トップページへ戻る

雲甘寺坐楢本神社
通称:楢本神社
奈良県平群町梨本
祭神--菊理姫命
                                                            2015.02.15参詣

 延喜式神名帳に、『大和国平群郡 雲甘寺坐楢本神社』とある式内社。社名は“ウンカンジニマスナラモト”と読むが、社頭の石標に「式内楢本神社」とあるように、当社では楢本神社と称している(以下、楢本神社という)

 近鉄生駒線・平群駅の北北東約700m、駅西から国道168号線(清滝街道)へ出て吉新交差点を右折北上、清瀧街道を北上平野交番前交差点を過ぎて2つめの角を左折(西へ)すれば、鎮守の森の北東角に達する。

※由緒
 社頭の案内には、
  「延喜式の『雲甘寺坐楢本神社』が当社とされ、江戸期には白山権現社、明治には野間田明神とも呼ばれ、祭神は菊理姫命(ククリヒメ)。水滴に宿る神で、産土神(生命の根源の神)にあたる。
 元は、東500m付近の丘の上にあった雲甘寺の鎮守社であったが、明治4年(1868)に寺が廃され、同24年頃に現在地に遷座されたという。
 拝殿の奥に立派な朱塗りの本殿があり、伝承では雷難除去にご利益があったという。摂社の春日社は、吉田村の氏神を合祀した社殿という。
 梨本村・西向村・吉新大字(吉田村・新家村)の4村の氏神で、宝永3年(1706)の改め帳には、5×9尺の白山権現社を中心に、252坪の広い境内地を有していたとある」
とあるが、創建由緒・年代等の記載はない。

 当社にかかわる古資料として
 ・大和志(1734・江戸中期)--梨本己郡尾邑(ミコリオ)に在り、今野馬田明神と云
 ・神社覈録(1870・明治3)--祭神詳ならず、梨本己郡尾村にあり
    大和志、当郡の仏刹(の項に)に雲甘寺霊威寺共に名称を挙げず、然れば遺跡だに絶たるならんか、猶尋ぬべし
 ・大和志料(1914・大正3)--式に見ゆ、明治村大字梨本の村社たり、祭神詳ならず、
    但し、雲甘寺は三代実録に霊感寺に作る(貞観3年10月条)、已に廃し跡詳かならず
などがあり、
 近々の資料として
 ・奈良県史(1989)
   「式内小社に比定される当社は今、梨本と吉新の氏神で野馬田明神または白山権現とも呼ばれた。
   三代実録の貞観3年(861)10月22日の条に霊感寺無位楢本神に従五位下を、同8年5月24日の条に大和国平群郡雲甘寺従五位下楢本神を官社に列すとある」
がある。

 これらによれば、当社は約500m東にあった雲甘寺(霊感寺、明治初頭に廃絶)の鎮守として創建されたもので(あるいは逆に、当社の神宮寺として雲甘寺が建立されたか、いずれにしても雲甘寺にかかわる神社であろう)、三代実録・貞観3年(861)条に神階授与の記録があることから、9世紀(平安前期)にあったのは確かといえる。

 神社覈録は、大和志(江戸中期)・平群郡・仏刹の項に雲甘寺の名がないことから、江戸時代には廃絶していたのではないかというが、とすれば、案内にいう「明治4年に寺が廃され」(神仏分離令によるものか)と整合せず、江戸中期の大和志が雲甘寺の名を記していない理由は不明(ネットに雲甘寺関連の資料なく、建立時期・沿革等不明)

※祭神  
   菊理姫命(ククリヒメ)

 社頭の案内には「水滴に宿る神で、産土神」とあるが、書紀(5段一書10)によれば、
  「黄泉国(ヨミノクニ・死者の国)から逃げ帰ったイザナギが、追ってきたイザナミと泉津平坂(ヨモツヒラサカ、此の世とあの世の境)で争論になったとき、『ククリヒメが申し上げることがあった』。それを聞いたイザナギが褒めてその場を去り、筑紫の橘小門(タチバナノオド)に行って禊ぎ祓いをした」(大意)
とある(古事記には見えない)

 ここでククリヒメがイザナギに何と云ったか記されていないため、その出自・神格は不詳だが、ククリヒメの言を聞いたイザナギが禊ぎ祓いをしていることから、禊祓に関係する神ではないかというが、一般には、イザナギ・イザナミ双神の間を取り持ったと解して、“縁結びの神”・“夫婦円満の神”とされることが多い。

 当社案内が“水滴に宿る産土神”という根拠は不明だが、禊祓には水を用いることから、それを敷衍して水滴に宿るとしたともとれるが、何ともいえない。

 当社がククリヒメを祭神とする由緒は不明だが、江戸中期・宝永3年(1706)の神明帳に、当社について
 「白山権現社 境内無年貢地 東西四拾四間 南北拾八間 梨本村 西向村 新家村 右四ケ村之氏神に御座候」
とあることからみて、加賀の白山比咩神社(石川県鶴木町)を勧請して白山権現社と称し(手水石に[元禄16年8月吉日 白山権現御神前」とあり、江戸時代に白山権現社と称していたのは確か)、その祭神とされるククリヒメをそのまま踏襲したともとれ、これを当社本来の祭神とするのは疑問で、
 諸資料がいうように“祭神不詳”というのが妥当であろう。

 なお、ククリヒメを白山比咩神社の祭神(白山比咩神)の異名同神としたのは、大江匡房(1041--1111・平安後期)の扶桑名月集が初めといわれ、江戸時代には一般に広まっていたという。

※社殿
 境内南側に鳥居が立ち、境内中央に横長の拝殿(割拝殿、切妻造・瓦葺)が、その奥、赤い板塀に囲まれた中央に朱塗りの本殿(春日造・銅板葺)が、その左に境内社2宇(が、いずれも南面して鎮座する。

 資料によれば、今の本殿は大正4年の改築されたもので、その後昭和18年・同40年に補修されたらしい。

 境内社は、本殿の左のそれが春日社(祭神:天児屋根命・春日造朱塗り)で、その左前が稲荷社(流造朱塗り)で、春日社は明治6年(1873)に大字梨本の峯高薬師寺境内から大字吉新へ遷され、同45年(1970)に現在地に遷座したという(式内社調査報告・1983)


雲甘寺坐楢本神社・鳥居 
 
同・境内

同・拝殿 
 
同・本殿
 
同・境内社
(左:稲荷社、右:春日社) 

トップページへ戻る