トップページへ戻る

摂津(武庫郡)の式内社/名次神社
兵庫県西宮市名次町5丁目
祭神−−名次大神
                                                              2011.06.28参詣

 延喜式神名帳に、『摂津国武庫郡 名次神社 鍬靫』とある式内社。古くからの式内・広田神社末社たが、明治11年(1878)摂社となったという。
 社名の読みには、ナツギ・ナツキ・ナスギなどがあるが、今、社名・町名ともにナツギと読む。

 阪急電鉄甲陽線・苦楽園口の北東約400m。西宮市の上水道水源地・ニテコ池の北西岸、こんもりと茂る鎮守の森の中に鎮座する。池を除く周囲は閑静な住宅地で、池の北東方に西宮市営満池谷墓地がある。

 伝承によれば、ニテコ池とは室町時代、西宮神社の大練塀をつくるときの土採場の跡が池になったもので、土を運ぶときのかけ声“ネッテコイ”が“ニテコ”になったという。また野坂昭如の小説・火垂るの墓の舞台でもある。
名次神社の森とニテコ池
名次神社の森とニテコ池

※由緒
  当社が鎮座する越水丘陵の名次山・南郷山一帯からは弥生時代の遺跡が数多く発見されていることから、古くから神祀りの聖地であった推測されているが、社頭に掲げる由緒によれば、
 「広田神社摂社 名次神社
 古来より衣食住に殊の他関係深い水分神(ミクマリ)を奉斎する、特に雨乞いに霊験あらたかな社である。ご創立の年代は詳かではないが、云々」
という。

 当社に関する史料として、
 ・新抄勅格符抄(平安時代)−−大同元年(806)、神封として摂津国2戸を充つ
 ・三代実録(901)−−貞観元年(859)正月条、摂津国従五位下名次神に正五位下を授け奉る
 ・   同    −−貞観元年9月条、名次神に使を遣わし弊を奉る、風雨を祈る為也
などがあり、平安以前から知られていた古社といえる。
 延喜式(927)・臨時祭式によれば、風雨の順調なことを祈る祈雨神・85座中の一座として格付けられていたという。ただ、臨時祭式では大社となっているのに、神名帳では小社となっているのはおかしいとして、神名帳で当社の次ぎにあって大社と記されている伊和志豆神社との間に混乱(取り違え)があるのではないかという。

 中世になって、広田神社と神祇伯家との関係が緊密になり、伯家がしばしば広田神社を参詣するようになると、その都度、末社であった当社へも参詣されたといわれ、神祇伯家の記録には、応永18年(1411)・延徳2年(1490)・明応7年(1498)・永正2年(1505)に広田神社とともに当社に参詣したとあるという(名次社以外でも、同じ末社であった南宮・奥戎社・今戎・内王子・松原社なども参詣をうけている)

 神祇伯家とは、花山天皇の皇孫・延信王が臣籍降下して律令制下での神祇官の長官である神祇伯に任命され、その子孫が世襲した堂上家で、白川を名乗ったことから白川神祇伯家(白川伯家)ともいう。
 室町時代になって、神祇官の次官を世襲していた卜部氏の吉田家が吉田神道を確立し、全国の神社の大部分を支配するようになると、白川伯家の権威は次第に衰微したという。

 明治11年(1878)2月に内務卿により広田神社の摂社と定められ、同41年(1908)5月、名次山の中央部から現在地へ遷座している。ただ、名次山の中央部がどの辺りを指すのかは不詳。

※祭神
 社頭に掲げる由緒では名次大神というが、これは祭神を特定しない一般的神名であって、本来の祭神は不詳(神社覈録-1876・特選神名牒-1925・式内社調査報告-1977)
 由緒には、「水を司る“水分神”(ミクマリ)を奉斎する」とあるが、これは祈雨神85社中の一社だったからで、祭神を“祈雨神”と表記する資料もある(神名帳考証-1813)。水分神・祈雨神、いずれも水(風雨)に関係する神であり自然神的色彩が強い。

 上記以外に、“天御中主神”とする説があるが(西宮広田独案内・摂州武庫郡広田神社摂末社-いずれも元禄の頃・1688--04)、その由来は不明。

 また異説として、“名次神が越水丘陵を本貫とする漁民集落の氏神であり、集落を構成していた氏族・名次氏が、エビス神を奉斎したのであろう”との説(田岡香逸氏)もあるが、その根拠は不明という。(以上、式内社調査報告)。今の地形からみて、当地に漁撈を主たる生活手段とする集落があったとするのは疑問。

 いずれにしろ、祭神を○○神(命)と特定するのは困難で、越水丘陵の高所に鎮座することから、古くからの水神信仰を引き継いだ水を司る自然神・水神(水分神)を祀っていたとみるのが順当であろう。

※社殿等
 丘陵北端に突き出た微高地の西側道路から、20段ほどの石段を登った上に南面して鎮座する。
 社頭の由緒には、
 「かつて当神社は名次山中央の景勝地(位置不明)に鎮座されていたが、明治41年5月その北端の現位置に移転された」
とある。
 今の名次町の殆どが含まれたという名次山は、古くから知られた名所だったようで、万葉集(8世紀後半頃)にも
  吾妹子に 猪名野は見せつ 名次山 角の松原 いつか示さむ −−高市連黒人
   わぎもこに ゐなのはみせつ なすぎやま つののまつばら いつかしめさむ
    (わが妻に猪名野は見せた 名次山や角の松原は いつになったらみせられようか)
との和歌が残っている(279番)
 今、境内の南寄りに“名勝 名次山”との古い石碑が立つが、古くから当所にあったものか他所から移したものかは不明。

 今の社殿は、丘上を切りとった狭い境内の北寄りに、切妻造妻入・銅板葺きの拝殿と、その背後に流造・銅板葺きの本殿が建つが、資料によれば、
 「社殿は元四尺四方板葺の木造であったが、しばしば破損し、つひに正徳4年(1714)8月暴風のため大破した。そこで新に石造の小祠に作り、翌年4月14日に遷宮をおこなったことが神主家日記に見えている」(大意)
という。
 今、社殿の右に並んで古い石祠があり、これが正徳5年造の社殿であろう。

 現社殿の造営時期は不明。昭和52年(1977)刊行の式内社調査報告に
  「これが今日の石祠である。この石祠は覆屋によって保護されている」
とあり、現社殿の造営について記していないことからみると、昭和50年代中葉以降の造営らしい。

名次神社/鳥居
名次神社・鳥居
名次神社/拝殿
同・拝殿
名次神社/本殿
同・本殿
名次神社/旧社殿
同・旧社殿

トップページへ戻る