トップページへ戻る

摂津(武庫郡)の式内社/岡太神社
(岡司宮):兵庫県西宮市小松南町2丁目
(岡田社):兵庫県西宮市岡田山
祭神−−天御中主神
                                                       2011.06.28参詣

 延喜式神名帳に、『摂津国武庫郡 岡太神社』とある式内社だが、その後継社として、西宮市の小松南町2丁目(以下「岡司宮」という)と同市岡田山(神戸女学院内、以下「岡田社」という)の2社があり、論社となっている。社名は“オカタ”と読む。

 岡司宮
  阪神電鉄・武庫川駅の北西約600m、鉄道の沿った北側の路を西へ、平成記念会館の角を北へ、旧国道に面した市街地の中に鎮座する。
 岡田社
  阪急電鉄今津線・門戸厄神駅の西約650m、神戸女学院大学の南側正門を入って路なりに直進、デフォレスト記念館裏の右手(東側)叢林の中に鎮座する。今、広田神社の境外摂社・岡田神社と呼ばれている(明治11年-1878)

※由緒
 両社とも、式内・岡太神社とはいうものの、その創建由緒は異なっている。

【岡司宮】(オカシノミヤ)
 社務所で頂いた「延喜式内 岡太神社略記」によれば、
 「創立年月詳かならず。伝に曰く、『宇多天皇寛平5年(893)武庫郡広田村の人・岡司氏此の地を開発して浜村といい、延喜元年(901)天御中主神を主神に、郷里広田の大神五座を末社として共に鎮祭せしを起原』とし、由って岡司宮と称す」
とあり、
 「広田村の岡司新五が寛平5年この地に田畑を開き耕作に従事せるに沖から度々潮が上がり五穀熟せず、依って一度故郷に帰った。一日高隈ケ原に至り広田社前に憩ひて一睡せるに、一人の老翁出現して曰く、『汝武庫の浜に出て耕作すと雖も五穀稔らざる故は、是天の二十八宿の行度不順なる故也。汝彼の地に至り更に祈祷せば(吾を祀れば)天気温和五穀成就するに至らむ』と。
 夢醒めて広田神の神託を蒙れりと知り、感奮して引き返して浜村に至り、大梵天皇(大梵天王とも書く)を祈りて遂に五穀豊穣なるを得たり。此に於いて延喜元年、此の地に宮を構へて大梵天皇と天の二十八宿を奉祀せるを起原とすと伝へたり」
との伝説を記している。

 当社を俗に“おかしの宮”(岡司宮)と呼ぶのは、岡司氏創建という上記伝説によるというのが通説で、当社に伝来する古文書・M村岡司之宮大梵天王之由来(961)にも、「古称・岡司宮(オカシノミヤ)、創祀者は岡司新五」とあるという。今も境内の片隅の目立たない処(末社・白山宮の背後)に“おかしの宮”と記した標柱が半ば倒れかかって残っている(正面には「延喜式内 岡太神社」とある)

 この岡司氏創建起因説に対して、西宮市史(1359)
 「おかしの宮という由縁を、摂陽落穂集には、例年祭礼のときに社頭に供物を供える男が、その年この村に嫁入ってきた女の衣装を着用して、この供物を供える使いをつとめる。衆人はその後ろに従って手をたたいて拍子をとり、『一時女郎 あな おかし』と囃した。それで“おかしの宮”という、とある」
という。
 当社の例大祭(10月11日)で、神前に供物(御幣)を捧げる役を務める女性(巫女)を“一時上臈”(ヒトトキジョロウ、西宮市指定重要無形文化財)と称するが、曾て、本来は女性が務めるべき一時上臈を女装した男性が務めたことから、これを“おかし”として囃したわけで、これが“おかしの宮”の由縁だという。
                       −−−−−−−−−−
(追記 2012/4
 一時上臈(一夜官女・一時女掾E一夜妻)について、民俗学の先駆者・柳田国男(1875--1962)
 「鳴尾の岡太神社、俗に“をかしの宮”と謂った社の祭りに、一時上臈といふ者が出たことは夙くから有名である。摂陽落穂集の頃(江戸後期)までは、村民の頭屋に当たった者が女装して勤仕していたが、今日では変化して、ただ紅白を剪って作った人形を下げておくだけになった」
と書き、蜩cと同時代の民俗学者・中山太郎(1876--1947)
 「苗加を訪れた田の神は、新嘗の夜に心に適した 婦女があるとそれを近づけた。これが今の各地に残っている一夜官女又は一時女臈の原義なのである。・・・
 一時女臈とは、古く女性であったのは言うまでもなく、且つそれが新嘗の夜に神に召された女性の名残をとどめてものである」
と書いている、という。
 ここで、“新嘗の夜に云々”というのは、古く各地にあった、新嘗の夜に訪れる神との一夜の交わりによって御子を生むとされる“一夜官女”あるいは“一夜妻”の神事を指し、本来女性(巫女)であるべき役割を、男性が務めるよう変化したのが当社の一時上臈だという。(以上・神と人の古代学・2012)
 この神事は西宮市の重要無形文化財として指定されているが、今、どのようにおこなわれているかは不明。
                       −−−−−−−−−−
 またネット資料によれば、曾て、この宮の前を通るとき、着物の裾を高くあげなければならないという風習があり、その変な姿がおかしかったからともいう。
 これらの異説からみれば、当社が“おかしの宮”と呼ばれたのは、だいぶ後世になってのことで、岡司氏創建起因説は後世の付会ともいえる。
 なお他に、“おしてる宮”(押照宮)との俗称もあるというが、その由縁は不明。

 当社を式内・岡太神社とするのは、江戸中期の碩儒・並河誠所(1668--1738)が有志とともに当時亡失しかかっていた畿内の式内社を踏査考証したなかの一社で、その著・摂津志(1733)に、
 「岡太神社 小松村に在り。今音歌始祠(オカシノホコラ)と称す」
と記して、“おかしの宮”を式内・岡太神社に比定したことによる。
 今、境内に入った左手に同志とともに立てた“岡太社”との石標(1741建立)が立っている。

 並河誠所が当社を式内・岡太神社に比定した根拠は上記伝説によると思われるが、式内社調査報告(1979)は、
 「創祀者・岡司新五とは、その名前から寛平延喜の頃の人物とは思われず、上記伝承は後世につくられた一種の縁起説話であろう。並河誠所は、岡司姓をその郷里・広田村に多い岡田姓と混同し、岡司宮を岡田宮と誤り伝え、当社を式内・岡太神社に比定したのであろう」(大意)
として、当社を式内・岡太神社とするに疑問を呈している(ただし、“岡司姓を・・・誤り伝え”というのは意味不詳)


おかしの宮・標柱

岡太社・石標(並河誠所建立)

 上記伝承によれば、当社の創建は延喜元年となるが、式内社調査報告は、
 「当社が式内社に列せられているために、それにひかれて後世になって延喜元年創建の説がつくられたと思われる。
 元来式内社は、地方の古来からの名社を官社として指定して官弊を奉ったものであり、延喜時代創立の社がこれに列するとは思われず、おそらく、その創祀は延喜より遙かに溯ると推定される」(大意)
と記し、並河誠所がいうように、当社が式内・岡太神社とすれば延喜以前からの古社であろうと推測している。

【岡田社】
 今、神戸女学院内に鎮座する社殿およびその周辺には、社名を含めて何らの標示もなく、低い玉垣の中に春日造の社殿が存するのみ。
 管見した唯一の資料・式内社調査報告によれば、
 「当社の創建年月は不詳。中世以降は頗る衰微し、境内には樹木2・3本があるだけだったという。
 吉井神主家日記・文政5年(1822)2月条によれば、従来神木のみがあって祠はなかったが、この度、一坪ばかり練塀を築造すべく作業中に、2月5日、未申の方に少し石が見えたので掘りおこしてみると石祠があった。驚いて神主に届け子細に調べると岡田神社の石祠に間違いなく、後に大阪奉行所の認許を得て本祠とした。口伝によれば、この辺りは檜山だったが、何時の時代にか焼失したとあり、近傍に焼土がみられることから、この時に埋没したものであろうか。
 又一説によれば、当村の岡田與次兵衛という者が、前日夜の霊夢に感じてこの挙をおこなったともいう」(大意)
とある。
 江戸後期に土中から古い石祠が発見され、これを岡田(太)神社の古社殿として祀ったというが、日記には、“この石祠が式内・岡太神社のものに間違いなく”というが、そう認定した根拠は示されておらず、これを以て式内・岡太神社とするには根拠薄弱。
 なお、この時発見された石祠(間口二尺・奥行一尺五寸・高二尺五寸)は、今、本殿床下に保存されているというが、実見不能。

 ただ、同報告によれば、注意すべき口碑として
 「往古、筑前国岡田村の者が神功皇后に供奉してこの地に至り、広田社の創建に奉仕し、つひにこの地に居住し子孫が繁栄して、やがてその祖神をこの山に鎮祭した。現在広田村に岡田姓を名乗る者が多いのは、そのせいである」(大意)
とある。
 今、岡田社が鎮座する神戸女学院の山は従来から岡田山と称されていること、岡田社が広田神社の摂社であることなどからみて、この口碑は、岡田社の創建由緒を語るものともいえ、あるいはこれが式内・岡太神社の創建由緒かもしれない。

 以上からみて、式内・岡太神社の後継社は岡司宮・岡田社いずれとも決めがたいが、あえて強弁すれば、神戸女学院内に鎮座する岡田社である可能性が強いともいえる。

※祭神
【岡司宮】 
 当社略記には、
  祭神 天御中主大神
  合祀 高皇産霊神・素盞鳴神・稲田姫神・大己貴神・蘇民将来
とあるが、アメノミナカヌシを祀る由来は不明。
 なお残る五座は、当社の北方にあった“上ノ宮”(カミノミヤ)と称する小祠の祭神を、明治5年に合祀したものというが、詳細不明。
 なお、疫病除けに関係する蘇民将来(ソミンショウライ)が祀られていることからみると、スサノヲ・妃イナダヒメは、江戸時代までは防疫神・ゴズテンノウと妃ハリサイジョだったとも思われる(参詣当日、6月晦日におこなわれる夏越大祓の茅の輪が用意されていた)

【岡田社】
 今の当社に何らの標示もないため祭神名は不明だが、資料によれば、
 ・天御中主命−−広田南宮西宮古記録
 ・倉稲魂命(ウカノミタマ)−−神名帳考証
 ・武内宿禰・天御中主命−−西宮神社日誌
との諸説があるというが、いずれも由来不明。

 以上、両社ともアメノミナカヌシが主祭神としているが、アメノミナカヌシは日本書紀より古事記が重視された近世になって、最初に顕現した神(造化三神の中心神)・神界の主宰神として重要視されるようになった神で、延喜式当時からの祭神とは思われず、式内社調査報告は、
 「両社ともにアメノミナカヌシを祭神とした由来は詳かでないが、もとは奉斎した氏族すなわち岡田氏の始祖を祀ったのが最初ではなかっただろうか。しかしその始祖は今もって明らかではない」
と記し、アメノミナカヌシは後世(明治以降か)になって奉祀された神ではないかと推測している。

※社殿等
【岡司宮
 北側道路(旧国道)に面した入口から参道を進んだ右手に、東面して鳥居が立ち、その奥に高床式・切妻造で、本殿・拝殿を一棟に収めた現代風の社殿が建つ。阪神大震災で被害をうけた社殿を改築したもので、正面の三角形切妻部が目立つ。

岡司宮/北側入口
岡司宮・北側入口
岡司宮/鳥居
同・鳥居
岡司宮/社殿
同・社殿

◎猪型狛犬と末社・恵美須社
 当社社殿前には、通常の狛犬に代わって猪が鎮座している。境内に掲げる“恵美須大神と静止(シシ)像”との案内によれば、
 「西宮神社の恵美須大神は、最初、鳴尾で祀っていたとの口碑がある。小松では、その大神が毎年正月9日の夕刻に当社を訪れ、災害防止・五穀豊穣をもたらす“猪(静止・シシ)打神事”をされると伝え、この時、神事の妨げにならないよう斎籠(イゴモリ)する風習があった。
 これは、静止(シシ)を猪(イノシシ)にかけたもので、猪は大神の使わしめといわれている」(大意)
とある。
 神の往来にあわせて、氏子たちが忌籠もりする風習は各地の神社にあったものだが、忌籠=静止(静かにすること)を猪にかけたのは珍しいといえる。ただ、本殿左にある末社・恵美須社前の狛犬は通常のもので猪ではない。


岡司社・猪型狛犬

同・末社・恵美須社

◎末社・白山社
 境内左手に白山大神が祀られ、簡単な覆屋の中に石祠が鎮座している。
 社頭の案内には、
 「本能寺の変(1582)後、明智光秀の武将・四方天但馬守は、備中から急遽引き返した秀吉を三軒家で迎え撃ち、乱戦の中、秀吉を組み敷きくわえた刀で打とうとしたが、不覚にも歯が欠けて刀を取り落とし、後を追ってきた加藤清正に討たれたが、その時、但馬の守は、“無念、これからは歯の悪い人を治してやろう”と言い残したとの風説がある。
 この話は、白山大神と但馬守との付会で、当地では、白山(ハクサン)→ハクサ(歯瘡)さんと転訛し、北向きの歯神さんとして周知されている」(大意)
とある。 

末社・白山社
 明智光秀に四方天(田)但馬守との武将が属していたのは史実らしいが、備中大返しの際、光秀が西宮の地で秀吉を迎え撃ったとは伝えていない。

◎平重盛関連遺構
 境内左手に九層の石塔2基が並立し、その前に「伝・小松内府御 供養塔」とあり、その裏手に「小松内大臣 平重盛之城趾」との石碑が立つ。
 城趾石碑の前に立つ案内には、
 「平重盛の居館伝承地があったことを示す顕彰碑。
 かつて“伏松”という小高い丘が岡太社の西南にあり、それが“重盛居館”の伝承地とされた。
 重盛は平清守の長男。“小松内府”と呼ばれたことから、武庫川流末にあって平氏の領有であった“小松庄”に居館があったと理解されるようになった。
 本碑は、昭和3年に地元実践青年団によって建てられ、その後一旦西方へ移され、昭和46年に当社境内に移築された」
とある。
 一方、西宮市史によれば、大略
 「当地に残る古文書などからみて、当地に小松庄との荘園があったのは事実で、平氏政権時代に平氏によって小松庄ができたと考えてよい。
 小松という庄名は小松内大臣平重盛に因んだものといわれ、現に重盛の石塔などと伝えている遺物すら見えるが、庄名が重盛に因んだというのは伝説的説明といってよく、近くに松村庄・富松庄などもあることから、松原に因んだ名称というべきであろう」
とある。
 平氏全盛期には、平氏所有の荘園が各地にあったというから、小松庄もその一ヶ所だったことは否定できないが、それが即重盛の居館(城)に結びつくかどうかは疑問。小松という地名が小松内府・重盛に結びつくこと、あるいは平氏一門に中にあって唯一重盛のみが文武両道に秀でた人物として好意的に描かれていること、などから生まれた伝承であろう。、


伝・小松内府 平重盛御供養塔

平重盛之城趾・石碑

【岡田社】
 神戸女学院がある一帯は古くから岡田山と呼ばれたというが、今は大学・高校・中学の校舎が建ち並び、山中という印象はない。その中で、当社が鎮座する一角には樹木が生い茂り、その中、玉垣に囲まれた中に春日造の社殿が鎮座している。
 ただ、境内には社名を含めて何らの標示もなく、社殿のみがひっそりと建っている。所謂ミッション系教育機関の敷地内にあることから、寂れるのは無理もないかと思うが、守衛の方の話では、時折地元の方が掃除などのために来社されるというから、当社を守っている氏子等はおられるらしい。


岡田社・位置図
(神戸女学院内)

同・社殿

同・全景

トップページへ戻る