トップページへ戻る

宇佐神宮・摂社/小山田社
宇佐市小向野
祭神−−応神天皇・神功皇后・仲哀天皇(又は比売大神)
                                                               2008.10.11参詣

 宇佐神宮の南西約1.8q、御許山から伸びる尾根の突端丘陵地の中に鎮座するが、国道10号線からのルート不明のためタクシー利用。
 入り組んだ狭い地道の傍ら、草むした参道(というより地道)の先に鳥居が立ち、その先の樹木に囲まれたちょっとした平地に、舞殿を兼ねたような拝殿と、その裏に一間流造の社殿が3棟建っている。この3社殿に応神天皇以下の3祭神を個々に祀るのか、中央の大きな社殿に合祀するのか不明。なお、当社祭神についての資料が見当たらず、祭神が応神・神功・比盗_なのか、応神・神功・仲哀なのかは不明。
 いずれの社殿も簡素な造りで、養老4年の隼人反乱に際して、八幡大神が当社から出立したとの由緒を伺わせるものはない。本殿右に石祠2社あり。

宇佐神宮・摂社/小山田社・鳥居
小山田社・鳥居
宇佐神宮・摂社/小山田社・拝殿
同・拝殿
宇佐神宮・摂社/小山田社・本殿
同・本殿

 当社の創建に関して、託宣集に、元明天皇・霊亀2年(716)、鷹居社にいた応神八幡神は
 「此の所路頭にして、往還の人無礼なり。此等を咎むるは甚だ愍(メグ)(憐れである)。小山田の林に移り住まんと願う」
との託宣し、これを受けて
 「大神諸男・辛嶋勝波豆米が大御神の御心を奉じて、宮柱を立て、小山田の神殿を造り奉り、祭祀を致す」
とある。
 この霊亀2年が当社創建年とされるが、当社遷座以前の鷹居社は駅館川を挟んで辛嶋氏居住地に近く、応神八幡神を奉斎する大神氏が、自家の勢力圏にある小山田の地に遷すことで、自家の主導権を鮮明にしたとも、原八幡神への大神氏による応神霊付加への抵抗勢力との協調がなり、抵抗がなくなったから、より落ち着いた大神氏勢力圏へ移ったともいう。
 なお、かつての小山田周辺には“ヤマト”との地名があり、古代神奈備信仰の山・御許山への登山口・山戸(ヤマト)ではないかという。とすれば、この地もまた宇佐氏にからむ聖地であったと思われ、大神氏は自家勢力圏にある古代からの聖地に応神八幡神を勧請したことになる。いずれにせよ、遷座以後、神亀2年(725)の小椋山遷座までの9年間、応神八幡神は当社に鎮座している。

 その9年間の間に起こったのが養老3年(719)の“隼人の反乱”で、翌4年、朝廷からの鎮圧祈願を承けた応神八幡神は「吾行きて降伏さすべし」と託宣し、征討軍の先頭に立って出征し、乱の鎮圧に多大の貢献があったという。
 この隼人の乱鎮圧への貢献によって、国家鎮護の神としての応神八幡神が中央にも広く知られ、これが小椋山遷座と官社昇格への端緒であり、以後驚異的な発展を示す基礎となったという(別項・「放生会」・「薦神社」参照)

トップページへ戻る