トップページへ戻る

上新川神社
A:新川神社--滋賀県野洲市野洲
祭神--須佐之男命
B:新川神社--滋賀県守山市立入町
祭神--小楯比売命
                                                                 2016.01.26参詣

 延喜式神名帳に、『近江国野洲郡 上新川神社』とある式内社で、今、上記の論社2社ともに新川神社と称している。
 社名は、カミニイカワと読む。

 A社--JR東海道線・野洲駅の南西約2km、野洲川右岸のJR東海道線と新幹線にはさまれた野洲の民家集落の中に鎮座する。
 B社--A社の南西約1km、野洲川を西へ渡った野洲川左岸近くの立入の民家集落の中に鎮座する(JR守山駅の北東約1km、道路復奏で地図持参でもわかりにくい、立入丘小学校・幼稚園の東に当たる)
 (以下。A社を野洲新川、B社を立入新川と記す)
 なお、野洲川下流の左岸に、式内・下新川神社(シモニイカワ)があり、上新川と下新川は関連する神社であろうという。

※由緒
 野洲新川社の境内に案内なく社務所も無人で、由緒等不明(祭神名表示あり)

 立入新川社社務所の壁に貼られた案内によれば、
  「新川神社は、野洲川の司水神を祀る神社です。
  主祭神は小楯比売命(オダテヒメ)
  新川神社の社伝では、白鳳元年(672)に祭神・物部大新川尊を勧請(分祀)したとあります。近江国輿地志略(1734)には、新川大明神は土俗立入村十禅師の分身なりとあります。
  弘治2年(1556)の社伝には、霊亀2年(716)に大新川神霊を邑に分祀すると伝えられています。また、言い伝えによると、立より34戸が野洲に分かれたとされています(野洲市野洲には立入姓が多い)
 滋賀県神社誌には、以前の社殿は現在地上流の野洲川河川内(現河川公園バスケット場付近という)にあったと記載され、言い伝えによると、洪水で御神体が現在の場所に啼かされてきたといわれています。

 日本書紀等の六国史中・日本三代実録では、貞観11年(869)12年条に、新川神と記し神階正五位下が与えられ、仁和元年(885)9月には新川上神と記し、正五位上が与えられています。
 この16年の間に新川神社は上社と下社に分かれたことがうかがわれます。
 平安時代の延喜式(927)では、新川神社という名前は消え、上新川神社と下新川神社となり、ともに式内社に列しています」
という(一部省略)

 社伝にいう祭神・物部大新川尊とは、神名に“物部”を冠することから物部氏系の神で、先代旧事本紀(天孫本紀)に、
  「6世・伊香色雄命(イカガシコオ)の子・大新川命  
   垂仁天皇の御世、はじめて大臣となり、ついで物部の姓を賜った。その為、改めて大連となって、神宮をお祀りした」
とある神かと思われる。
 立入新川神社の祭神・小楯比売命(詳細下記)がそうであるように、物部氏と近江国とのかかわりは強いことから、物部氏の遠祖を勧請したのかと思われるが、その由緒は不詳。

 近江輿地志略云々とは、江戸中期の地誌である同書にいう
   「正一位上新川神社  神名帳に新川神社とある是也。野洲村に在り(A社)
                   土俗云、立入村十禅師の分身なり」
のことだが、
 十禅師とは
 ①知恵・持戒にすぐれた僧10人を選んで宮中の内道場に仕えさせたもので、光仁天皇・宝亀2年(772)が嚆矢という
 ②日吉山王七社権現の一で、神世七代の筆頭・国常立尊(書紀本文)から数えて10代目にあたるニニギ尊を、地蔵菩薩が垂迹した権現とみての呼称(ただ、現日吉大社・東本宮境内にある十禅師社の祭神は鴨玉依姫神であり平仄があわない)
の2説があり(ネット資料)、ここでいう立入村十禅師とは後者だろうが、現祭神との整合性はない。

 上新川神社が上記2社あることについて、諸資料を勘案すれば
 ・この辺りは元々は立入庄と呼ばれる古郷で、
 ・上新川神社は立入庄の鎮守として奉祀されていたが、野洲川の氾濫により立入庄が2分されたため
 ・川東の地に野洲新川社が、西側に立入新川社が、それぞれの村(町)の鎮守社として奉齊された
となる。
 その時期について社伝(上記案内)は宝亀2年(716)というが、それより遅い延喜式(927)に上新川神社としては一社のみが記されていることから、宝亀2年の確証はなく、野洲川の氾濫・立入庄の分割が何時頃のことかは不明。

 論社2社のうちどちらが式内・上新川神社の後継社かについては
 ・上記案内--宝亀2年、大新川神霊を野洲邑に分祀と伝える
として、立入→野洲というが、
 ・式内社調査報告--現地の状況や歴史を勘案して、守山市立入の方が分霊社に当たると考定したい
と野洲→立入としており、いずれとも決めがたいが、下記諸資料には“在野洲村”とするものが多く、野洲新川社を以て式内・神新川神社とする認識が強かったことを伺わせる。

 また元社の鎮座地について
 ・上記案内--野洲川河川公園・バスケット場付近
 ・滋賀県神社庁HP--野洲新川社現社殿の上・野洲川河川敷
の2説があり、バスケット場付近とすれば現守山市立入町内で、野洲神社神の河川敷といえば野洲市野洲町に属することになるが、現地未確認のためどちらともいえない。

 近世以降の諸資料として、
*神名帳考証(1813)
  上新川神社  生福寺村に在り、今甲賀郡に属す。当郡に下新川神社あり
            (生福寺村は現湖南市にあった村で、現湖南市正福寺にある式内・川田神社と誤認している)
  なお、下新川神社の項に、「此社 元立入村に在り今野洲村に在る」と記すが、これは上新川神社のことを指したものであろう

*神社覈録(1870)
  上新川神社  祭神大新河命か 三上荘野洲村に存す(A社)

*神祇志料(1871)
  上新川神社  今野洲村に在り、上新川神社と云ふ(A社)

*特選神名牒(1876)
  上新川神社  祭神:大新川命 野洲村に在り(A社)
    近江輿地志略に、野洲村にあり、土俗云ふ立入村十禅師の分身なりとみえ、注進状に式社考をひきて、此社元立入村に在り、今野洲村に在りともあれば、立入村の神社を此処に遷せしこと知るべし。故、今これに従う
    されど、立入村にも今現に新川神社(B社)あり、祭神・祭日ともに同じきは旧址を再建せしならんか
    神名帳考証に、生福寺村に在り、今甲賀郡に属すとあれど、生福寺村の由緒には川田神社なる由を記して、本社なることを云はず

*滋賀県神社庁HP
  「新川神社  社伝に云う、霊亀2年(716)、大新川神霊を野洲・幸津川二邑に分祀とあり、延喜式神名帳に記載の上新川神社と下新川神社の上社である。
  輿地志略に、正一位新川大明神は、土俗云、立入村十禅師の分身なりとあり、河川の氾濫を守る為、野洲川のほとりに司水神として祀られた社であり、現社殿の上、野洲川河川敷に旧社殿跡がある」
などがある。


 正史上での記録としては、三代実録に
 ・貞観11年(869)12月25日 近江国従五位上・新川神に正五位下を授く
とあるが、新川神とあるのみで、これが当社のことかどうかははっきりしないが、
 ・仁和元年(885)9月22日 近江国正五位下・新川上神に正五位上を授く
とあることから、これらの神階綬序は当社に対するものとみてもよく、この記録からみると、9世紀中葉に当社があったのは確かといえる。
 ただ、奈良時代以降の社寺に対する封戸記録である大同元年牒(806)に新川神の名がみえず、9世紀初頭には、未だ中央には知られていなかったのかもしれない。

※祭神
野洲新川神社】
  主祭神--須佐之男命
  配祀神--奇稲田姫命・大物主命

 この3神は出雲系の神々であり、当社に祀られる由緒は不明。
 当社は、その立地や由緒等からみて野洲川の安定を司り周辺に水を供給する司水神とみるのが順当で、式内社調査報告は、上記3座に新川姫命を加えた4座とした上で、
  「いまの祭神から考えると、新川姫のほかに河川神としての縁由はない。しかし、その鎮座地が野洲川の本流右岸に接しており、立地条件として司水神としての性格は充分に肯定できるので、中古に祭神の変更があったと考えられる」
という。
 なお、新川姫とは出自不明の女神だが、当社名からくる普通名詞的神名で野洲川の水を司る水神であろう。

 案内及び神社覈録がいう祭神・大新川命とは、ニギハヤヒ命7世の孫・大新川命を指すと思われ(上記)、当地と物部氏との関係から当社祭神と目されたもので可笑しくはないが、司水神という視点からは疑問がある。

立入新川神社】
   主祭神--小楯比売命(オダテヒメ)

 小楯比売の出自は不詳だが、先代旧事本紀によれば、ニギハヤヒ命3世の孫・出石心大臣(イズシココロノオオミ)の妻・新河小楯姫(ニイカワオダテヒメ)とあり、これにあたると思われる。
 新河小楯姫の夫・出石心大臣の母は近江国在地豪族(三上祝という)の出身の淡海川枯姫であり、物部氏は2代続けて近江系の女性を娶ったことになり、また新河小楯姫の子・大水口宿祢命は式内・水口神社(甲賀市水口町)の祭神でもあり、当地と物部氏との関係は深いという。
 物部氏は、近江国在地豪族の娘を娶ることで近江国での勢力を拡げ、この地を拠点として東国へ進出したという。

 当社祭神が新川比売命であることは、野洲新川神社の祭神を大新川命とみるのと同じく、物部氏との関係から可笑しくはないが、当社本来の祭神が司水神ということからみると疑問があり、当社でも、何時の頃かに祭神の変更があったと思われる。

 先代旧事本紀にいう物部氏系図は次のようになる(必要部分のみ)

 

※社殿等
【野洲新川社】
 野洲駅南から二つめの信号を右(南西方)へ、約1.3km先の大畑交差点の少し手前の小道を右(北)へ、右手の民家に囲まれて残る鎮守の森の中に鎮座する。

 西面する鳥居をくぐり、参道を進んだ先が境内だが、その中程、参道一杯に変わった形の注連縄が渡してある。
 資料によれば、「かんじょう釣り」(神縄釣?)と呼ばれるもので、正月に架け替えられるという。
 注連縄の上に幣帛を挟んだ竹串が13本立ち、下に下部に榊の小枝をつけた細い縄が17本下がり、その縄には割竹を十字に組んだ丸い曲げ物4ヶが架かっている(下写真)

 注連縄の上に小幣帛が13本立つことは、今年が閏年(曾ての閏年は13ヶ月あった)であることからと推察され、自由に通れるのが両脇しかないことから、道切りあるいは結界を示す呪具の一種と思われるが、どういう由緒によるものかは不明。

  この「かんじょう釣り」に関連するかどうかは不明だが、五来重氏によれば、
 ・正月に供える鏡餅は、魂を丸い形にしたシンボルといわれるが
 ・山村での修正会(シュショウエ)で、特別の祈願のある人は、鏡餅を割った竹片で十文字にはさみ、葛蔓で吊ってお堂の長押や柱に掛ける風習があり(願い即ち魂を鏡餅に託して神に捧げるの意か)、これを懸餅(カケモチ)といったが
 ・元々は鏡をあげる風習であったものを、修正会では、これを餅に代えたものと思われる
という(鏡餅を割竹などではさんで供物とする風習は何カ所かにあったらしい。宗教歳時記・1982)
 当社参道の曲げ物は、物をはさむようにはなっていないので、同じとはいえないが、憶測すれば、神仏習合時代の当社では懸餅と同じような物を掛けていたのが、今は簡略化された痕跡として残ったのかもしれない、というのは牽強付会か・・・。 


野洲新川神社・鳥居 
 
同・参道
 
同・かんじょう釣

 境内正面に拝殿(入母屋造・銅板葺)が、その奥、幣殿につづく白塀の中に本殿(流造・銅板葺)が、西面して鎮座する。
 本殿は側面が板壁で囲まれているため、外からは大屋根が見えるのみで社殿詳細は不明。
 資料では神明造というが、屋根を見るかぎり流造と見える。


同・拝殿 

同・本殿 
 
同・本殿正面

◎末社
 本殿域の外に、小鳥居を有する小祠4宇が左右2宇ずつ分かれてあり、資料によれば、大神宮・多賀神社・日吉神社・若宮神社というが、木札の墨色がかすれていて確認不能。
 また、境内右手の小池の中に厳島神社の小祠がある。

     

【立入新川社】
 Jr守山駅の東約1kmだが、道路復奏のため地図があっても難しい。立入ヶ丘小学校を目標に、その東に位置する。

 鳥居を入った参道の先に拝殿(入母屋造・瓦葺)が、その奥、透塀に囲まれた本殿域(一間社流造・桧皮葺)の中央に本殿が鎮座する。境内は細長くて狭い。
 昨年(2015)、本殿改修・屋根の葺き替えがあったとかで、本殿の屋根は美しい。


立入新川神社・鳥居 
 
同・拝殿 

同・本殿域正面 
   
同・本殿

 本殿域の中、本殿の左右に小祠が各1宇鎮座するが祭神等不明、また境内の左右、覆屋(2棟)の中に、それぞれ小祠2宇が鎮座し、神明社・豊受社、熊野社・住吉社・日吉社・松尾社、八幡社・春日社、愛宕社とある。

       

トップページへ戻る