トップページへ戻る

多神社・摂社/屋就神命神社
奈良県橿原市大垣町字屋就
祭神--屋就神命
                                                             2010.09.19参詣

 延喜式神名帳に、『大和国十市郡 屋就神命神社』とある式内社で、今は、多坐彌志理都比古神社(多神社)の境外摂社となっている。屋就は“ヤツキ”と訓む。
 当社には幾つかの別称があり、、多神宮注進状(1149)では“日月神社”・“(多神社の)若宮”、和州五郡神社神名帳大略注解(1446)では“(多神社の)別宮”、大和志(1734)では“八剣”と称している。

 近鉄橿原線・笠縫駅の南西約1.8km、笠縫駅の南、県道50号線を西へ、飛鳥川を越えた先にある奈良県営福祉パーク(ここまでが田原本町)に隣接する、少し高くなった広場の奥に鎮座する。

※祭神
 祭神・屋就神命(ヤツキカミノミコト)の出自・神格ともに不明だが、次のような諸説がある。
 ・延喜式神名帳--多神社の皇子神
   多神社の4摂社(小社神社・皇子神命神社・姫皇子命神社・当社)の祭神をすべて“多神社の皇子神”とするが、由緒不明。
 ・多神社注進状--日月神社火満瓊命(読み不明)
   通常、日月神社の祭神は日神(アマテラス)と月神(ツクヨミ)という。日月神と火満瓊命(読み不明)との関係、および当社を日月神社と称する由緒不明。
 ・同裏書--天照大日孁神の皇子
         天明豊玉命(河内国高安郡・玉祖神社と同体異名)
 ・和州五郡神社神名帳大略注解--天太玉命(忌部氏の祖神)
                        羽明玉命(玉造氏祖神)
   豊玉命(トヨタマ)・羽明玉命(ハアカルタマ)は、式内・玉祖神社(タマオヤ・八尾市)の祭神・櫛明玉命(クシアカルタマ)の同体異名で、玉造氏の遠祖(書紀・先代旧事本紀)
   ここから、火満瓊命も“瓊=玉”を含むことから、玉造氏に関係した神かとも思われる。
   天太玉命(アメノフトタマ)は忌部氏の祖神(書紀)。神名に“玉”があることから挙げられたらしいが、玉造との関係はみえない。
   天照大日孁神(アマテラスオオヒルメ=アマテラス)の皇子とは、多神宮注進状で、多神社の祭神の一座・姫神をアマテラスとすることから、その皇子神としたものらしいが、スサノヲとのウケヒで生まれたアマテラスの五皇子(アメノオシホミミ・アメノホヒ・アマツヒコネ・イクツヒコネ・クマノクスビ)の内、どの神を指すのか不明(ただ、注進状ではアメノオシホミミは多神社の主祭神とされている)
 ・大和志--八剣(ヤツルギ)
   八剣とは、通常、熱田神宮に収められている宝剣・草薙剣を指すといわれ、各地にある八剣神社には、その御魂代あるいは関係するヤマトタケル・スサノヲなどを祀るという。熱田神宮の別宮・八剣宮が原点らしいが、その由緒には諸説がある。
   当社と八剣(神)との関係は見えず、大和志の著者・並河誠所(1668--1738)が、社号・ヤツキを“ヤツルギ”と読んだためではないか、と思われる。

 以上の諸説からみて、玉造に関係する氏族が奉斎する神社とも思われるが、祭祀氏族・本来の祭神名など詳細不明。

※創建由緒
 延喜式に記載されることから10世紀以前からの古社であるのは確かだが、その創建由緒・時期など不明。

 当社に関する資料は少ないが、その一書・式内社の研究(1977・志賀剛)は、当社について
 「大垣では、乾(西北)の隅に屋敷神を祀っている所があるから、これは多神社の屋敷神かもしれない。ちょうど、多の本社の乾に当たっているし、その皇子神であるから、ヤツキはヤシキ(屋敷)→ヤスキ→ヤツキと転訛したものであろう」
という。

 屋敷神について、柳田国男は氏神の一種・“屋敷氏神”(その家の氏神)と呼び、
 「屋敷氏神はほとんどその全部が、今日いうところの神社ではない。無格社としてすらも認められていない。屋敷すなわち農民の住宅地の一隅に、齋き祀られている祠である。(中略)
 屋敷氏神の祭場は、通例屋敷の一隅、ことに乾の隅に榎の木を栽えたものが多いが、土地によっては宅地内でなく、接続した一小区画、もしくはやや離れた持地の山林などに祀ったものもある」(氏神と氏子・1947、大意)
という。

 当社は、今、多神社の皇子神というものの大樹の下にある小祠にすぎず、明治の神社制度では無格社だったというから、志賀氏がいう屋敷神というのも一概に否定できないが、ヤツキはヤシキの転訛というのは安易すぎる感が強い。
 また、屋敷神を敷地の乾方(西北)に祀るのは当地・大垣のみの風習ではなく、柳田国男がいうように各地に見られるもので、また当社は多神社の坤方(西南)に位置し、多神社の屋敷神とするには疑問がある。現地を踏査せずに記したものらしい。

※社殿
 道路から少し高くなった広場の奥に鳥居が、その奥、大樹の下に古びた一間社春日造の社殿(祠)があるのみで、案内表示などなし。

屋就神社/鳥居
屋就神社・鳥居
屋就神社/社殿
同・社殿

トップページへ戻る