トップページへ戻る

若 桜 神 社
A:若桜神社--奈良県桜井市谷
祭神--伊波俄加利命・大彦命
B:稚桜神社(磐余稚桜神社)--奈良県桜井市池之内
祭神--出雲色男命・去来穂別命(履中天皇)気息長足姫命(神功皇后)
式内・高屋安倍神社を合祀
                                                                  2014.07.28参詣    

 延喜式神名帳に、『大和国城上郡 若桜神社』とある式内社で、論社として上記2社がある。
 なお、延喜式には城上郡に属しているが、若桜神社の辺りは平安中期以降は城上郡だったが、11世記初め頃に十市郡に編入されたといわれ(桜井市史・1979)、諸資料では十市郡の条に記されている。

※由緒
 書紀・履中天皇3年(430年頃か)冬11月6日条に、
  「天皇は両股船(フタマタノフネ)を磐余(イワレ)の市磯池(イチシノイケ、磐余池のことか)に浮かべられ、妃とそれぞれの船に分乗してともに遊ばれた。
 膳臣(カシワデノオミ)余磯(アレシ)が酒を奉った。そのとき、桜の花びらが盃に散った。天皇は怪しまれて、物部長真胆連(モノノベノナガマイノムラジ)を召して、 『この花は咲くべきでないときに散ってきた。何処の花だろうか。お前が探してこい』といわれた。
 長真胆連はひとり花を尋ねて、掖上(ワキガミ)の室山で花を手に入れて奉った。
 天皇はその珍しいことを喜んで、宮の名とされた。磐余若桜宮(イワレノワキサクラノミヤ)というのがそのもとである。
 この日、長真胆連の本姓を改めて稚桜部造(ワカサクラベノミヤツコ)とし、膳臣余磯を名づけて稚桜部臣(ワカサクラベノオミ)とされた」
との説話が記されている。

 若桜神社はこの説話に係わる神社で、磯城郡誌(1915・大正5)には、
  「邑の西丘にあり、式内村社にして今白山権現と称す。
 境内に長真胆連が献じたると云へる稚桜の子孫木あり。枝垂桜にして其の花殊に艶麗なり。・・・本社の祭神祥ならざるも倘くは稚桜部民の祖・物部長真胆連を祀りしならん」
とある。
 これによれば、掖上の室山で長真胆連が桜花を得たとの説話を承けて、その後裔・稚(若)桜部造一族が、その祖神を祀ったのが谷の若桜神社という。

 谷の若桜神社の祭神・伊波俄加利命(イハカカリ、伊和我加利命とも記す)の出自は不明だが、奈良県史(1989)には伊波俄牟都加利命(イハカムツカリ)の後裔とあり、
 伊波俄牟都加利命は新撰姓氏録(815)
  「右京皇別  若桜部朝臣  安倍朝臣同祖  大彦命孫伊波我牟都加利命之後也」
とあるように、若桜部朝臣(臣)は孝元天皇の皇子・大彦命の後裔という。

 一方、池之内の稚桜神社の主祭神は出雲色男命(イズモシコオ)とあり、姓氏録には
  「右京神別(天神)  若桜部造  饒速日神三世孫出雲色男命之後也  四世孫物部長真胆連云々(以下、上記説話を略記)
とあり、若桜部造の祖・物部長真胆連(若桜部造)は物部氏系氏族という(先代旧事本紀・天孫本紀-9世記前半には出雲醜大臣命-イズモシコオオミとある)

 これによれば、若桜部氏には膳臣氏系(皇別氏族・膳臣余磯系)と物部氏系(神別氏族・物部長真胆連系)の2系列があったとなる。

 この2系列の若桜部氏を、説話に基づいて、谷の若桜神社と池之内の稚桜神社の祭神に当てはめると、前者は物部長真胆連(若桜部造)、後者は膳臣余磯(若桜部臣)に関係する神社と思われ、
  ・掖上室山で桜を得た--長真胆連--若桜部造--出雲色男命の後裔(物部氏系)--谷の若桜神社のはず
  ・磐余池で酒を奉る--膳臣余磯--若桜部臣(朝臣)--大彦命の後裔(膳臣系)--池之内の稚桜神社のはず
となる。

 しかし、今の祭神からみると、谷の若桜神社の祭神である大彦命の後裔・伊波俄加利命は、磐余池で天皇に酒を献上した若桜部臣(膳臣系)の先祖であり、説話とは整合せず、逆のことが池之内の稚桜神社でもいえる。

 これは、説話にいう掖上の室山及び磐余池を何処に比定するかに係わったもので、
 ・掖上室山は、一般には現御所市室の地(大和国葛上郡)を指すが、古事記・用明天皇段に
  「御陵は石寸の掖上にありしを、後に科長中陵に遷しまつりき」
とある改葬前の御陵の所在地について、大和志(1734・江戸中期)に、
  「石寸掖上荒墓 谷長門二邑の界に在り。用明天皇を殯葬せし事古事記に見ゆ」
とあり、用明天皇の最初の御陵は谷邑と長門邑の境付近にあったという。

 ここにいう小字・長門が古くは谷邑に後に安倍邑に属したことから、石寸掖上荒墓は現桜井市谷と同安倍との境界辺りにあったと思われ、これからみて説話がいう掖上室山とは若桜神社の西方(石寸山口神社付近)を指すのではないかという。
 ただ、稚桜神社がある池之内の西、橿原市池尻の御厨子山南室を充てる説もあるが、この地は当時の池畔に当り掖上に充当せず且つ古代祭祀の跡もないとして否定されている(式内社調査報告)

 ・これに対して、天皇が船を浮かべて遊んだという磐余市磯池とは、書紀・履中天皇2年条に「11月 磐余の池を作った」とある磐余池のこととされるが、その所在地については、桜井市西部の池之内・橋本から橿原市東部の池尻町を含む一帯という説と、桜井市谷の石寸山口神社(若桜神社の西南すぐ)のあたりとする説があり確定はしていない。
 これによれば、谷の若桜神社が膳臣系の祭神を祀るのは、磐余池が当地にあったとする説によるものと思われ一理はある。

 ただ、平成23年暮れに桜井市との境界近くの橿原市東池尻町の一画から、粘土を固めた盛り土の跡が発見され、ここから西へ連なる高まりが池の水を堰き止める堰堤の跡と思われ、その南に広がる低地(現在は田畑)に磐余池があった蓋然性は高いと発表された(橿原市教育委員会)
 とはいえ、この堰堤跡の発見を以て磐余池が池之内付近にあったと断定するのは早計で、当地周辺にあったとされる履中天皇の磐余若桜宮の跡や用明天皇の磐余池辺双槻宮の跡などが発見されるまでは保留すべきであろうともいう。

 この磐余池跡と推定される地は池之内の稚桜神社の西に近接しており、断定はできないが、稚桜神社は履中天皇が船遊びし、膳臣余磯が酒を奉った磐余池に係わって創建されたと考えられる。

 谷の若桜神社と池之内の稚桜神社のいずれが式内・若桜神社かは不詳だが、大和志(1734・江戸中期)には
  「桜井谷邑に在り、今白山権現と称す」
とあり、大和志料には
  「阿部邑大字池之内宮地にも同名の社ありて、或いは以て式内若桜社と称するも、彼れは磐余若桜宮址に就き他の神を祭りたるものなるのみならず、池之内は所謂磐余池の故址にして古来本郡(十市郡)の分内にして、城上郡に属すべき処にあらざれば今之を取らず」
 磯城郡誌には
  「磐余稚桜神社  (池之内の)東部にある村社にして、気息長足姫命・出雲色男命・去来穂別命の三神を祀る。
   之を式内社と称するは或は誤ならんか」
として、いずれも谷の若桜神社を以て式内社としている。

 両社は同じ説話に係わる神社と推測はできるが、祭神が異なり且つ祭祀氏族も異なることから、論社というより別社とみた方が順当かもしれない。
 
 なお、式内・若桜神社の創建時期については、上記伝承に係わる神社とすれば履中朝以降(5世記以降)延喜式編纂以前(10世記初頭)と思われるが、当社に対する神階綬叙・神戸等の記録もなく、時期の推定はできない。

【若桜神社】(桜井市谷)

 JR桜井線桜井駅(北側は近鉄大阪線・桜井駅)の南約500m、JR駅前から南へ延びる県道154号線を南へ、寺川を渡り国道165号線との交差点を少し過ぎた右側(西側)に鳥居が、鳥居右脇に「式内 若桜神社」との社標柱が立つ。

※由緒
 鳥居脇に
  若宮神社記  
  一、鎮座地  桜井市谷344番地 
  一、祭 神   東殿 伊波俄加利命(イハカカリ)
            西殿 大彦命(オオヒコ)
  一、社 格   東殿 延喜式式内社  
            西殿 延喜式式内大社  (以下、祭礼日・御神徳等は略)
とあるのみで、境内に創建由緒・時期等の案内は見えない。
 なお、ここで西殿とあるのは、当社に合祀されている、式内・高屋安倍神社を指す(別稿・高屋安倍神社参照)

※社殿等

  鳥居を入り長い石段を登った上が境内で、北面する前方後円墳(?)の後円部南斜面に立地するというが、樹木鬱蒼のため確認はではない。

 境内の右手に拝殿(切妻造・瓦葺)が南面して建ち、その奥、石垣上の白塀の中に本殿2宇が南面して鎮座するが、白壁が高く、外から見えるのは覆屋側面のみで、社殿は実見できない。
 資料によれば、
 ・東殿(向かって右)--若桜神社本殿--春日造銅板葺
 ・西殿--高屋安倍神社本殿--春日造銅板葺
という。

左:拝殿、右:白壁内が本殿域
 
若桜神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿覆屋

  拝殿の右手に“祓戸殿”・“金比羅大権現”の神号石碑と、高屋安倍神社関連と思われる“句碑”がある。

 
祓戸殿
 
金比羅大権現
 
句 碑


【稚桜神社】(桜井市池之内)

  JR桜井駅の西南約2km、

 近鉄桜井駅の西、大福駅との中程(桜井駅寄り)を南北に通る国道165号線から続く県道15号線を南下、安倍木材団地5号交差点を右(西)へ、突き当たり(地蔵尊の石碑あり)を左(南)進み、民家が途絶えた右角、石垣上の鬱蒼とした森の中に鎮座する。




稚桜神社の森

由緒
 森の北側道路を西へ回り込んだ所に鳥居が立ち、その前に「式内 稚桜神社」と刻した社標柱が立つ。
 鳥居を入ったすぐ左に、「神社名『稚桜』と由緒」及び祭神についての案内板があり、冒頭の履中紀説話がそのまま記してあり、当社はその説話に基づく神社であることを示している。

※祭神
 社頭の案内には
 ・出雲色男命(イズモシコオ)
   新撰姓氏録によると、物部氏のご先祖の饒速日命の3世の子孫が出雲色男命で、また、桜の花を探し求めた物部長真胆連(稚桜部造)の4代前の祖先にもあたります。
 旧事本紀に「出雲色男命は第4代懿徳天皇の御世に太夫となり、次に大臣となる。大臣という号は、この時からできた」とあります。
 ・去来穂別命(イザホワケ・履中天皇)
   第16代仁徳天皇の皇太子で、日本書紀の履中天皇紀に『元年(400年)春2月1日皇太子(去来穂別命)は磐余稚桜宮で即位された』と記され、池之内に都をつくられたことがわかります。
   2年11月磐余池を作られた。
 ・気長足姫命(オキナガタラシヒメ・神功皇后)
   第14代仲哀天皇の皇后で、天皇がお崩れになったので、天皇に代わって政務をとられる摂政となられた。日本書紀・神功皇后摂政紀に「3年春正月3日誉田別皇子(後の第15代応神天皇・・・八幡大神)を立てて皇太子とされた。
 そして、磐余に都をつくられた」と記されています。
 (元、末社・住吉神社に祀られていたが、社名を高麗神社に改称したとき本殿に入ったという--式内社調査報告)
とある。

※社殿等
 鳥居を入り、短い距離で右折・左折する石段を登り、最後にやや長い石段を上がった上が境内。
 境内北側に拝殿(切妻造・瓦葺)が建ち、その奥の石垣上、神門と瑞垣に囲まれた中が本殿域。
 その中央に本殿(流造・銅板葺)が、その左に末社・高麗神社、右に同・天満神社の小祠が、いずれも南面して鎮座する。
 ただ、瑞垣が高く、社殿の詳細は見にくい。

 
稚桜神社・鳥居

同・拝殿
 
同・神門
 
同・本殿(左より)
(左前は高麗神社)
 
同・本殿域

同・本殿(右より)
(右前は天満神社) 

◎末社
 ・高麗神社--祭神:武内宿祢--本殿の向かって左、春日造銅板葺(元は住吉神社と称していたという、祭神は同じ)
 ・天満神社--祭神:菅原道真--本殿の向かって右、春日造銅板葺
 ・厳島神社--祭神:市杵島姫命--拝殿の右手にある小祠(元は弁財天と称す)
 ・八坂神社--祭神:素戔鳴命(元牛頭天王)--境内へ至る石段下の踊り場にある小祠
 尚、石段途中の曲がり角に社名不明社及び稲荷社の小祠がある。

 
末社・厳島社
 
末社・八坂社
 
不明社
 
末社・稲荷社

 境内に自然石に神名(権現名)を刻した石碑数基が立っている。

 
天照・八幡・春日
 
冨士大権現
 
金比羅大権現
 
三宝大荒神

トップページへ戻る