に実在していたことは確かといえるが、それまでの経緯・沿革は不明。

※祭神
 今の祭神は、豊受比咩神(トヨウケヒメ、食物・穀物の女神、伊勢外宮の神)とあるが、これが何時の頃からかは不明。
 遡って江戸時代には
 ・江戸中期の地誌・大和志(1734)--鳥坂神社二座 鳥屋村東に在り、今天照大神と称す
 ・宮座所有の湯釜銘文--天照大神御湯釜寛文13癸丑(1673)九月十一日和州高市郡鳥屋村
 ・当社所蔵の棟札--天照皇大神宮安政三歴(1856)九月吉日 奉遷宮鳥屋神社云々
と、アマテラスを祭神としていたというが、トヨウケヒメあるいはアマテラスは本来の祭神ではない(式内社調査報告)。また、式では二座とあるのに、一座となっているのは平仄があわない。
 当社本来の祭神が忘れられ(恣意的に忘れたのかもしれないが)、江戸時代に流行した伊勢信仰を承けてアマテラスなりトヨウケなりを祀ったものかもしれない。

 本来の祭神は、五社神社記がいう由緒からみると、大伴氏の祖神
  ・高皇産霊神(タカミムスヒ)
  ・天押日命(アメノオシヒ、天忍日命と記すことが多い)
を祀っていたとみるのが妥当で、大伴氏系譜では
  高皇産霊神-◯-◯-◯-◯-天忍日-◯-◯-○-日臣(道臣)・・・室屋(雄略朝での大連)・・・
という繋がりとなる(その真偽は不問)

 大伴氏の祖神とされるアメノオシヒとは、
 古事記・天孫降臨段
  「ここに天忍日命・天津久米命(アマツクメ)二人、天の石靫(イハユキ)を取り負ひ、頭椎(クブツチ)の太刀を取り佩ぎ、天の波士弓(ハジユミ)を取り持ち、天の真鹿児矢(マカゴヤ)を手挟み、御前に立ちて仕へ奉りき。その天忍日命は大伴連等の祖なり」
 書紀・天孫降臨段一書4
  「そのとき大伴連の遠祖・天忍日命、来目部の遠祖・天槵津大来目(アメノクシツオオクメ)をひきいて、・・(古事記と同じ)・・天孫の前に立って降って行き・・・」
とあるように、天孫降臨に際して武装して天孫・ニニギの先導を務めたという。

※社殿等
 東側から上ったところに鳥居が立ち(少し前に鳥坂神社との社標が立つ)、参道(地道)を入った奥の西側が境内。
 境内の西寄りに拝殿(切妻造平入・瓦葺)が、その奥に本殿がいずれも東面して鎮座するが、拝殿背後は樹木密集しており本殿域を窺うことはできない。
 資料によれば、拝殿背後の玉垣を連ねた神域中央の低い石壇上に本殿(春日造・銅板葺)が鎮座するというが、拝殿格子の隙間から,本殿正面の一部がかろうじて実見できるだけで、全貌は見えない。

 
鳥坂神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿(拝殿より)

◎末社 
 資料によれば、境内には弁財天社以下9社の末社があるというが、いずれも社殿はなく、社名を刻した石標(H≒60cm)が境内の崖裾に点在するだけで、前には石燈籠が幾つか立っている。
 境内周辺は荒れており、且つ石柱に刻された社名の摩耗がひどく判読は不能。かろうじて判読できた石柱には“春日□□□(大明神か)”とあった。
 なお、拝殿の右前、玉垣の中に高木(榊らしい)1本が立っている。古代の祭祀場・神籬(ヒモロギ)の名残か。


同・末社群 

同・末社石標 

同・末社 
 
同・神籬

トップページへ戻る