トップページへ戻る

摂津(住吉郡)の式内社/天水分豊浦命神社
旧鎮座地−−大阪市住之江区安立2丁目(霰松原神社境内)
 祭神−−不詳(水神か)
                                                               2009.5.14参詣

 延喜式神名帳に、『摂津国住吉郡  天水分豊浦命神社』(アメノミクマリトヨウラノミコト)とある式内社で、明治の神社統合によって同40年(1907)、住吉区沢の町の止杼侶支比売神社に合祀されている(別稿・止杼侶支比売社参照)

 その旧鎮座地は、現大阪市住之江区安立の地とされ、今、安立に鎮座する『霰松原神社』内に、『天水分豊浦命神社旧蹟』との石碑が立っている。

 南海電鉄・住ノ江駅の東約200mの住宅地に中にあり、安立小学校の真東に当たる。

天水分豊浦命神社旧蹟の碑

 イザナミ・イザナギが産んだハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメの子神に、“天水分神”(アメノミクマリ)“国水分神”(クニノミクマリ)がある。“ミクマリ神”は流水の分配を司る神(クマリ=配り)いわば水を司る水神で、水源地や分水点に祀られることが多い。後に、ミクマリがミコモリと訛って御子守と解され、子供の守護神として信仰されることが多い。

※祭神
 当社祭神は不詳とするのが大方だが、古書・住吉松葉大記(18世紀初頃)に
 「此の社地並に神名、数年考え見ると云へども推量の説だもなし。もし水分(ミクマリ)の名に依れば水神なるべきか」
とあり、当社を合祀している止杼侶支姫神社の由緒略記によれば、境内社 天水分豊浦命神社は、
 「祭神−−天水分神・奥津彦神(オクツヒコ)・奥津媛神(オクツヒメ)
  延喜式の古社にして霰松原歩王社又は荒神宮と云う。アメノミクマリトヨウラノミコトとオクツヒコ・オクツヒメの三座を祭神を以て竈神とする。
 元は安立町に鎮座されていたが、明治40年7月30日に境内社として奉斎され、・・・」
とある。この祭神三座は、当社祭神と旧鎮座地にあった荒神社の祭神とが混同したもので、本来の祭神は天水分神のみであろう。

※鎮座由緒
 当社は、今、止杼侶支神社に合祀されている(明治40年1907)が、神社明細帳(明治12年)には
 明治元年(1868)5月13日大和川洪水節、旧記流失不詳」
とあるように、その由緒はわからなくなっているが、その旧鎮座地は現住之江区安立にある霰松原の地とされ、今、荒神社以下の小祠3基が鎮座している。
 当社の旧鎮座地については、
 ・「天水分豊浦命神社、安立町西側老樹の下にあり。今歩王宮と称す。是往昔の霰松原なり。然れどもその旧地今の社の東三四歩に古松一株あり。竹藪の中に小祠が存し、居民は大歳岳と号す。是水分神社の古蹟なり」(摂津国式社愚考、発刊時期不明)
とある。ただ、竹藪の中に当社の古蹟があったという時期は不明。
 ・「天水分豊浦命神社 式内の神也。安立町にあり。此社廃して今はなし。霰の松原の林中に移して細き立石にのみ斗と残れり」(稿本名葦探杖、安永5年1776)
 ・「安立町大字安立の中央にあり。・・・然れども今は無格社の一小社たるに過ぎず。殊に拝殿の如きは倒れて荒廃を極めたり」
(大阪府誌、明治36年1903)
などの記事があり、明治末期に止杼侶支神社に合祀される以前は、さびれてしまっていて、後から祀られた荒神社と混同されていたらしい。

 因みに、奈良・平安時代の安立一帯は白砂青松の海辺だったといわれ、霰松原の地は、万葉集(巻1・65)にある長皇子(天武天皇第4皇子)の歌
   霰打つ 安良礼松原 住吉(スミノエ)の 弟日娘(オトヒオトメ)と見れど飽(ア)かぬかも
               (霰がたばしる あられ松原は 住吉のおとひ乙女と同じで いくら見ていても見飽きない)
によって知られる景勝地で、また大阪と河内南部や紀州方面を結ぶ“紀州街道”が通っていたという(地名由来書)

◎霰松原神社
 この地には『三方荒神社』があったようで、住吉松葉大記(18世紀初頭刊)には、
 「三宝荒神の社  安立町にあり。元和年中(1615--24)、良医半井安立此の所に住居してより、諸方病痾の輩群居して終に村落となれり。故に安立を以て号とす。荒神の社は猶その後に出来れり」
とあり、これが霰松原神社の前身らしい。
 
今、玉垣に囲まれた中に3基の祠が鎮座し、右手前の玉垣近くに「旧蹟趾」の石碑が立っている。
 
祭神について、社頭の説明には、左から
 ・金高大明神−−商売繁昌
 ・霰松原荒神−−火の神・竈の神
 ・朝日明神・榎明神・滝川稲荷大明神−−商売繁昌・農業の神・所願成就
とある。社殿の配置などからみて、中央の霰松原荒神が主祭神でこれが三宝荒神である。 

霰松原神社・社頭
霰松原神社・社頭
霰松原社・社殿
左から金高大明神社・霰松原荒神社・稲荷社

トップページへ戻る