トップページへ戻る

楠 永 神 社
大阪市西区靱本町2-1
祭神--楠永大神・楠玉太神
                                                 2020.05.30参詣

 大阪メトロ四つ橋線・本町駅の北西約450m。駅北の本町通り(信濃橋交差点)を西へ、なにわ筋との交差点(靫本町一丁目)を北へ行った西側、靫公園(西園)の東南角に鎮座する。

 大阪メトロ四つ橋線・本町駅の北西約450m。駅北の本町通り(信濃橋交差点)を西へ、なにわ筋との靫本町一丁目交差点を北へ行った西側、靫公園(西園)の中に鎮座する。 

 当社が鎮座する靱公園は、西区の北東部、東は四つ橋筋、西はあみだ池筋の間に位置する東西に長い公園で、その中央を南北に横切る“なにわ筋”以西の西園の東南角にあたる(靫交差点北西角)

※由緒
 境内に由緒等を記した案内はないが、当地に関係する御霊神社で頂いた栞に
 「圓神祠(ツブラシンシ)   
  御霊神社の創立は、太古大阪湾が深く入りこんで海辺はぬかるみ、芦荻が繁茂して圓江(ツブラエ)と云い、円形の入江に創祀された圓神祠に始まり、800年代後半の創建とされています。
  後に次第に土地が固成して村を形成し、その名も津村と転訛しました。
  豊臣秀吉の大坂居城と共に政治経済の中心地として発展し、諸大名が来集してその崇敬も厚くなりました。
  中でも石州津和野藩主亀井茲矩侯が邸地を割いて寄進されたので、文禄3年(1594)境内の乾八幡宮と現正霊神とを合祀して圓江(現在の靫)から現在地(淡路町4丁目)に鎮座しました」
とある(一部省略あり)(別稿・御霊神社参照)

 この圓神祠と楠永神社との間に直接的な関係はなく、この辺りに御霊神社の前身・圓神祠があったというだけだが、今、楠永神社のご神木とされる楠の大木は、この当時からあったという。


 楠永神社の創建由緒は不明だが、
 「昭和3年(1928)12月、永代浜川岸の石垣工事中、楠の樹根から大きな白蛇が出てきたため、元の場所に埋め戻したが、それを伝え聞いた人々が多数参詣するようになった為、附近の有志者が樹の下に小祠を作り、楠永大神・楠玉太神を合祀するに至った。
 神社の名前は楠と永代浜から取ったとされる」
とあり(出典不明)、これによれば当社の創建は昭和に入ってのこととなる。

 今の西区は平坦な市街地となっているが(市街地化したのは江戸初期以降)、江戸時代には北の土佐堀側と南の道頓堀川の間に、東の西横堀川と西の木津川をつなぐ6本の堀川が開削され、
 そのうちの2堀川・京町堀川(1617開削)と阿波座堀川(1600開削)の間に、両堀川をつなぐように寛永元年(1624)海部堀川が開削され、その東端屈曲部(南の阿波座堀川から北へ約100m程で西へ折れていた)に位置する『永代浜』には『靫海産物市場』があり(昭和6年中央卸売市場開設に伴い閉鎖)、その傍らに、当社のご神木・楠の大樹が聳えていたという。

 
永代浜・位置図
 
永代浜・靫海産物市場の図
(摂津名所図会より)

 永代浜について、境内に立つ石碑の案内には、
 「靱公園のこの付近一帯は、江戸時代以降、昆布・塩干魚・鰹節などの海産物の市場として、靫の中心をなしていた。
 これらの商人が、荷揚げの便をよくするために寛永元年(1624)に海部堀川を開削し、阿波座堀川とこの川をつなぐ永代堀の屈曲点を永代浜と称し、海産物の荷揚場として賑わった」
とあり、
 また靫海産物市場について、別の石碑の案内板には、
 「江戸時代、この地には干物や塩魚・鰹節など生魚以外の海産物を売り買いする市場がありました。
 豊臣時代には海産物の市場はひとつで、今の北浜の辺りにありましたが、江戸時代のはじめ、元和4年(1618)には、生魚と干物など扱う市場に分かれて、生魚市場は本町の辺りに移りました。 
 元和8年(1822)には、干物を扱う市場がこの場所に移ってきました。
 寛永元年(1624)には、海部堀川という水路が開かれました。その時に人工的につくられた永代浜が、荷揚げ用の岸として使われるようになると、取引場も増えて市場も広がり、江戸時代を通じて栄えました」(大阪市教育委員会)

 大阪市史(3巻)には、
 [雑喉場魚市場]
 ・雑喉場(ザコバ)とは一般に魚市場のことをいい、大阪では既に豊臣期に靫町・天満町(現中央区伏見町辺り)に、生魚・塩干魚の区別なく取り扱う魚市場があった。
 ・大坂の陣後の元和4年、これらの魚商人のうち生魚商17軒が上魚屋町(中央区安土町・備後町各一丁目付近)に移転した。靫町では船運の便が悪かったからという。
 ・生魚商17軒が上魚屋町に分離移転した跡に残った塩魚・干魚・鰹節・干鰯商人等は、阿波座堀川の北岸にあたる津村(西区靱)の田畑・葭島新地を開発して新しい市場を建設する計画を立て、町奉行の許可を得て元和8年に移転した(靫海産物市場)
 ・靫海産物市場は、寛永元年の海部堀川の開削と永代浜の建設によって、それ以後大きく発展した。
 ・それまで、干鰯(ホシカ)は摂津国では尼崎、和泉国では堺だけで取扱い、大阪へはあまり入荷しなかったが、これによって、靫海産物市場は新たに干鰯などの取引を拡大し、取引範囲も摂津・河内・和泉・山城・大和など11カ国に及んで、日本最大の干鰯集散地になった。(大意)
とある(干鰯は木綿畑の肥料として需要大だったという)

 この辺り一帯は、大阪大空襲で焼け野原となり、楠木一本だけは焼け残ったが、戦後、占領軍が飛行場を建設するため、邪魔になる楠木を伐ろうとした。
 その時、住民等が
 「この楠の根本には一匹の白蛇が巣くっており、ある日、塩干魚商の丁稚がこの蛇を棒でつついて追い回した。
 すると、その夜、丁稚は急に熱が出て寝込んでしまい、『巳(ミイ)さんごめん 巳さんごめん』と言いながら死んでしまった。
 これは楠の主である蛇をいじめたせいだとして、地元では「巳さんの楠」と呼んで、祠を造って祀った」
との話を作って保存を陳情し、楠は上部の枝が切り取られるだけですんだ、との話があるという(ネット資料)

 因みに、地名・靫の由来として、
 豊臣秀吉が家臣を連れて市中巡視したとき、この辺りで、魚商人たちが「やすいよ やすいよ」と威勢良く連呼しているのを聞いて、「やす(矢巣)とは靫のことじゃ」と言ったので、「靫」という町名が生まれた
との話があるという。
 靫とは弓箭の矢を入れる武具だが、“ウツボ”・“ユギ”とは読むものの(訓読み)“ヤス”との呼称はない。
 秀吉は、とっさの機転で、“矢を射れる器”は“矢の巣”だから、これを“ヤス”と読んて靫だといったのだろうが、後世の作り話であろう。

 今の当地一帯は、靱公園を囲んで民家が建て込んでおり、嘗ての永代浜・海産物市場を偲ばせるものは皆無。


※祭神
   楠永大神・楠玉太神

 両祭神の出自等は不明だが、
 楠永大神--社名を神名としたもので、創建由緒に「楠の根本から大きな白蛇が出てきて云々」ということから、水神としての蛇を祀り海部堀川他の洪水防止・水路安定を祈願したものと思われる。
 楠玉太神--楠玉を楠魂ととれば、古代の樹木信仰によるものと思われる。


※社殿等
 靱公園(西園)の東南角、樹木に覆われたなかに小さな社殿が南面して鎮座する。
 社殿は南側が正面で、歩道脇に鳥居が立ち、近接して切妻造・平入りの社殿が建ち、内には小祠が鎮座する。

 
楠永神社・全景(南側道路より)
 
同・鳥居と社殿
 
同・内陣

 社殿背後には朱塗りの鳥居が立ち、社殿との間に、注連縄を巡らせ根本から幹別れした楠の大樹が亭々と聳えている。
 この大楠について、昭和10年の資料では樹齢300年・幹廻り3.6mとあるが、平成23年の計測では幹廻り4.3mあったという。

 
同・北側鳥居

同・ご神木(楠) 
 
同 左

 樹木に覆われた狭い境内の社殿西側に、「永代浜跡」と刻した石碑と円筒形の石柱が立ち、少し離れて「靫海産物市場跡」との石碑と説明板が立つ。(碑文内容は上記)


永代浜跡の碑 
 
同・石柱
 
靫海産物市場跡の碑

 また社殿の東側には、樹木に隠れるように、自然石に「御霊宮旧蹟」と刻した石碑が立つ(右写真)

 上記したように、この辺りに御霊神社(淡路町)の前身である「圓神祠」があったことを示す祈念碑だが、建立年月等は不明。


 なお、社殿左の歩道脇に、「靫延命地蔵尊」と称する小さな祠が鎮座している。

 
 
靫延命地蔵尊堂

トップページへ戻る