トップページへ戻る

摂津(武庫郡)の式内社/伊和志豆神社
(伊和志津社):兵庫県宝塚市伊孑志町1丁目
(鰯津社):西宮市大社町(広田神社境内摂社)
祭神−−A:須佐男命
             
B:伊和志豆之大神
                                                        2011.06.28参詣

 延喜式神名帳に、『摂津国武庫郡 伊和志豆神社 大 月次新嘗』とある式内社だが、宝塚市伊孑志町(イソシ)および西宮市広田町(広田神社内)に鎮座する2社が論社となっている。
 延喜式には“伊和志豆社”とあるが、今宝塚市のそれは“伊和志津社”と称し(以下「伊和志津社」と記す)、一方の広田神社では摂社・伊和志豆社と称するものの、古史料では“鰯津社”と記し伊和志豆社との表記はないという(以下「鰯津社」と記す)。いずれも“イワシヅ”または“イワシツ”と読む。
 なお、社名・イワシヅの語源・意味などは不詳。

 A:伊和志津社
   阪急電鉄・逆瀬川駅の北東約400m。駅前広場から北東方向に伸びる府道16号線を直進した右側に鎮座する。
   境内には鬱蒼とした樹木が茂り、市指定の保存樹林となっている。
 B:鰯津社
   式内・広田神社社殿の左に立つ鳥居の奥に石祠が鎮座する。

※由緒
 当社創建年代不明。三代実録(901)
  「貞観元年(859)正月廿七日甲申 奉授摂津国従五位下伊和志豆神従五位上」
とあること、延喜式(927)で大社に列せられたこと以外に、式内・伊和志豆神社にかかわる古資料はないという。

【伊和志津社】(宝塚市伊孑志町
 社頭に掲げる由緒によれば、
  「当社は、延喜の御代(901--23)式内の官弊大社として、近郷の尊崇をあつめた古社。・・・
  伊孑志・小林・蔵人・鹿塩四村を領家ノ荘(リョウゲノショウ)と呼ばれ(摂津志・1733)、当社の小字・良元ノ庄が旧良元村の発祥地、古来宝塚の総鎮守であります」 
とあるが、式内社調査報告(1977)によれば、
  「当社は、時代の推移とともに衰微・荒廃し、その間、神主・社僧も無きままに氏子中で組織する宮講で奉仕してきたため、古文書・記録が散逸して盛時をしのぶよすがはない。明治6年8月、村社に列せられた。
  明治元年尼崎藩神社取調書によると、祭神は牛頭天王と唱えきて、神体は仏道勧請であったので、この際改祭した由を記しているので、早くから神仏関係があったようであるが、いまは何等これを徴するものがなく、・・・」(大意)
とあるように、創建由緒・経緯などにかかわる記述は見当たらない。

【鰯津社】(広田神社境内摂社)
 摂社・伊和志豆神社の社頭に掲げる由緒には、
 ・「創立年代は詳でないが、清和天皇貞観元年正月廿七日十五位下より従五位上に進み、延喜の制には官弊小社に列せらる。
 ・室町時代には白河神祇伯の祓を修した六社の内の一社として厚い崇敬を集めていた。
 ・もと広田本社より東南約1.5kmの処に在り、大正6年(1917)に広田神社の境内に移転した。
 ・戦後は広田社本殿に合祀していたが、平成2年(1990)の御大典にあたり、社殿を再建し奉斎することとなった」
とあり、今、広田本社社殿左に立つ鳥居の奥に石祠が鎮座している。
 なお広田神社六社について、二十二社註式(1469)広田条には「戎社・名次・児宮・松原・鰯津社・岡田社」と載せ、忠冨王記(1496--1505間の神祇伯・白川忠富王の記録)・明応7年(1498)9月18日条には「奥戎・児宮・内王子・松原・武宮・鰯津六社祓」とあるという。禊祓に関する祭祀がおこなわれたらしいが、詳細不詳。

 上記2社のいずれが式内・伊和志豆社かということには
 ・伊孑志の伊和志津社とするもの−−摂津志(1733)・神社覈録(1870)・特選神名牒(1925)
 ・広田社摂社・鰯津社とするもの−−二十二社註式(1469)・忠富王記(1500頃)・諸社根元記(1540頃)・摂津名所図会(1798)
など、史料によって主張するところが異なり、いずれとも決し難いという(式内社調査報告)

※祭神
【伊和志津社】
 社頭の由緒には 
 ・須佐男命(スサノヲ)−−和歌の祖神・学問の守護神・縁結びの神・開発の神・
 ・迦具土神(カグツチ)−−火の守り神である愛宕の神
 ・宝塚水天宮(末社)−−安産の神・水商売の神
とある。

 当社は、江戸時代までは牛頭天王(ゴズテンノウ)を祭神としていたという。ゴズテンノウは中世以降(特に江戸時代)疫病除けの神として広く信仰されているから、多分、江戸時代に勧請された神で、当社本来の祭神ではなかろう。
 今の祭神・スサノヲは、明治の神仏分離によりゴズテンノウが邪神として排斥されたため、同じ防疫神とされるスサノヲに改名したもの。

 当社本来の祭神について式内社調査報告は、当社鎮座地・伊孑志(イソシ)と読みが同じである“伊蘇志臣”(イソシ オミ)が関係するのではないかという。
 伊蘇志臣とは新撰姓氏禄に
  「大和国神別 伊蘇志臣 滋野朝臣同祖 天道根命之後也」
とある氏族で、三代実録・貞観元年(859)条に“摂津守滋野朝臣真雄卒・・・”とあることから、摂津国に関係があったと思われ(伊蘇志臣は弘仁14年-822-に滋野朝臣の姓を賜っている)、そこから調査報告は
 「伊蘇志臣の根拠地として伊孑志の地名が起こったのであるなら、元は伊蘇志臣の始祖・天道根命(アメノミチネ)を祀っていたとも考えられる」
という。
 天道根命とは、先代旧事本紀(9世紀後半)には神皇産霊命五世の孫で紀国造(キノクニノミヤツコ)の始祖とあり、天孫降臨に際して神宝・日像鏡を奉じて天孫・ホノニニギに従って高千穂峰に天降ったという。

 カグツチは、明治末の神社統合整理によって伊孑志村の村社であった迦具土神社を合祀したもの(明治42年-1909)。社頭の案内に“愛宕の神”とあり、本社社殿右、水天宮に並んで鎮座する“愛宕社”の祭神であろう。

 宝塚水天宮の祭神名は表記されていないが、安徳天皇・高倉平徳子(建礼門院)・二位尼時子・天御中主神を祀るともいう(式内社調査報告)
 水天宮の総本社とされる久留米水天宮(福岡県久留米市)の社伝によれば、
 「壇ノ浦で平氏が滅びたとき、生きのびた按察使の局・伊勢が筑後川の畔の鷺野ケ原に逃れ来て、建久年間(1190-99)に安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのが始まり」
とあり、各地の水天宮には安徳天皇以下を祀るとするのが多く、当社もその一つであろう。ただ、アメノミナカヌシを祀る由縁は不詳。
 これらは別説があり、
 「わが国の水天宮信仰は、在来からの水神信仰(水分神・ミクマリ)に密教の水天供養が習合したものとみられ、それに水神に仕えた巫女間につちかわれた母子信仰が結びついて、水難除けと安産・子育てとなった」(仏教辞典・1989)
ともいう。また、水を司る水分神・ミクマリがミコマリ→ミコモリ(御子守)→コモリ(子守)と転訛して“安産の神”・“子守の神”へ転じたともいう。

【鰯津社】
 社頭の由緒には、
 「祭神 伊和志豆之大神
   一説によれば、彦坐命(ヒコノイマスミコト・開化天皇の皇子なる日子坐王で、広田神社を創建せられた神功皇后はその四世の孫にあたる)を祀るといわれている」
とあり、一説にいう彦坐命とは、崇神天皇の異母兄弟にあたる。

 新撰姓氏禄に
 「摂津国皇別 日下部宿禰 開化天皇皇子彦坐命より出る」
との氏族がある。
 日下部宿禰(クサカベスクネ)とは、続日本紀・天平神護2年(766)9月条に
 「摂津国武庫郡大領・従六位上日下部宿禰淨方が銭百万文と椙材一千枚を献上したので、外従五位下を授けた」
とあるように(日本後紀にも出てくる)、日下部氏は奈良時代から平安初期にかけて武庫郡内に勢力をもっていたことから、その一族が祖神・彦坐命を祀ったとも考えられる。

※社殿等
【伊和志津社】
 阪急・逆瀬川駅前から伸びる道路の右に一の鳥居(神額には伊和志津神社とある)、参道途中に立つ二の鳥居をすぎた先に、東面して拝殿・渡殿・本殿覆屋が前後に連続して建つ。
 資料によれば、本殿覆屋・渡殿・拝殿は文化4年(1807)の造営というが、そう古くは見えない。近年の建て替えあるいは改修があったかと思われる。
 ・本殿覆屋−−拝殿・渡り殿に連なる流造(間口二間・奥行二間)・銅板葺
    覆屋の中に、文化4年以前からの本殿(王子造・方一間)が収められているというが、詳細不明。
 ・拝殿−−千鳥破風・唐風破風を有する入母屋造(間口四間・奥行二間半)・銅板葺


伊和志津神社・一の鳥居

同・拝殿

同・本殿覆屋

◎摂末社
 本殿の右に“宝塚水天宮”・“愛宕社”が並び、境内右手に“末社合祀殿”(覆屋の中に大将軍社・山神社・天照大神宮・春日大明神・八幡宮の石祠が並ぶ)が建つ。鎮座由緒・時期など不明。


宝塚水天宮

愛宕社

末社合祀殿
 

【鰯津社】

 広田神社社殿の左に立つ鳥居の奥、石製台座の上に石祠(春日造)が鎮座する。

 資料には、「本社合祀以前は、本殿が一尺五寸四方の石祠で、・・・」とある。
 今の社殿は、平成2年再建のものといわれ、元の石祠を模したものであろう。

トップページへ戻る