[トップページへ戻る

畝尾都多本神社
奈良県橿原市木ノ本町宮脇
祭神--泣澤女命
                                                                  2013.07.22参詣                                                                

 延喜式神名帳に、『大和国十市郡 畝尾都多本神社 鍬靫』とある式内社。社名は“ウネオ(ノ) ツタモト”と読む。

 近鉄橿原線・畝傍御陵前駅の東北東約2km(近鉄大阪線・耳成駅の南約1.5km)、橿原市木之本町の北端・下八釣町との町界に鎮座する。奈良国立文化財研究所の北に隣接する。

※由緒

  参道に立つ石版・“泣澤女の神の社”(右写真)には、当社由緒にかかわって、
 「此の神社は、古く古事記上巻約1250年前、香山の畝尾の木本に坐す名は泣澤女神、日本書紀畝丘樹下所居神で、
 延喜式神名帳畝尾都多本神社鍬靫、
 万葉集巻二或書の反歌(類聚歌林檜隈女王の歌)
 石長比売神は寿命を司り、泣澤売神は命乞の神なり(平田篤胤玉襷)
 春雨秋雨等語源的に澤女は雨に通ず水神なり(本居宣長古事記伝)
とある(カッコ内は挿入注記)

 これを由緒とすれば簡潔すぎるきらいはあるが、当社祭神・泣澤女命(ナキサワメ)にかかわる古資料を列記し、それを以て創建由緒としたものであろう。

 石版にいう古事記云々とは、古事記・カグツチ生誕の段に
  「伊弉冉(イザナミ)が火の神・迦具土神(カグツチ)を産んだがために神避られた。
 それを悲しんだ伊弉諾(イザナギ)が、『愛しい妻を、ただ一人の子に代えようとは思いもしなかった』と云って、イザナミの枕元に這い臥し、足元に這い臥して啼き悲しんだとき、その御涙から成り出た神は、香山(カグヤマ)の畝尾(丘の高い処)の木の本(コノモト-地名)におられる、名は啼澤女(泣沢女・ナキサワメ)という神である」
 また書紀(一書6)に、
  「是即ち畝丘(ウネオ・田に囲まれた小高い丘)の樹下(コノモト)に所居(イ)ます神なり。啼澤女命と号(ナヅ)く」
とあるのを指し、祭神・ナキサワメ命の出自由緒及びその鎮座地をいう。

 当社は、その創建由緒・祭神をこの神話に求めているが、それは
 室町初期の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(略称・五郡神社記・1446)
  「畝尾都多本神社一座 香山北山尾に在り
  或は云う 都多本神は啼澤女命、古事記に謂う所の香山の畝尾木本 即ち此処也」
というように、記紀にいう“香山の畝尾木本(樹下・キノモト)”を、当地の古い地名・大和国十市郡神戸郷木之本に充てたものと思われる。

 ただ、この畝尾木ノ本にあってナキサワメ命を祀る当社が、畝尾都多本(ウネオツタモト)と称する理由は分からない。“都”を助詞“ノ”と読み、“多本(タモト)”を“キノモト”の変化と解し、“畝尾のキノモト”から“畝尾のタモト”へと変わったとみるのも一考だが、しっくりこない。

 飛鳥藤原京当時(531--710)の当社は、“泣澤森に鎮座する神社”すなわち“泣澤神社”として知られていたようで、万葉集第2巻に
  「泣澤の 神社(モリ)に御酒(ミワ)据え 祈れども 我が君(オオキミ)は 高日知らしぬ」(202)
   (泣澤の社に神酒を捧げて祈ったが、わが君・高市皇子は 空高くのぼっていかれた-亡くなられてしまった)
との哀歌があり、石版にいう“万葉集巻二或書の反歌”とはこの歌を指す(参道脇に、この歌を刻した歌碑あり)

 この歌は、天武天皇の御子・高市皇子が亡くなられたとき(持統10年・696)、これを悼んで柿本人麻呂が詠った長歌の反歌として、檜隈女王が詠った歌で、
  「右一首は 類聚歌林に『檜隈女王泣沢神社を恨んで作った歌」
との注記があり、これによれば、当社は持統10年(7世紀末)にはあったことになるが、傍証となる史料はない。

 その泣沢神社が現社名に変わった時期は不詳だが、延喜式が編纂された10世紀初頭以前から畝尾都多本神社として定着していたのは確かといえる。

 なお、江戸中期の地誌・大和志(1734)には
  「畝尾都多本神社鍬靫 木本村啼澤社(モリ)に在り」
とある。

 当社にかかわる古史料としては万葉集以外には見えず、また神階等の授与記録もなく、現在に至る沿革等は不明。

※祭神
  泣澤女命(泣沢女命・啼澤女命、ナキサワメ)

 祭神・ナキサワメ命の出自は上記の通りだが、その神格について、ナキサワメがイザナギの涙から成りでたこと、当社に本殿がなく井戸を御神体とすることから、水神とみるのが一般で、本居宣長・古事記伝(1798)は、ナキサワメについて、
 「名の義、スサノヲ命のことに啼伊佐知(ナキイサチ)とあるを合わせて思えば、泣伊佐波女(ナキイサハメ)の意か。
 又雨(アメ)を佐米(サメ)とも云うは、此の佐波米(サハメ)か」
という。石版に“澤女は雨に通ずる水神なり”とあるのは、後段を承けたものであろう。

 しかし、水神であるとしても、単に農耕などに必要な水というより、平田篤胤が“ナキサワメ神は命乞いの神なり”というように(未確認)、生と死あるいは死と再生にかかわりをもった女神という感じが強い。
 (命乞いの神とは、上記反歌の注記“泣沢神社を恨んで・・・”を“泣沢神社に高市皇子の延命を祈ったのに亡くなられてしまったと恨んだ”、と解したものであろう

※社殿等
 奈良文化財研究所前の道路を北へ進んだ右手に、当社への入口があり、傍らに「畝尾都多本神社」との石柱が立つ。
 参道(地道)を進んだ途中に鳥居が立ち境内に入るが、正面に見えるのは八幡宮で、畝尾都多本神社ではない。

 境内の左手に当社の拝殿(切妻造・瓦葺)があり、その奥、玉垣で囲まれた中に板壁で囲まれた一画があり(左前に、啼澤女命と刻した石碑あり)、中に御神体の井戸があるという。
 中の様子は見えないが、板壁の下から覗いた感じでは、井戸には簾が被せられているらしい。

 
畝尾都多本神社・鳥居
 
同・拝殿

同・側面(左:拝殿・右:本殿域) 
 
同・本殿域正面
 
同・本殿域(中に、ご神体の井戸がある)
 
神名石碑

◎八幡宮
 境内正面、石垣を積んだ上(右前に八幡宮との石柱が立つ)、透塀と玉垣に囲まれた中に八幡宮・本殿(一間社流造・銅板葺)が西面して建つ。
 八幡宮の遷座由緒・時期等は不明だが、社殿配置からみると、当社の主殿といった趣がある。

 
八幡宮・正面
   
同・本殿

トップページへ戻る