トップページへ戻る

於 神 社
奈良県広陵町大塚
祭神--天照皇大神・天児屋根命・品陀別命
                                                        2015.03.17参詣

 延喜式神名帳に、『大和国広瀬郡 於神社 鋤』とある式内社。社名は“ウヘ”(又はウエ)と読む。

 近鉄大阪線・築山駅の北約1km、駅西側のやや広い道路を道なりに北上、県道105号線(中和幹線)に出て、すぐ右(東)、横断歩道橋手前の小道を北上した住宅地内に鎮座する。入口鳥居の脇に大塚公民館がある。

※由緒
 拝殿内に案内板が掲げてあるが、内部に入れず実読不能。拝殿扉から撮った写真によれば、大略
 ・当社は延喜式神名帳に記載される古社であること
 ・元慶7年に神階が綬叙されたこと
 ・元禄年間の失火のため由緒不詳となったこと
などがかろうじて判読できる。

 当社に関する古資料
 ・大和志(1734・江戸中期)--元慶7年12月従五位下綬叙 大塚村に在り、城宮と称す、社已に廃す
 ・神社覈録(1870・明治3)--祭神祥ならず、大塚村に在す、城宮と称す、今已に廃す
 ・大和志料(1914・大正3)
   「延喜式神名帳に於神社、大神分身類社抄に於神社大和国広瀬郡木俣神と見ゆ。
   今馬見村大字大塚の村社を式内・於社と称す。
   但し、広瀬社旧記には摂社・水分社を以て式内・於社となせり、是非を知らず。案ずるに、延喜神名帳に讃岐国苅田郡にも同名社ありて、大神分身類社抄(1265)附尾に依るに亦木俣神を祀ると云へり、彼此関係あるべきも事歴詳ならず」

 また、奈良県史(1989)には
  「大塚集落の西方丘陵六道山に鎮座する社を、式内於神社にあてている。創祀年代等明らかでない。
 今、天照皇大神・天児屋根命・品陀別命を祀る。
 大和志・広瀬郡の項に、『於神社 元慶7年(883)12月従五位下を授く、大塚村にあり、城宮と称す、已に廃す』とあり、享保21年(享保19年-1734の誤記か)大和志成立の当時(江戸中期)、すでに廃されていたと記している。
 広瀬神社社記には、河合町広瀬神社末社の水分神社を式内於神社とするとある。
 讃岐国苅田郡には於神社(オノ、香川県観音寺市)同鵜足郡には宇閇神社(ウヘ・香川県丸亀市、論社あり)があり式内社であるが、大和国広瀬郡の当地に讃岐・於の2社があることは、両者の間に何らかの関連を推察することができるのではないか。
 現在の三柱神を奉齊するに至った経緯は明かでない」
とある。

 これらによれば、当社の創建由緒等は不明だが、讃岐国(香川県)に同名の式内社があることから、式内社調査報告は
 「讃岐人の移住に伴って於神社も同時に勧請されて、同名社として広羅郡に祀られるようになったのではあるまいか」
という。

 ただ、江戸中期に地誌・大和志の記述を素直に読めば、当社は江戸時代には所在不明で、今の当社は明治になっての再興と思われ、広瀬大社末社(境外摂社ともいう)の水分神社を式内・於神社とする説があることからみて、当社が式内・於神社かどうかは疑問ともいえる。

※祭神
 今の祭神は
   天照皇大神(皇大神宮)・天児屋根命(春日社)・品陀別命(八幡社)
という。
 延喜式に祭神一座とあることからみて、これら三座は後世の勧請と思われるがその奉祀由緒等は不明。
 あるいは、室町末期から広まった三社託宣信仰にかかわるものかもしれないが、確証はない。
 三社託宣信仰とは、人生の指針とすべき正直・清浄・慈悲についての3っの託宣を、伊勢大神(天照大神-正直)・八幡神(品陀別命-慈悲)・春日神(天児屋根命-清浄)から下されたものとして崇め、これを守って生きようとする信仰をいう。

 古資料によれば
 ・祭神詳ならず--神社覈録
 ・埴安姫命(ハニヤスヒメ)--特選神名牒--根拠不明
 ・木俣神(キマタ・又は御井木俣神)--大神分身類社抄・大和志料
   これは、類社抄に「於神社大和国広瀬郡木俣神」とあり、この木俣神を広瀬大社の旧摂社・散吉社(サヌキ、讃岐神社からの勧請という)の祭神・御井木俣神と同一神とみるもので、讃岐国の式内・粟井神社から勧請されたという(木俣神は大己貴と八上姫の子で、御井神はその別名)
 ・水分神(ミクマリ)--広瀬神社社記--於神社を広瀬大社の摂社・水分神社とするによるものだが、根拠不明
などがあり、
 式内社調査報告は、
  「当社の祭神は幾多の変遷を経たものであるが、現在の祭神を奉齊した経緯は明らかでない。
  元の祭神はやはり讃岐神社との関連によって考察されるべきではなかろうか」
というが、木俣神は讃岐神社の祭神にも比定されており、混乱がある。

  ただ、これとても当社及び讃岐神社が讃岐国から勧請されたとする説によるもので、確証はなく、その意味では、祭神不詳というのが妥当かもしれない。

※社殿
 道路脇の鳥居を入り、道沿いの参道を進んだ先が境内。
 境内正面に拝殿(千鳥破風付き切妻造割拝殿・瓦葺)が南面して建ち、その背後、高い塀に囲まれた中に本殿(桁行一尺二寸・梁行二尺六寸の流造という-式内社調査報告)が鎮座するが、塀が高く中を窺うことはできない。

 
於神社・鳥居(右-大塚公民館)
 
同・拝殿

トップページへ戻る