トップページへ戻る

多神社・摂社/皇子神命神社・姫皇子命神社
皇子神命神社--奈良県磯城郡田原本町字三ノ宮
姫皇子命神社--  同  同  字里の東
                                                              2010.09.19参詣

 延喜式神名帳に、『大和国十市郡 皇子神命神社』・『大和国十市郡 姫皇子命神社』とある式内社で、今、両社とも多(オオ)神社(式内・多坐彌志理都比古神社)の境外摂社として、若宮神社とも呼ばれる。

 皇子神命神社--多神社の南約200m(小社神社の南約100m)に位置し、一般にはミコカミと呼ばれるが、多神社ではスメミコノカミと呼んでいる
 姫皇子命神社--多神社の東約200mに位置し、ヒメミコと呼ばれる。

※祭神
 両社はヒコ神・ヒメ神として対になる神社だが、皇子神命(ミコガミ)・姫皇子命(ヒメミコ)とは普通名詞であって、具体の神名ははっきりしない。
 両社祭神に関する史料は少ないが、多神宮注進状(1149・平安末期)には
 「彦皇子神社 皇孫日火霊神尊(スメミコヒコ神)
  姫皇子神社 天媛日火孁神尊(アマツヒメヒメ神)
とあり、その裏書きに引用される社司多神名秘伝(?)には
 「皇孫日火神尊は瓊瓊杵尊(ニニギ)。高宮郷座天津瓊瓊杵神社同体異名也。神名帳河内国讃良郡津桙神社一座小
  天媛日火孁尊は天疎向津少女命(アマサカルムカツヒメ) 天照大日孁尊之分身、故姫皇子、天照日孁大神之若魂 故天疎と云う
                     高宮郷座天照大神和魂神社同体異名也。神名帳河内国讃良郡高座神社一座是也
とあり、皇子神命神社は天孫・ニニギを姫皇子命神社はアマテラスの和魂を祀るという。
 なおアマサカルムカツヒメとは、書紀では、神功皇后に依り憑いた撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(ツキサカキイツノミタマ アマサカルムカツヒメ)は、アマテラスの荒魂という。(日本の神々4所載・皇子神命神社姫皇子命神社・2000、以下同じ)

 この皇孫(スメミコ)=ニニギ尊・天媛(アマツヒメ)=アマサカルムカツヒメとは、多神社の祭神を珍子(ウツミコ)=天忍穂耳命(アメノオシホミミ)・天祖(アマツオヤ)=天疎向津媛(アマサカルムカツヒメ=アマテラス)の母子神に対応するものだが、皇子神・姫皇子両社の祭神も母子神だとすれば、天祖と天媛が同じというのはおかしく、天媛はニニギの母である栲幡千々姫(タクハタチヂヒメ、タカミムスビの娘・アメノオシホミミの后)とすべきだろうという(タクハタチヂヒメは、多神社の外宮・目原坐高御魂神社に父神・タカミムスビとともに祀られている)

 秘伝に、皇子神命神社と同体異名とされる“高宮郷坐天津瓊瓊杵神社”とは、注によれば大阪府四条畷市にある“津桙神社”(現在名・忍陵神社)という。津桙社の祭神は、社頭には熊野大神ほか3座とあり、拝殿前には応神天皇・熊野大神他3座とありはっきりせず、そこに天孫・ニニギ尊の名はみえない。
 日本の神々には、応神天皇・熊野大神・天孫ニニギのいずれもがウツボ船に乗って漂着する日の御子とその母という意味で同体ではないかというが、津桙の応神天皇は明治以降に祀られたともいわれ、秘伝成立の頃の祭神名が不明であることから、あとから付会された解釈のようでよくわからない。

 また姫皇子命神社の同体異名という“高宮郷坐天照大神和魂神社”および注にいう“河内国讃良郡高座神社”との神社は、ともに河内国讃良郡には見えない(高宮大社との神社はあるが、祭神は異なる。高安郡にある式内・天照大神高座神社かもしれない)

 なお、多神社参詣の栞では、皇子神命社の祭神は皇孫・ニニギ尊、姫皇子社のそれはアマサカルムカツヒメ即ちアマテラス(アマテラスオオヒルメ)の和魂とはするものの、
 「その御祭神は詳かならず、多神社の主祭神・カムヤイミミ命の皇子神・姫皇子神とみるのが妥当であろう」(大意)
という。

 この両社の祭神は、本社・多神社の原点が日神信仰であることからみて、本社祭神の御子である“日の御子”と、日神の降臨を待って御子を生む“日女神”(ヒメガミ・巫女)であって、あえて記紀にいう神々の名を当てる要はないのであろう。

※創建由緒
 両社ともに式内社であることから、10世紀以前からの古社ではあるが、その創建の時期・由緒は不明。

 なお、式内・皇子神命神社と同・姫皇子命神社は、今、多神社の境外摂社として独立しているが、和州五郡神社神名帳大略注解(1446・室町中期)には、
 「意富(多)六所神社
  神名帳曰 大和国十市郡多坐彌志理都比古神社二座 
  意富郷意富村平森に在り、現在四座
  現四座の内、左二座、水知都彦神・火知都姫神は、大宮と称し大祀に預かる。
  右二座、彦皇子神命・姫皇子命は、若宮と称し、小祀に預かる」(漢文意訳)
とあり、多神社本殿四座の内、右二座に主祭神・ミシリツヒコとヒシリツヒメを祀り、左二座にヒコカミ命とヒメミコ命を祀るという。
 換言すれば、式内・皇子神命神社と同・姫皇子命神社は式内・多神社に合祀されているというのだが、
 これに対して、延喜式神名帳には、両社とも独立した式内社として記されており、多神社についての神名帳記載内容も、両社を合祀しているとは読めないことから、両社を多神社に合祀とするというのはおかしいとして否定されている。
(意富六所とは、多神社の祭神二座と御子神四座を指す)

※社殿等

◎皇子神命神社(スメミコノカミノミコト)

 多神社の南約100mに鎮座する摂社・小社神社前の小道を少し南へ進んだ右手(西側)、工場の建物を過ぎた右手の林の中に、古びた小さな社殿(一間社春日造・萱葺)が鎮座するが、創建由緒・時期などは不明。
 社殿の中に納められた古びた祠には“若宮社”との墨書が薄く見える。

  道に脇に田原本町観光協会の案内板があるものの、鳥居もなく、小道から少し入った林の中に小さい祠が埃をかぶってあるのみで、注意しないと見過ごしやすい。
 小道の脇に建つ 案内板には、
 「多神社の摂社で、大和志(1734)十市郡新廟の項には『皇子神命神社 在-多社南西-今称若宮』と比定され、延喜式神名帳に記載された古社である」
とあるが、当社を式内社と比定した根拠などは不明。
 式内社という由緒がある神社にもかかわらず訪れる人もないようで、忘れられた神社といった感が強い。
皇子神命神社/社殿
皇子神命神社・社殿

◎姫皇子命神社(ヒメミコノミコト)

 多神社の東約200m・集落の西のはずれに鎮座する境外摂社で、大字多一帯の氏神という。
 集落の西側に立つ鳥居を入った先に拝殿、その奥・白壁に囲まれた神域内に本殿(春日造)が東面して建つ(多神社及び他の摂社はすべて南面している)
 集落を越えて、三輪山に昇る朝日が直射(タダサ)す位置関係(三輪山と向かいあっている)にあることからか、宮中を出たアマテラスが最初に祀られた旧笠縫邑(カサヌイムラ・崇神紀)を当社に比定する説もある。

姫皇子命神社/鳥居
姫皇子命神社・鳥居
姫皇子命神社/拝殿
同・拝殿
姫皇子命神社/本殿
同・本殿

トップページへ戻る