トップページへ戻る

摂津(住吉郡)の式内社/草津大歳神社
旧鎮座地--大阪市住吉区苅田6丁目
祭神--草津大歳神
                                                               2009.5.14参詣

 延喜式神名帳に『摂津国住吉郡 草津大歳神社(クサツオオトシ) 鍬靫』とある式内社。
 元は住吉郡依網村大字苅田(現住吉区苅田)に鎮座していたといわれ、明治42年(1909・明治40年とも云う)の神社整理統合政策によって、約500m南の大依羅神社に合祀されたという(別稿・大依羅神社参照)

 他に論社として住吉大社の境外末社・『大歳神社』を当てる説もあり、古資料にも、式内・草津大歳神社は“苅田村にあった”とするもの、“住吉大社の南にある”とするものとがある。
 *旧社地--住吉区苅田6丁目→大依網神社に合祀(住吉区庭井町2丁目)
 *住吉大社・境外末社・大歳神社--住吉区墨江1丁目

 ただ、苅田村にあった大歳神社について「草津の神社とも云えり」と記す古資料(名葦探杖)もあることからみて、式内・草津大歳神社は苅田村にあった神社で、住吉大社の境外末社・大歳神社が、大社の隆盛化にあやかって盛況を呈したことから、近世になって式内社と誤認したのではないかという(式内社調査報告1977)

※旧鎮座地
 大阪市地下鉄・我孫子駅から東約800m、道路北側の西光寺の北隣・苅田福祉会館の裏庭に『式内 草津大歳神社趾』との石碑があり、同社がこの辺りにあったことを示している。

 草津大歳神社に関する古資料は少ないが、その一つ、摂津名所図会大成(安政年間・1860頃)には
 「苅田村にあり、延喜式に出。今牛頭天王(ゴズテンノウ)と称す。当村産土神とす」
とあり、
 式内社の研究(1977)には、
 「依網村字苅田の産土神で、村の中央にあった。ゴズテンノウともいい、明治5年村社に列した。大依羅神社に合併(明治42年)、後、境内(160坪)は青年会館(現福祉会館)となり、碑が立っている。苅田は神田の訛りで、神田は大依羅神社のそれであったらしい」
とある。

草津大歳神社趾
の碑

 当社が住吉郡の苅田地区にあったとするのは、どの資料も同じだが、管見のかぎりでは、古い資料のほとんどが祭神をゴズテンノウと記し、大阪府志(1900頃刊か)のみがオオトシ神としている。

 苅田が“神の田=神田”の訛りとすれば、穀物の守護神であるオオトシ神を祀るのは頷けるが、江戸時代には防疫神・ゴズテンノウが主神とされていたらしい。
 ゴズテンノウとは、江戸時代流行した疫病除けの神で祇園社の主祭神。疫病が外からやってくる邪神・悪霊によるとして怖れられていた時代、他所から勧請された強力な防疫神・ゴズテンノウが信仰の対象になり、元からの主神と目されたのであろう。

※大依羅神社・合祀社
 明治40年代初めにおこなわれた神社統合・整理によって合祀させられたもので、大依羅神社由緒略記には
 「明治42年式内村社草津大歳神社・・・の6社を合祀せるなり」
とあるだけで、詳細不詳。

※大歳神社--住吉大社・境外末社
 住吉大社東南の門を出てすぐ、細井川沿いの左手に位置する。細井川を挟んで北隣に浅沢神社がある。

 住吉大社略記に
 「大歳社(境外末社)  祭神はスサノヲの御子の大歳神(オオトシ)で、神名帳に草津大歳神社と記されており、五穀の収穫の神様ですから、古くから集金に霊験あらたかな神様として信仰されてまいりました」
と記し、
 住吉大社神代記(天平3-731、異説あり)・子神(末社の意)の項に
 「大歳神  注--式、摂津国住吉郡の草津大歳神社なるべし。但し或はこの“草津”は“萱津”ならずや。恐らくは然からむ」
とある。
 また住吉松葉大記(18世紀初頭)には
 「草津大歳神社  (住吉大社)本殿より南に一社あり、長山と字する南の岸に西向きに坐す。是を昔より大歳の社と云ひ習はせり、所謂草津大歳神社なるべし。
 旧事本紀を考えるに、歳の字・年の字に作りて大年神とすべし。大年神はスサノヲの御子也・・・」
とある。

 ただ、当社を以て式内・草津大歳神社とするのは住吉大社関連の資料のみで、管見した近世以降の資料では、式内・草津大歳神社は「苅田村にあり」と記していることから、当社を式内社とするには疑問がある。

◎祭神
 オオトシ神(古事記:大年神・延喜式:大歳神)とは、スサノヲとオオヤマツミの娘・大市比売(オオイチヒメ)の御子で、兄弟神であるウカノミタマや御子の御年神(ミトシ)とともに穀物の守護神とされる(古事記、書紀には見えない)
 オオトシ神そのものの事蹟は記されていないが、その御子神には穀物の神・山の神・水の神・屋敷の神・竈神など多くの神々があり、それらの父神として重要視されていたという。

 また民俗学では、オオトシ神は年神(歳神)ともされるが、これは“年・歳”は“稲の稔り”のこととされることからくるもので、一年のはじめにやってきて、その年の豊饒を予祝し、次いで田の神・祖霊となって秋の稔りを見守り、人々の幸福繁栄を助けるとされる。
 古語拾遺に、オオトシ神と同体ともされる御子・御歳神(ミトシ)について、
 「神代の昔、大地主神(オオナヌシ)が田を造る日に牛肉を農夫に食べさせた。それを知ったミトシ神が怒って、その田にイナゴを放ち稲苗を枯れさせた。これをミトシ神の祟りと知ったオオナヌシが、白猪・白馬・白鶏を献じて謝したところ、稲苗は茂り、その年は豊作となった]
との説話を載せている。オオトシ神(ミトシ神)が田の神・穀物の神であることを示すものである。

 
大歳神社・鳥居
 
同・拝殿

同・本殿

 今、大歳社境内には、“大歳社 初辰まいり”と染め抜いた赤い幟が立ち並んでいる。
 大社略記によれば、
 「大歳神は五穀収穫の神だが、古くから集金に霊験あらたかな神様として信仰されてきた。このように毎月初の辰日に“種貸社”で資本を授かり、“楠珺社”で商売繁盛を祈り、“大歳社”で集金の円滑化を祈るというような、大阪商人らしい合理的な信仰をみることができる」
という。
 初辰まいりとは、毎月初めの辰の日に住吉大社末社の種貸社・南珺社と当社の3社に詣れば福が授かるという俗信で、古く、豊かな五穀の稔りが最高の幸福だったことから、それをもたらす収穫の神としてのオオトシ神が信仰されたとはいうものの、その穀物神・オオトシ神を直に金儲けに結びつけた大阪人らしい信仰といえる。(別稿・住吉大社攝末社の項参照)

トップページへ戻る