トップページへ戻る

露 天 神 社
(俗称--お初天神)
大阪市北区曽根崎2-5-4
祭神--少彦名太神・大己貴大神・天照皇大神
・豊受姫大神・菅原道真公
                                              2020.05.30参詣

 JR大阪駅の東南約50m。大阪市中央を南北に貫通する御堂筋の梅田新道交差点のすぐ北から斜めに分岐する通称「お初天神通」を北へ入ったすぐの右手、ビルと商店とに囲まれた中に鎮座する。

※由緒
 頂いた由緒略記には、
 「創建以来1300年の歴史を持つ古社で、『難波八十島祭』旧跡の一社である。曾根崎・梅田地区の総鎮守として現在も崇敬を集める。
 社伝によると、当社は上古、大阪湾に浮かぶ小島の一つであった現在の地に、『住吉須牟地曽根ノ神』を祀り御鎮座されたと伝えられており、“難波八十島祭”旧跡の一社である。曾根崎の地名は、この神名によるといわれている。

 創建年代は定かでないが、難波八十島祭が文徳天皇の嘉祥3年(850)にまで遡ることができ、6世紀の欽明天皇の頃には形が整っていたとされることから、当社の起源も、その頃と推察できる。
 なお、承徳元年(1097)に描かれた難波の古図には、当社の所在が記されている。
 南北朝時代には“曽根洲”も漸次拡大し、地続きの“曾根崎”となった。
 この頃、北渡辺国分寺の住人・渡辺十郎源契(河原左大臣源融公11世渡辺二郎源省の末)や渡辺二郎左衛門源薫ら一族が当地に移住し、田畑を拓き農業を始め、当社を鎮守の神として曾根崎村に起こした。
 以来、明治7年(1894)の初代大阪駅、明治38年(1905)の阪急電鉄梅田駅の開業などとともに地域の発展に拍車がかかり、当社も大坂“キタ”の中心、梅田・曾根崎の総鎮守として崇敬を集めるにいたっている」
とあり、

 大阪府誌(1903)には
 「露天神は曾根崎蜆橋の北曾根崎上2丁目に在りて少彦名命並に菅原道真を祭れり。
 上古、此の地一帯を曽根洲と称し、孤島にして島中一の小祠ありき。是れ昔時八十島祭旧跡の一にして、八十島祭のありし頃は民舎田圃更に無かりしが、後、北渡辺国分寺(今の天神橋筋東4丁目の辺)の渡辺十郎源契といふ者此処に田圃を開き、その後、渡辺二郎左衛門薫亦同村より来たりて此処に移住し、以後次第に移植の民を生じて一村となし曾根崎村と称し当天神を以て産土神となせり。

 元和元年(1615)不幸にして兵燹に罹りしが、後同8年(1622)3月薫第9世の孫・渡辺新兵衛尋社殿を再建し、此の時後陽成天皇宸筆の神号を御霊代と為し、道真を相殿に祀り、渡辺薫の末葉及び北渡辺より移住せし家々連綿して総べて9戸あり、近年まで皆宮座と称して奉仕せしが明治7年に至りて此の称は廃せられき。
 斯く社域の曾根崎なるを以て一に曾根崎大神の称あれども、正しくは露天神なりとす」
とある。

◎社名の由来
 また、当社名・露天神の由来については諸説があるようで、略記には
 「昌泰4年(901)2月、菅原道真公が筑紫へ左遷配流される途中、福島に船泊まりされた折に、当社東方に伽藍を構える“太融寺”に船頭茂大夫の案内でご参詣の道すがら、当地で
  『露と散る 涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出ずれば』
との歌を詠じられた。
 この故事にちなみ露天神と称すると伝えられている」

 また、大阪府誌は、上記以外に
 ・古昔五月入梅の候は社地清水の湧出せしより、梅雨の天神と称し来たりしを後誤りて露と改むるに至り、而して土地繁盛んに赴くに随い曽根洲も漸次地盤を高め終に水脈絶えて湧泉全く止み、今拝殿内に神水と称する古井のあるは是れ往時の湧源の蹟なるべしと云ふ。是牽強の嫌なき能わず。
 ・今は曾根崎遊廓(寛永5年・1628開所)の如きものありて此の付近極めて繁盛なれども、昔日は遠く市街を距れて賽するものも少なく、蓬草離々として茂り途に露多かりし故ならんか。
との説を記している。

※祭神
 由緒略記には、
  天照皇大神・豊受姫大神・大己貴大神・少彦名大神・菅原道真公
とある。


※社殿等
 今の当社は、大阪キタの繁華街の一画を占め、周囲には商店・ビルがひしめいているが、往昔には難波津に点在する小島にあったといわれ、社務所横面のシャッターに、その有様を示す「大阪之古図」との絵図が描かれている(出典先・製作時期不明)

 
大阪之古図
 
同・当社付近拡大
(赤丸で囲う小島の中に露天神の文字あり)

 今、キタの繁華街の一画を占める当社は、狭い境内に幾つかの社殿がせめぎあって建っているが(下写真・右)
 江戸中期の摂津名所図会にみえる当社は、広くゆったりとした境内に拝殿・本殿と仏堂らしきものが建ち、周囲には民家の屋根が見えている。


曾根崎 露天神(摂津名所図会)
 
現境内の図

 当社は繁華街・お初天神通りには直接面しておらず、社域南は東へ入る小道に立つ鳥居、北はビルに挟まれた参道入口から境内に入る。


露天神社・南側鳥居 
 
同・北の入口

 南の鳥居から参道を進んだ先が境内で、正面中央に神明造を模した拝殿が南面して建ち、その背後に本殿が鎮座する。
 本殿は、塀と樹木に阻まれてよく見えないが、これも神明造とみえる。


露天神社・拝殿 
 
同・拝殿(側面)
 
同・本殿

◎境内社
*水天宮・金刀比羅宮
   祭神--天乃御中主神・安徳天皇・大物主大神・崇徳天皇・住吉大神・他二柱
  本殿の向かって右奥に鎮座する2宮合祀殿

 由緒略記には、
 「水天宮は元々寛政9年(1797)6月に、大阪中之島・久留米藩蔵屋敷内に祀られていた社である。
 明治維新に際し、蔵屋敷は朝廷に返上、水天宮の御神霊は丸亀藩蔵屋敷の金刀比羅宮に合祀された。しかしこの蔵屋敷も返上す事になったため、高松藩蔵屋敷の金刀比羅宮に遷され、その後、堂島2丁目に遷座された。
 さらに明治42年の“北の大火”で社殿が被災したため、当地に遷され、天神社の境内社として斎祀されるようになった」(以下略)
とある。
 境内の北東隅にあるためか参詣する人は少ないらしい。


水天宮・金比羅宮 
 
同・内陣 

*開運稲荷神社
   祭神--玉津大神・天信大神・融通大神・磯島大神
  本殿の向かって左奥に鎮座する。

 由緒略記には、
 「明治42年、“北の大火”によって近在各地に祀られていた4社の稲荷社が烏有に帰した。
 翌明治43年に当社境内地に4社を合祀し御奉斎申しあげた」(以下略)
とある。

 
開運稲荷社・鳥居

同・社殿 
 
同・内陣


*難波神明社 
   祭神--天照皇大神・豊受姫大神
  境内西側、柴籬の奥にひっそりと鎮座する小社

 傍らの案内には
 「社殿が西向きでありしをもって『夕日の神明社』とも通称されたこの神社は、平安時代初期・弘仁12年(821)2月、嵯峨天皇の皇子・河原左大臣・源融(ミナモトノトオル)公が、葦原茂る中洲(現在の曾根崎1丁目付近)に皇大神宮を祀られたのが始めと伝えられている。
 往時はこの地を“大神宮の北の洲”または“神明の鼻”と称し、一帯を以て境内地としていた。附近(現西天満3丁目)の旧町名“伊勢町”の起源といわれる。(中略)
 天保5年(1834)7月11日、明治42年の“北の大火”と両度被災炎上し、復興叶わず明治43年露天神に合祀された」

 また、大阪府史蹟名勝天然記念物(1931)には
 「難波神明社は天照皇大神・豊受皇大神を主神とし、相殿に天児屋根命・太玉命・応神天皇を祀り、七社神明の一なり。・・
 社伝によれば、河原左大臣融の創建にして朝野の尊崇厚く、巍々たる大社なりしも、足利氏の季世兵燹に罹り僅に小祠を留むるに過ぎさりしが、徳川氏時代には猶大坂城代及び町奉行交替の際、必ず参拝するを例とせり。
 天保5年回禄の災に罹りて社殿烏有に帰し、益衰頽して復興の機なく、遂に露天神社に合祀さるるに至れり」
とあり、
 「文治年中(1185--90)、源義経が梶原景時と逆櫓のことを争論したとき、義経が当社に願書を奉納した」
ともいう(大阪府誌)


神明社 
 
同・社殿 

 なお、市内には大阪三神明を称する3社あり、世俗では、此花区春日出のそれを朝日神明(東向き)と、大正区鶴町を日中神明(南向き)と、当社を夕日神明(西向き)と呼んだという。

*お初徳兵衛ゆかりの地
 開運稲荷と神明社との間にある覆屋の中に、『曽根崎心中 お初徳兵衛 ゆかりの地』と刻した石碑と、お初徳兵衛二人のブロンズ像が置かれている(コロナ流行の折からか、像に当社特製のマスクがかけられているのは噴飯もの)

 由緒略記には、
 「元禄16年(1703)4月7日、堂島新地天満屋の遊女・お初(21歳)と内本町平野屋の手代・徳兵衛(25歳)が、当社・天神の森にて情死する事件が起こった。
 これを近松門左衛門が『曽根崎心中』として劇化、これが大評判になり、当社にも参詣回向の老若男女が大勢押しかけた。以後、人々は当社を『お初天神』と通称するようになった」(以下略)
とある。


お初徳兵衛ゆかりの地・石碑 
 
お初徳兵衛像 

 なお、石碑は昭和47年、ブロンズ像は平成16年の建立で、今の当社は、露天神の由来となった菅原道真公は忘れられ、「恋人の聖地」として、お初徳兵衛を表に出してPRしている。
 この世での恋が実らず、あの世での成就を願っての心中事件の地を“恋人の聖地”というのも可笑しな話だが、浄瑠璃の最後に
 「曽根崎の森の下風 音に聞く 取伝へ 貴賤群衆の回向の種 未来成仏疑ひなき 恋の手本となりにけり」
とあることから、恋の手本即ち恋人の聖地とこじつけたものであろう。

 また ゆかりの地・石碑の左手奥に、抱き合って立つ男女2神を彫り込んだ『双体道祖神』が祀られている。恋人の聖地にあやかったものだろうが、是に気づく人は殆どないてあろう。


恋人の聖地・PR
 
双体道祖神 

トップページへ戻る