[トップページへ戻る

許世都比古命神社

奈良県高市郡明日香村越
祭神--許世都比古命
                                                          2013.06.08参詣

 延喜式神名帳に、『大和国高市郡 許世都比古命神社』とある式内社。社名は“コセツヒコノミコト”と読む。

 近鉄・橿原神宮前駅から南へ延びる吉野線・飛鳥駅の南西約500m、駅の西側を南北に走る道路を南行、道なりに大きく右へ迂回した右手の石垣上に“ことだま”(喫茶店名)との看板が掛かる細路を入った右手に鎮座する(神社の案内標識などなく、注意しないと見落とす。反対側の角に“索牛子塚古墳・鑵子塚古墳”への道標あり)
 明日香村越(コシ)の南寄り、同真弓との境近くの小高い台地に位置する。

※由緒
 境内には社名の表示のみで由緒等を記した案内はなく、また正史上に神階授与記録もなく、その創建時期は不明だが、延喜式内社に列することから10世紀初頭以前からの古社であることは確かといえる。

 当社に関わる古資料として、管見したかぎりでは、近世になっての地誌・大和志(1734・江戸中期)に、
  「許世都比古神社 越村に在り、今、五老神と称す」
とあるのみ。
 大和志は、その編者が畿内の古社を踏査検証して式内社として比定した地誌だが、その比定根拠が記載されていないことから、その当時、五郎神社が式内・許世都比古神社として一般に認識されていたかどうかは不詳。

 奈良県史(1989)によれば、
  「祭神は許世都比古命で、巨勢氏の祖・武内宿禰の第五子だから“五郎(老)神”とも俗称する。巨勢地方の産土神で、巨勢氏の祖神である。
 巨勢氏の一族が、後世、その本拠の巨勢郡から桧前(ヒノクマ)方面に勢力を伸ばして、越に新しくその祖神の分霊をまつったとも考えられる。
 享和年間(1801--04・江戸後期)、此の地の服部氏(高取藩医)が人首蛇身の造形を奉納、弁財天の神体としたと伝える」
とある。

※祭神
 祭神--許世都比古命

 祭神名・許世都比古の“許世”とは、高市郡巨勢郷(現奈良県御所市高鳥町西部付近という)を本貫とする古代の豪族・巨勢氏の“巨勢”(許勢・許世・居勢とも記す)で、江戸中期の古書・神名帳考証(1733・度会延経)
  「許世都比古神社
    許勢小柄宿禰命 古事記に云う、武内宿禰の子・許勢小柄宿禰 許勢臣の神、三代実録 巨勢男韓宿禰 高市郡巨勢」
とあるように、孝元天皇(8代)の御子・武内宿禰(タケウチスクネ)の子・許勢小柄宿禰(コセノオカラスクネ、男柄とも記す)を指すという。

 この許勢小柄宿禰の出自については2説があり、
 ・古事記・孝元天皇段
   「武内宿禰の子并せて九たり。波多八代宿禰、次に許勢小柄宿禰 許勢臣・雀部臣・軽部臣の祖なり・・・」
とあり、コセノオカラスクネはタケウチスクネの第2子という。
 ・三代実録・清和天皇貞観3年9月26日条--大内記従七位上味酒首文雄(ウマサカノオビトフミオ)らの奏上文に
   「文雄称さく、先祖は武内宿禰大臣より出づ。大臣の第五男巨勢男韓宿禰(コセノオカラスクネ)は是れ巨勢朝臣の祖・・・」
とあり、ここではタケウチスクネの第5子とある。

  当社が俗称・五郎宮と呼ばれたのは三代実録にいう“第5子説”によるものだが、
 ・孝元天皇--所謂・欠史9代の一として実在が疑問視されていること
 ・タケウチスクネ--景行・成務・仲哀(神功皇后)・応神・仁徳5代の天皇に仕えたという伝説的人物であること
から、コセノオカラスクネ(コセツヒコ)がタケウチスクネの子というのは、巨勢氏が自家の系譜を皇統に結ばんがためになした創作であろう(蘇我氏・平群氏・葛城氏・紀氏などタケウチスクネを始祖とする古代氏族は多い)

 境内に立つ古い石燈籠は殆どが摩耗していて判読は不能だが、中に“五郎宮”との陰刻があることから、当社が、嘗て五郎宮と呼ばれていたことが証される。かろうじて判読できたのが右の写真。
 五郎宮以外に、上記服部氏が寄進したものには許世都比古と刻してあるというが、はっきりしない。
 また、当社宮座が所有する御湯釜には、「和州高市郡越村五郎大明神御湯釜文久3(1863)壬戌九月吉日鋳物師藤原茂尊」とあるという(式内社調査報告・1982)

※社殿等
 細路から石段を登った上に鳥居が立ち、そのまま進むと境内に入る。
 狭い境内の右に拝殿(切妻造・瓦葺)が、その左、石垣を積んだ上、正面に鳥居を有する玉垣に囲まれた中、低い石垣の上に本殿(一間社流造・銅板葺)が南面(南西方)して鎮座する。

 
許世都比古神社・社頭
 
同・境内
 
同・拝殿

同・本殿 
 
同・社殿
 ◎境内社--厳島神社
  三方を白壁に囲まれて鎮座する小祠(一間社流造・銅板葺)
  奈良県史がいう、享和年間に、此の地の服部氏が弁財天のご神体として奉納した人首蛇身像を納める祠がこれと思われる。
 人首蛇身の像とは、一般に“宇賀神”(ウガジン・ウガノカミ)と呼ばれる像であろう。この神は、ドクロを巻く蛇身の上に人頭が乗った形であらわされ、俗信では、穀神・ウカノミタマ(稲荷神)の一形態とされる。
 これが仏教にいう天部のひとつ弁才天と習合して“宇賀弁才天”ともよばれることから、厳島神社(市杵島姫=弁財天)に祀られたものであろう。

◎庚申塚(コウシンツカ)
  社頭の石段下に庚申塚が残る。嘗ての当地にあった庚申信仰の名残であろう。

境内社・厳島神社

庚申塚

トップページへ戻る