トップページへ戻る
手長神社へリンク

足長神社
長野県諏訪市四賀普門寺
祭神--足摩乳命(足長彦命)
                                                  2016.10.21参詣

 JR中央本線・上諏訪駅の南南東約3km弱。
 駅東から国道20号線を南下、四賀交差点を左折(北へ)入った先の山麓に鎮座するが、時間なくタクシーで参詣。

※由緒
 境内に由緒等の掲示はないが、日本の神々9(1987)によれば、
 「足長神社は桑原城跡の山腹に鎮座する。
 祭神は足摩乳神で、諏訪上社の末社の一つとして、また、上桑原郷の産土神として古くから崇敬されてきた。
 境内は古松・老杉にかこまれ、諏訪湖とその周辺を樹間に眺望できる秀景の地である。
 社記によれば、当社は初め足長・手長の両神を合祀し(手長神は後に下桑原郷に分祀)、荻をもって社宇の屋上を葺いたことから『荻の宮』とも呼ばれていたという。嘉禎4年(1238)の諏訪上社物忌令にも『荻宮明神 文殊 足長』とある。
 また、社記の由緒の項には、大同年間、諏訪神社大祝有員(上社大祝の祖)が当社を崇敬し、広大な社殿を建築して自らも近接地に居住したため、その地を御曾儀平(ミソギダイラ)と呼び、有員の廟墓もあると記されている。

 当社の口頭伝承によれば、足長神は手長神を背負って諏訪湖で貝や魚をとったといい、また大きな長いワラジを奉納すれば、足長神が旅の安全を守ってくれるという。かつて人々は当社にワラジを奉納して旅の安全を祈った」
という。

 案内は諏訪上社末社の一つというが、今、攝末社39社にその名は見えない。

※祭神
   足摩乳命(アシナヅチ)  別名:足長神
  祭神については、別稿・手長神社参照

※社殿等
 道路脇から杉並木が続く参道を進み、石の鳥居をくぐり、石段を登った上の〆鳥居をくぐった上が境内。
 案内に、古松・老杉に囲まれ云々とあるが、その景観は今も変わっていない。
 〆鳥居前まで車で行くことができる。


足長神社・入口 
 
同・鳥居(社殿側より)
 
社殿前の〆鳥居

 〆鳥居を入って石段を登った境内の中央に、唐破風・千鳥破風を有する切妻造・銅板吹の拝殿(諏訪市文化財)が建つ。
 傍らの案内には
 「祭神は足摩乳神で、上桑原村の産土神として崇敬されてきた。
 拝殿は、天保13年(1842)大隅流の大工・矢崎専司らによって建築された。
 桁行一間(3.8m)・梁間二間(3.1m)・五棟造で、三方に切目録をまわし、擬宝珠勾欄をつける。
 木鼻に唐獅子、欄間に竜・鷹・鶴、脇障子に麒麟・鳳凰、内部扉の両脇羽目に竜、その他各所に彫刻がついている」
とある。

 拝殿背後に接して一段高くなった処に本殿(諏訪市指定有形文化財)が鎮座し
 傍らの案内には、
 「この本殿は、拝殿より一段高い場所にあって拝殿とは後補による渡廊(トロウ)によって結ばれている。
 この社殿の特徴は建築意匠にある。木鼻はいずれも拳鼻で、獏(バク)・唐獅子などの写実的なものになっていない。
 蟇股も板蟇股の中央に彫刻化する課程にみる絵様的彫り出しである。
 脇障子に至っては、竹に小鳥を配した線彫りに近いものである。
 以上建築様式からみて、江戸後期、彫刻意匠の風靡する前の時代の建造物で、社頭裏面の延享4年(1747)の墨書などからして、18世紀の建造物と考えられる」
とある。
 資料では、一間社流造・銅板葺というが、側面の一部が見える程度で全貌は見えない。

 また、
 また、境内左に建つ舞屋については、
 「舞屋(神楽殿)は、文久2年(1862)石田房吉らによって建造された。
 間口5.7間(10.3m)・奥行3.5間(6.4m)、正面間口部上に大きな虹梁(コウリョウ)を渡し、その上に竜・獏などの彫刻を置き、木鼻は獅子の彫刻とする」
とあるが、時間なくよく見ていない。

 狭い境内の背後には山裾が迫り、社殿もだいぶ古びており、参る人もないようで寂れている。


同・拝殿 

同・本殿
 
同・舞屋

 拝殿右手の一段低い処に10社ほどの石祠が並ぶ。ほとんどが苔むした石祠で、明治末の神社統合整理によって集められたものと思われる。

 社殿の右前に一の鳥居が、左前(舞屋前)に二の鳥居が立つ。社殿背後に三・四の御柱があるはずだが実見せず。

 
社殿右手の末社群
 
一の御柱
 
二の御柱

トップページへ戻る]・[手長神社へリンク]