トップページへ戻る

矢田坐久志玉比古神社
奈良市大和郡山市矢田町
祭神--櫛玉饒速日命・御炊屋姫命
付--主人神社
                                                                 2014.03.04参詣

 延喜式神名帳に、「大和国添下郡 矢田坐久志玉比古神社二座 大 月次新嘗」とある式内社。神名帳には添下郡10社の筆頭に記される名社で、古くは矢落大明神・矢田の大宮と称したという。社名は“ヤタニイマス クシタマヒコ”と読む。

 近鉄橿原線・近鉄郡山駅の西約3km、駅西口から県道189号線を西へ、横山口交差点を右折(北へ、角に直進・矢田寺の看板あり)、500mほどすすんだ右手の森の中に鎮座する。矢田小学校の西にあたり、郡山駅からバス便あり。

※由緒
 社頭に掲げる案内には、
  「延喜式内大社で、古くは矢落大明神、又は矢田の大神と称し、神裔は雄族物部氏である。
 創建年代は不詳であるが、六世紀前半の頃までは、畿内随一の名社として栄えたと伝えられ、当地方最大の古社である。
 古典に「天磐船に乗りて大空を翔行り」の故事に基づき、航空祖神として斯界関係者の崇敬を聚め、恩恵を蒙っている」
とあるのみで、創建由緒等不明。

 大和志料(1914・大正初期)によれば、
  「矢田村大字矢田にありて大宮と称す。新抄勅格符抄大同年間諸社神封の条に矢田神二戸大和、延喜式神名帳に矢田坐久志玉比古神社とは即ち此。今郷社たり。
 祭神は櫛玉彦命又曰く天明玉命櫛玉姫命又曰く天太玉命の二座にして、蓋し、古へ此地に玉作氏の住するありて、其の祖神を祭りたるものなり・・・」
という。

 これによれば、当社は、当地に住んでいた氏族がその祖神を祀ったとなるが、その祭祀氏族として、大和志料がいう玉作氏の他に
 ・神名帳考証(1733)・神祇志料(1873)・神社覈録(1870)・特選神名牒(1876)
   「矢田部氏がその祖神・櫛玉饒速日命を祀った」
 ・奈良県史、
   「姓氏録・大和国神別に、矢田部は饒速日命七世孫大新河命の後とあるから、この地方に居住した矢田首が自らの祖神として、櫛玉饒速日命とその妻・御炊屋姫命を祀ったとみられる」
として、矢田部氏(矢田首)を挙げる資料もあり、当社は、この矢田部氏を祭祀氏族としている。

 神名牒考証他がいう矢田部氏とは、古事記・仁徳天皇段に
  「八田(矢田)若郎女(ヤタノワキイラツメ-応神天皇の皇女で仁徳天皇の后)の御名代(ミナシロ)として、八田部を定めたまひき」
とある八田部を管掌した伴造(トモノミヤツコ)で、その出自は、
 ・新撰姓氏録(815)
  「大和国神別(天神) 矢田部 饒速日命七世孫大新河命(オオニイカワ)之後也」(左京神別・摂津神別・河内神別にも矢田部氏あり)
 ・先代旧事本紀(9世紀前半・物部氏系史書)・天孫本紀
  「仁徳天皇の皇后・矢田皇女に皇子が生まれなかったので、物部大別連公(モノノベオワケノムラジノキミ-ニギハヤヒ10世の孫)に命じて、皇子代(御名代)となって皇后の名を氏として、改めて矢田部連公(ヤタベノムラジノキミ)の姓を賜る」(大意)
とある氏族で(崇神60年条に、先祖。物部武諸隅の事績あり)、物部氏の一族という。
 (物部氏系図によれば、大別連公は大新河命の3世の孫-饒速日10世の孫-にあたる)

 ただ、矢田若郎女(矢田皇女)について、古事記は
  「応神天皇が、丸邇(ワニ)の比布礼能意富美(ヒフレノオホミ)の女・宮主矢河枝比売(ミヤヌシ ヤカワエヒメ)を娶って生みし御子・宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)、次に妹・八田若郎女・・・」(書紀も同意)
とするのに対して、先代旧事本紀は
  「応神天皇が、饒速日十世孫・物部山無媛連公(モノノベノヤマナヒメノムラジノキミ)を立てて妃とし、・・・矢田皇女・・・を生む。その矢田皇女を仁徳天皇が立てて皇后とされた」(大意)
とあり、母親の名および出自が、古事記ではヤカワエヒメ-和邇氏、旧事本紀ではヤマナヒメ-物部氏と異なっている。

 通常、御名代は、その仕える皇族の母方の出身氏族があたると解され、とすれば、矢田部氏は和邇氏系ではないかと思われる。ただ、物部氏は、そのその勢力拡大の中で各地の氏族を傘下に収めているから、矢田部氏も本来は和邇氏系であったものが、物部氏の傘下に入り、八田若郎女の系譜を改変したのかもしれず、矢田部氏は物部氏系とするのが一般認識とはいえ、旧事本紀の記述を以て矢田部氏を物部氏系とするのは要注意かもしれない。

 大和志料がいう玉作氏の出自等は不詳だが、室町時代の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(1441)の玉造神社条には、
  「社家者玉作連曰く、旧記に載る矢田間神社二座は櫛玉彦命亦天明玉命と云う・櫛玉姫命亦天太玉命と云うで、伊弉諾尊の子なり。元社は当国曽布矢田郷に在り、此の地に遷座し矢玉(矢田間)神社と号す」
とある。
 大略がいう玉造神社とは、今、明日香村にある式内・櫛玉命神社を指し、玉作氏の祖・荒木命が巨瀬村に祖神(天明玉命・豊玉命)を祀る羽玉神社を創建したとき、矢田村にあって同じく祖神(櫛玉彦命・櫛玉姫命)を祀っていた矢玉神社を勧請合祀したという神社で、矢玉神社とは当社を指すという。

 これによれば、当社は玉作りに関わっていた玉作氏がその祖神を祀った神社となり、今にいう物部氏系とは異なっているが、その真偽は確認できない。
 あうるいは、社名にクシタマヒコと名乗ることから、本来は玉作氏が関与する神社だったものが、矢田部氏の進出に伴い、その祖神を祀る神社へと変わったのかもしれない。ただ、それを示唆する史料等はない。


 社頭の案内には「創建時代不詳」とあるが、当社に関わる古史料として、
 ・新抄格勅府抄にある大同元年牒(806、奈良時代以降、社寺に与えられた封戸の記録)に、
   「矢田神 二戸 大和
とあり、また、当社に対する神階授与記録として、三代実録(901)清和天皇・貞観元年(859)正月21日の条に
   「大和国従五位下・・・矢田久志玉比古神・・・並びに従五位上を授く」
とあることから(その後の昇階記録は見えない)、9世紀初頭以前からの古社であることは確かといえる。

 その後の沿革は不詳だが、江戸中期の神仏照合時代には
 ・矢田村諸色明細帳(1724)--大宮矢落大明神とあり
 ・金剛山寺明細帳覚(1724)--矢田村の総鎮守で、金剛山寺と東明寺2寺の僧侶が神役を務めた
とあり、その後
 ・明治43年(1910)に村社・八幡神社を合祀、
 ・昭和13年(1938)に県社とされたという(日本の神々4・1985)
という。


※祭神
 社頭の案内には、
  御祭神  櫛玉饒速日命(クシタマニギハヤヒ)・御炊屋姫命(ミカシヤヒメ) 二座
とあるが、
  久志玉比古(櫛玉彦命)・女神(大和志料は櫛玉彦命・櫛玉姫命という) 二座
とする資料(式内社調査報告・日本の神々4)もある。
 なお、祭神に誉田別命(応神天皇)を加えた資料もあるが、これは明治43年の八幡神社合祀によるもので、本来の祭神ではない。

 この2説は、当社の関連氏族を矢田部氏とみるか玉作氏とみるかによるもので、社名・クシタマヒコからみれば後説・久志玉比古命とみるのが順当かと思われるが、当社では櫛玉饒速日命を祭神という。

 櫛玉饒速日命とは、書紀・神武即位前紀に、
 ・東方に良き地を求める天皇が、
  「この国の中心地(大和)に飛び降った者がある。饒速日という者であろう。そこに行って都をつくろう」(大意)
といって、東征に出立された
 ・大和入りを目指す天皇に抵抗する鳥見(トミ・地名-現奈良市富雄町付近に比定)の長髄彦が、天皇に対して、
  「昔、天神の御子・櫛玉饒速日命が、天磐船に乗って天降られ・・・、我は、この饒速日命を君として仕えています。天神には二人の御子がおられるのですか」(大意)
と、神武が天神の御子であることに疑問を呈した
とある神で、神武に抵抗する長髄彦を討って帰順したとあり、物部氏の遠祖という。

 久志玉比古(櫛玉彦)命とは玉作氏の始祖とされる神で、記紀にその名は見えないが、新撰姓氏録(815)
  「左京神別(天神) 小山連 高御魂命(タカミムスヒ)の子・櫛玉命の後也」
として出てくる。
 玉作氏の始祖として、記紀によれば櫛明玉神・天明玉命など幾つかの名が見えるが、いずれも、名前に玉をあるのが特徴といえる。
 櫛玉の櫛を奇(クシ)と読めば、神聖な・神妙な・美麗ななどの意と解されることから、櫛玉とは神妙な霊力を持つ玉を神格化した一般的名称であって特定の神を指すものではなく、玉作氏の先祖の総称とみるのが妥当かもしれない(別稿・櫛玉命神社参照)

 櫛玉饒速日命(饒速日命)・櫛玉命(櫛玉彦命)のいずれが当社本来の祭神かは判断できないが、上記したように、当社に関わる祭祀氏族の変動に伴い、祭神も又変化したのではないかとも解される。
 ただ、今の境内に櫛玉命に関わると思われる痕跡は見えない。

※社殿等
 道路脇の鳥居(南面)を入り参道を進むと堂々たる楼門がそびえ、その先、二の鳥居をくぐった正面に拝殿(入母屋造・銅板葺)がある。
 拝殿の奥、高い石段を登った上が本殿域で、朱塗りの瑞垣に囲まれた区画の中央に本殿、左に境内社・八幡神社(一間社春日造・桧皮葺、重要文化財・鎌倉時代、祭神:誉田別命、明治43年合祀)が、右に末社・若宮社(一間社春日造・銅板葺・祭神:少毘古那命)が、いずれも南面して鎮座する。

 参詣時、本殿は改築工事中で実見できなかったが、資料によれば、一間社春日造・丹塗り・桧皮葺きで、社頭に立つ案内には「重要文化財・室町時代」とある。

 
矢田坐久志玉比古神社・一の鳥居
 
同・楼門
 
同・二の鳥居
 
同・拝殿
   
同・社殿域正面
 
同・境内社・八幡神社
 
同・末社・若宮社

◎矢落伝承

 当社は古くは矢落大明神と称していたが、矢落の由来は、
  「昔、饒速日命が天降ったとき、天神から授かった天羽々弓を以て3本の天羽々矢を射、その矢の落ちた処に住まいを定めようとしたところ、3本の矢は皆この地に落ち、一の矢の落ちた処が神殿となり、二の矢が落ちた処を二の矢塚という。」
との伝承によるという。

 社務所前に、注連縄を張った区画に太い縄を巻いた塊(岩か土塊かは不明)があり、これを二の矢塚と称している。

 この塚が何時頃できたものかは判然としないが、塚というには貧弱で、背後の樹木がまだ若いこと、その立地が社務所前という目立つところにあることなどからみて、伝承をもとに近年になって作られたものであろう。


二の矢塚

 
神 紋

 また当社の神紋が2本の矢が交差しているのも、この伝承に基づくものと思われ、この矢落伝承が何時頃からのものかは不明としても、当社の原姿を饒速日命を遠祖とする物部氏系とする有力な資料ではある。

 なお、ネットにみる別伝承によれば、当社は二の矢が落ちた処であり、一の矢は当社の東南方(御旅所・主人神社の南約200m)に、三の矢は北西方に落ちたともいわれ、一の矢・三の矢の跡にも石碑が立つという。

【主人神社】
 矢田坐久志玉比古神社の御旅所という小祠で、久志玉媛神社ともいう(ネット資料より)。社名は“ヌシト”と読む。
   祭神--櫛玉饒速日命・御炊屋姫命
        又は、天比理刀咩命(御炊屋姫命)

 矢田坐久志玉比古神社の南東約600m、県道189号線・矢田東口バス停の西、道路北側の石垣上に鎮座する。
 道路脇に「主人神社」との石標が立ち、道路に沿った参道(坂道)を登ると〆鳥居があり、境内左に一間社流造・銅板葺きの社殿がある。
 境内に何らの案内なく、鎮座由緒・時期・沿革等不明。また当社が久志玉比古神社の御旅所かどうかも不詳。


主人神社・参道入口 
 
同・〆鳥居
 
同・社殿

 当社の南約200mほどの田畑の中に、饒速日命が射た3本の矢のうちの一の矢が落ちと伝える場所があり、一の矢塚との石標が立つというが(ネット資料)未見。

トップページへ戻る