トップページへ戻る

熊野大神宮
大阪市東成区大今里4-16-48
祭神--伊邪那美尊・速珠男命・事解男命・大己貴尊・素盞男命・奇稲田姫命
                                               2020.09.27参詣

 大阪メトロ千日前線・今里駅の東約500m、駅より国道308号線(千日前通り)を東進した北側に鎮座するが、案内表示等なく、国道を左折すべき角が分かりにくい。(反対側の南行道路が、入ってすぐ二俣に別れているのが目印となるか)

※由緒
 境内に案内等みえず、且つ社務所無人のため詳細不明。

 管見した資料として、
*東成郡史(大正11)
 「神崎村大字今里字東小路に鎮座す。祭神伊弉册尊・速玉男命・事解男命・大己貴命・素盞鳴命・奇稲田姫命なり。
 創立年代詳ならずと雖も、本村妙法寺と其沿革を同うするものの如く、元大今里村の氏神にして、熊野権現とも称したりしが、明治5年村社に列せられ、権現号を廃し現称に改めたり」

*大阪府全志(1922)
 「本地(大字大今里)は古来東成郡に属し、もと新開荘の内にして今里村と呼びしが、後分かれて東今里・西今里・大今里の三ヶ村となれり、本地は其の一なり。
 熊野大神宮は字東小路にあり、伊弉册命・速玉男命・事解男命を合祀せり。もと妙法寺の鎮守にして、熊野十二社権現と称す。
 慶長19年大坂冬の役には京極若狭守忠高は当宮地を陣所と為し、大坂城代は就任の節及び領内巡見の時には必ず社参するを例とせり。
 明治維新の後に至り、神仏の分離に依りて今の社名に改め、同5年村社に列し、同44年7月大字大今里(東今里の誤記か)の村社八劔神社(速素盞鳴尊・奇稲田姫命・大己貴命)を合祀し、同月本地の字才の神の無格社菊理姫神社を境内に合併移転す。
 末社に辨財天社あり。聖徳太子の妙法寺を建立し給ひしとき、現れ来りて同太子に修方を授けし辨財天なりといふ」

*大阪市HP
 「伊邪那美尊ほか5柱を奉斎する旧大今里村の氏神で、用明天皇2年(586)の創建と伝えられます。
 石山合戦(1576)の際、兵火にあいましたが再建され、元和(1615--24)以降、大坂城代就任と領地巡視の時には必ず社参することを恒例としました。
 熊野権現と称し、明治5年(1872)に現社号に改め、同44年(1911)旧東今里村氏神・八劔神社を合祀しました」
などがある。

 何れの資料も、当社創建の由緒についての記述はなく、如何なる由縁で熊野三所権現を勧請したかは不明。
 また、その時期についても、
 ・東成郡史--妙法寺と沿革を同じくするものの如し
   妙法寺とは、当社北に隣接する真言宗御室派の古寺で、聖徳太子建立との伝承があるという
 ・大阪市HP--用明天皇2年との伝承がある
とあり、何れも7世紀初頭頃の創建を推測させるが、それを証する資料はない。


※祭神
  祭神6座のうち
   伊邪那美尊・速珠男命・事解男命は熊野三山から勧請だろうが、如何なる由縁で熊野三神を勧請したかは不明。
   大己貴尊・素盞男命・奇稲田姫命は、明治44年に合祀された旧八劔神社の祭神。


※社殿等
 境内西側の道路脇に立つ一の鳥居を入り、参道を進んだ先に二の鳥居が立ち、境内に入る。
 なお、境内南側にもやや小振りの鳥居が立つ。


熊野大神宮・一の鳥居 

同・参道 
 
同・二の鳥居

 境内正面に、一間向拝を有する入母屋造の拝殿が東面して建つ。

 
同・拝殿
 
同・拝殿(側面)

同・内陣 

 拝殿の背後、少し離れて唐破風・千鳥破風を有する一間社流造の本殿が東面して鎮座する。

 
同・本殿(右より)

同・本殿(左より) 

同・本殿(背面) 

◎境内社
*厳島辨財天社
   祭神:市杵島姫命
 本殿の右に鎮座する小社。

 数基並んだ朱塗り鳥居の奥に一間社流造の社殿が東面して鎮座する。

 
厳島辨財天社・全景
 
同・鳥居
 
同・社殿

*白光大神社(社名表示なく、最初の祭神名による)
   祭神--白光大神・笠杉大明神・八助大明神・白高大明神
 辨財天社の右に接するように鎮座するが、社殿はなく朱塗り鳥居の奥に神名を刻した自然石が2基鎮座している。
   右--白光大神・笠杉大明神
   左--八助大明神・白高大明神
 祭神名からみて稲荷社かと思われる。

 
白光大神社・鳥居
 
石 祠 

*天龍権現社
   祭神--天龍権現・白龍権現
 境内右手に鎮座する小祠で、朱塗り鳥居の神額に祭神名が書かれ、奥には古びた石祠が鎮座している。

 
天龍権現社・鳥居
 
同・社殿 

*菊理姫神社・天照皇大神宮
   祭神--菊理姫命・天照大神
 境内左手、小振りな鳥居の奥に石祠2基が並び、左:菊理姫命社、右:天照皇大神宮とある。
 なお、菊理姫命は、明治44年、神社統廃合令により村内の無格社を合祀したものという。

 
石祠・鳥居
 
左:菊理姫神社、右:天照皇大神宮 

*金刀比羅神社
   祭神ーー大物主命
 境内左奥に鎮座する小社
 古びた鳥居の先に切妻造・妻入りの社殿が鎮座するが、これは覆屋で中に流造・萱葺きらしい社殿が納まっていが、正面扉ガラスの反射でよく見えない。

     

 ただし菊理姫社を除き、これら境内社の鎮座由緒等は不明。



【熊野大神宮行宮】(旧八劔神社)
   東成区東今里3-20-8

  本社の北約600mにある御旅所で、本社に合祀された旧八劔神社跡に位置するという。
  目印となる物件なく、訪れるには地図必要。

 境内にも案内等なく詳細不明だが 東成郡史には
 「八劔神社(廃)
  大字東今里字宝栄に鎮座したりき。祭神大己貴命・素盞鳴命・奇稲田姫命なり。社格村社。
  明治44年7月許可、大今里熊野大神宮に合祀せらる」
とあり、今、同区東今里3丁目(熊野大神宮の北約700m)に『熊野大神宮行宮(御旅所)』とあるのが是だという。

 当地付近の古地図(明治18年)を見ると、当地には東今里(現東今里3丁目付近)・西今里(現大今里1丁目付近)という二つの村があり、それぞれに八劔神社が鎮座したようで、当行宮は東今里の八劔神社にあたる。
 ただ、旧八劔神社の創建由緒・時期・大己貴以下3座を祀る由縁等は不明。

 また、郡史によれば、現大今里1丁目(旧西今里村)に鎮座する八劔神社(現八王子神社御旅所)についての説明の中に、
  「今の神崎村大字東今里元八劔神社(当行宮)は本社の御旅所なりしと云ふ」
との注記があり、東・西今里村の八劔神社は一体だったようで、それが如何なる由縁で熊野大神宮の行宮(御旅所)となったかは不明。

 両八剣神社は明治末期の神社統廃合により八王子神社及び熊野大神宮に合祀されているが、これは明治末期の神社統廃合令によるものだろうが、その合祀は、その神社の由緒・経緯・氏人の意向等は考慮せずに行われたようで、為に本来一体だったと思われる両八劔神社が2社に別れて合祀されたのであろう。


*社殿等
 南側道路沿いに門柱一対が立ち、境内は広い。
 入ってすぐの右手に社標柱が立ち、表面に『熊野大神宮御旅所』、裏面に『八劔神社址 昭和57年建立』とある。

 
熊野大神宮御旅所・門柱

同・社標柱(表) 
 
同左(裏面)

 けっこう広い境内の正面に鳥居が立ち、背後の大樹の下に、三角屋根・四方吹き放しの拝所があり、その奥、玉垣に囲われた中に一間社流造の社殿が南面して鎮座する。


同・境内 (右は地車庫)
 
同・拝所

同・社殿 

 社殿の左右に境内社2社が鎮座する。
 それぞれ朱塗りの鳥居を有し、
  左鳥居の神額--白龍大神・櫟大明神・お春大明神とあるが、如何なる神格かは不明。
  右鳥居の神額--白水大神とあり、祠に白狐が納めてあるから稲荷社であろう。

 
櫟大明神他社(左の社)

同・社殿 
 
白水社(右の社)
 
同・社殿

トップページへ戻る