トップページへ戻る

倭恩智神社
奈良県天理市海知町
祭神--建凝命
                                                                 2014.03.27参詣

 延喜式神名帳に、『大和国城下郡 倭恩智神社 鍬靱』とある式内社。社名は“ヤマトオンチ”又は“ヤマトオムチ”と読む。

 JR桜井線・柳本駅の西北西約1.7km、駅の北を東西に走る県道51号線を西へ、道路が右(北へ)にカーブする東寄りの海知池西北側の森の中に鎮座する。

※由緒
 境内に案内等なく、創建由緒・年代等不明。

 江戸中期の地誌・大和志(1734)
  「倭恩智神社鍬靱 海知村に在り」
とある神社で、

 大和志料(1914・大正3)には、
  「延喜式神名帳に倭恩智神社鍬靱と見ゆ。川東村大字海知(カイチ)にあり。今村社たり。
 祭神詳らかならず。古事記に天津彦根命(アマツヒコネ)は倭淹知造(ヤマトノアムチノミヤツコ)等の祖也と。
 「カイチ」は「ウンチ」の音読みして、「ウンチ」「オンチ」「アンチ」は音相通ずれは、倭淹知氏の祖神を祭れるならん」
とある。

 当社の祭祀氏族とされる倭淹知(ヤマトアムチ)氏とは、新撰姓氏録(815)に、
  「大和国神別(天孫) 奄知造 天津彦根命十四世孫建凝命(タケコリ・タケゴリ)之後也」
とある氏族で、その倭淹知氏が祖神・建凝命を祀ったのが当社であろうが、傍証となる資料はみえない。

 その祖神・天津彦根命(天津日子根命)とは、古事記・アマテラスとスサノオの誓約(ウケヒ)によって成り出た男神5柱の一で、その注には
  「天津日子根命は凡川内国造・・・倭淹知造・・・等が祖なり」
とある。

 当社と同じ恩智を名乗る神社に、大阪府八尾市(旧河内国)に恩智神社(式内名神大社)があり、これとの関係が想定されるが、八尾の恩智神社は中臣氏(藤原氏)が関与する神社で、祭神(大御食津彦・姫)も当社とは異なる(別稿・恩智神社参照)

 当社名の恩智(オンチ)は、祭祀氏族・倭淹知氏の“アムチ”が“恩智・オンチ”へ転訛したものと解され、また、初字・倭(ヤマト)も、河内に対する大和ではなく、磯城郡誌(1915)
  「大和郷(オオヤマト・後に大倭邑と改称)、此の地方を総称したる郷名ならん。・・・大倭邑は大国魂神を祭れるに起因し、もと大和社(式内・大和坐大国魂神社、通称:大和神社)近傍より海知地方までの凡称なりしを、後に郡境の変遷により、大和社近傍は山辺郡に属し、海知地方は城下郡に編入せられ、仍って其の郷名をここに存せしものなるべし」
というように、当地の旧地名・大倭を継承したものという(式内社調査報告-1982・日本の神々4-1985、以下同じ)

 当社の創建年次について、神社明細帳(1879・明治12)に『崇神天皇7年鎮座』とあるが、これは書紀・崇神7年条の
  「(大物主神と大国魂神とは)別に八十万の群神を祀った。よって天(アマツヤシロ)・国社・神地(カムトコロ)・神戸(カンベ)を定めた」
にいう天つ社に当社が含まれるとしたもので論外。
 ただ、同明細帳に、仁寿元年(851・平安前期・文徳実録)・天慶3年(940・同中期)・永徳元年(1381・南北朝時代)にそれぞれ叙位・昇叙があったとあることから(天慶3年・永徳元年昇綬の出典史料不明)、9世紀以前から実在したのは確かといえる。

 当社は今、海知集落の南に位置するが、嘗ては、集落北方の小字・東フカミ(現在地不明)に鎮座していたが、戦争末期の昭和19年(1944)の大和海軍航空隊飛行場の建設計画により、集落南の現在地に移転させられたという。

※祭神
 当社の祭神・建凝命(タケコリ・タケゴリ)については、諸資料共に異論はない。

 建凝命とは、古事記によれば、アマテラスとスサノオのウケヒによって成り出た天津彦根命の十四世の孫というが、これは後世の付会であって、その本来の出自は不詳。
 ただ、この系譜は奈良時代には公認されていたようで、それが上記のような古事記の注記や姓氏録の記述になったものと思われる。
 なお、建凝命の表記は建許呂命・建許侶命・建己呂命・多祁許呂命・建祁許呂命など多彩で、いずれもタケコロと読む。

 建凝命に関する史料として、先代旧事本紀(9世紀前半頃)の国造本紀に、
  ・石城(イワキ・現福島県)国造 成務天皇の御代(4世紀末頃か)、建許侶命を国造に定む
  ・茨城国造(現茨城県) 応神天皇の御代、天津彦根命の孫(子孫)・筑紫刀祢(チクシトネ)を国造に定む
とあり(筑紫刀祢は建許侶命の子という)、また常陸国風土記(716)・茨城郡条に
  ・茨城国造の初祖・多祁許呂命は、息長帯比売天皇(神功皇后)の朝廷に仕え、応神天皇がお産まれになったときまでいた
との注記があり、実在したとすれば、4世紀末から5世紀初頭頃の人物とおもわれる。

※社殿等
 県道51号線から少し入ったところに鳥居が立ち、正面に入母屋造・瓦葺き拝殿が、その奥、玉垣に囲まれたならに春日造・銅板葺の本殿が南面して鎮座する。

 本殿域の前に「牛頭天王社前 宝永四丁亥年(1707)海知村」と刻した石灯籠があるというから、江戸時代には牛頭天王を祀るとされていたらしいが、今、その痕跡はない(本殿域には入れず、刻銘未確認)

 
倭恩智神社・鳥居
 
同・拝殿
 
同・本殿

◎境内社
 本殿の東側(右)に春日神社(春日神)が、西側に八幡神社(誉田別命)が、その奥に稲荷神社(保食神)がある。

 
境内社・春日神社

同・八幡神社 
 
同・稲荷神社

トップページへ戻る